fc2ブログ

貞子



 団地で火災死亡事故が起こり、関係すると思われる少女が、臨床心理士茉優(池田エライザ)の病院に入院してくる。並行して茉優の弟が火災事故現場に動画撮りに潜入して行方不明になり、動画には黒髪の白い女性が映りこんでいた。弟を探す茉優とマーケティング会社の祐介(塚本高史)は、千里眼山村静子とその娘貞子の情報を掴み、貞子出生の八丈島へ向かう。


 団地の角部屋。ドアの前には散乱したごみ。ドアと壁には、居住者を詰る威圧的な落書きと張り紙が多数貼られ。既にだれも住んではいない様子の中、意外にも部屋の中は整然としていて、鍵が掛けられたクローゼットが異様に映し出される。クローゼットの中の仄かな光のなかには、不気味に動く黒髪の人形と座り込む少女。そして突然、クローゼットの前に灯油がまかれ、「お前は貞子の生まれ変わりだ」と言い放ち、母親らしき人物が火を着けようとすると、その背後には・・。もう登場です。出し惜しみもないくらい、あっさりと登場してしまいました。ということは、この後、ドキドキシーンは少ない映画なのかもしれません。

 シーンは変わり、臨床心理士秋川茉優(池田エライザ)は、退院する病院古株の倉橋(佐藤仁美)から退院後の食事の誘いを受ける。あれ、この倉橋さんって、「リング」で竹内結子が演じていた智子の怪死現場に居合わせ、その後精神病院に入院していた娘じゃないですか。「リング」を継承する映画ってことですね、約20年後の世界ってことだ。

 そして、茉優の勤める病院に、黒髪の人形を持った記憶障害の少女が入院してくる。そのすぐ後に、警察が来て少女の母親が団地に火を着けて自殺したと告げ、さらに少女は戸籍上存在しないことも告げる。警察は、事故現場の事情を聞こうと少女に詰め寄るが、少女の顔つきが変わると周囲のモノが動いていることに、茉優は気づき警察の質問を辞めさせる。さらに入院している子供たちが少女をからかうと、医療器具が倒れてくるなど異変が起こる。少女になぜ超能力があるのか、そして近くに現れる貞子との関係とその貞子に怯えるこの少女の正体は、と興味が沸き上がってきます。陳腐な結論でないこと期待しながら。

 並行して茉優に関する話が動き始めます。動画クリエーターの弟和真(清水尋也)が再生回数を上げるために、死者5名を出した団地火災跡に心霊スポット潜入と称して入り込み、行方不明となる。そして、和真がインターネットに流した動画には、やはりやばいモノが。

 そして、退院した倉橋が夜な夜な病院に忍び込み、茉優に対して行っていた行為が連鎖して、茉優と少女と倉橋が顔を合わせたときに、テレビが突然つき・・・。と徐々にあの呪いが再燃し始めていきます。

 「リング」の中田監督作品で、「リング」の正当な続きらしき(?)上に、千里眼山村静子や貞子の故郷八丈島も登場してくるので、深い話になることに期待。そして井戸の中の代わりに、伊豆大島の海岸に面した満潮では沈んでしまう洞穴が登場して、貞子の出生の謎とあの少女の謎は、と続くかと思っていましたが、中途半端な感じで消化不良ぎみ。貞子の呪いも呪怨のようで、てっきり呪いのビデオから呪いの動画になり、展開が大きくなるかと思っていたのに、呪いをかけられたのは、貞子の姿を見た人。でも、あの人も見てしまいました。

2019年日本映画。
・出演:池田エライザ、塚本高史、清水尋也、ともさかりえ、佐藤仁美
・監督:中田秀夫
・原作:鈴木光司
・脚本:杉原憲明
・音楽:海田庄吾
・主題歌:「聖戦」女王蜂


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
暇なときは映画、最近は家にいながら映画が見れる時代になりました。でも映画館のあの雰囲気で鑑賞したいです。映画のレビューや、映画に関する3DCG作品などをアップしています。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR