FC2ブログ

ハリヨの夏

高校生の瑞穂(於保佐代子)は、同級生の水泳部エースの翔(高良健吾)から水泳を教わる仲で淡い感覚が生まれていた。一方、両親が離婚して、父(柄本明)には妊婦の彼女がいて、母(風吹ジュン)には付き合っているらしい外人男性がいることに、苛立ちを覚え棘のある態度しかできずにいた。そんな、ある日、母に頼まれ妹の付き添いで、その外人男性と海への旅行に出掛けるが、その晩...。
魚のハリヨの棘のような、棘棘しい態度で苛立つ少女に、いつ安堵の時がやってくるのかと、早く来てあげてと願うのですが、次から次へと展開は悪い方向に転んでいき、やっと彼女の笑顔が見れたときにはラストシーンになっていました。仕方がないのかもしれないけど、なにげない大人の身勝手さが、一人の少女を追い込んでいく光景を見るのは忍びない限りで、彼女の今後はハッピーエンドなのか、さらに悪い方向に転がっていくのか、を考えてしまう映画でした。尖った少女役の於保佐代子さんの、苛立ち演技は、見ている側を痛々しく思わせるほどのもので、彼女の笑みシーンで、本当の於保さんが見えて気がします。

2006年作品。99分。
・出演:於保佐代子、高良健吾、風吹ジュン、柄本明、キャメロン・スティール、松本花奈
・監督:中村真夕
・音楽:PE'Z
・アイテム:ハリヨ・・背中に三本の棘状の背びれを持つ小型淡水魚。
【予告編】【詳細】
【フェバリット】ハリヨ ウォーターグ...

【フェバリット】ハリヨ ウォーターグ...
価格:1,050円(税込、送料別)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
47位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR