FC2ブログ

まほろ駅前多田便利軒





 まほろ町で便利屋を営む多田(瑛太)のもとに、中学生時代の同級生行天(松田龍平)が転がり込む。二人でまほろ町の様々な人たちから何気ない仕事から厄介ごとまでを引き受ける日々を送る。

 まほろ町で便利屋を営む多田のところに転がり込む行天。真面目な姿勢で仕事をして生きる多田と相反する様に何もかも捨てたような人生を送る行天。この二人の関係が決してコメディにもアットホームにもならず微妙な距離感を維持する背景には、お互いバツイチという共通感がある反面、背負うには重すぎる過去を持っていて、生きる姿勢は違っても、どこか似ている二人だからこそ、なにか引き合ってしまい僅かにその隙間を埋め合い、そして反発してしまう空気が絶妙でした。その空気を作り出しているのが瑛太さんと松田龍平さん、良かったです。そして、この二人に行天の前妻や塾お迎えの少年、クスリ売り、コロンビア人の女性に夜逃げ一家、ストーカーと、どこかしら傷を持った人物が惹きつけられるように登場して、彼らがその傷を少しながらも修復する手伝いの便利屋として機能しているようでした。

2011年作品。123分。
・出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、横山幸汰、大森南朋、松尾スズキ
・監督:大森立嗣
・音楽:岸田繁
・主題歌:「キャメル」 くるり
・原作:「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん 【原作を読む】

【オフィシャルサイト】 【レンタルする】 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
47位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR