FC2ブログ

新・座頭市物語



 故郷笠間へ向かう座頭市(勝新太郎)の後を関宿の勘兵衛の弟安彦の島吉が付け狙い、斬り合いの寸前に市の剣の師匠伴野弥十郎(河津清三郎)が割って入る。市は弥十郎の道場に一緒に戻り、弥十郎の妹弥生(坪内ミキ子)が優しく迎え入れてくれる。一方、水戸の天狗党の残党が知人の弥十郎に近づき、弥十郎の弟子を誘拐して軍資金を得ようとたくらみ、市を巻き込んでゆく。

 三作目からカラーになっただけで、一・二作目とガラッと感じが変わりましたね。モノクロのリアリティで味のある感じから、やっぱりセット感が出てきてしまっているのかな。けれども、市の魅力は更に強くなっています。今回は、居合の師匠、そして水戸天狗党の残党が登場、ってことは幕末の設定だったんだ。そして、いつもモテる市の今回のお相手は、師匠の妹弥生で、またもや女性から求婚されます。いつもは逃げちゃう市が、なんと今回は即座に受け入れちゃうところが、ビックリ。市もヤクザな世界に嫌気がさし腰を据える気になったのかな、でも敵討ちやら、師匠の邪魔が入りやっぱり恋は成就せず、ラストで悲しそうに遠ざかってゆく市の背中はやっぱり永遠に安堵の生活とは無縁なのだと感じさせます。そして、見せ場の居合の腕は作品を重ねるごとに増し、大人数相手の早業の演出と勝新さんの殺陣は惚れ惚れしてしまいます。本当に早い!目をつぶっての逆手斬りの動きは、ただただ凄いとしか言えません。そして今作品から殺陣の効果音が入ったことで更に迫力が増してます。それにしても、心の通じ合った浪人、実兄、師匠とあまりにも身近な人間を斬らざるえない市の運命って残酷すぎだよな。

1963年作品。91分。
・出演:勝新太郎、河津清三郎、坪内ミキ子、須賀不二男、中村豊、丹羽又三郎、真城千都世、近藤美恵子、高倉一郎、武智豊子
・監督:田中徳三
・音楽:伊福部昭

【詳細】 【レンタルする】

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
59位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR