FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予兆 散歩する侵略者



 悦子(夏帆)は、同僚のみゆきから「家に幽霊がいる」から泊めてと頼まれ、翌日彼女の家に行くとそこには彼女の父親しかいなかった。悦子はみゆきを夫辰雄(染谷将太)の勤める病院に連れていくが、みゆきの症状は「家族」の概念が失われているためと診断される。そして、その帰りに病院で夫辰雄から外科医真壁(東出昌大)を紹介されるが、悦子は真壁に違和感と嫌悪感を感じる。やがて夫辰雄は日々精神的に不安定なり、それがいつも真壁と病院内外で行動を共にしていることが原因ではないかと疑い始める。




 「散歩する侵略者」のアナザー・ストーリーで、テレビ5話分を140分にまとめた劇場版です。
「散歩する侵略者」では、早々と種が明かされ、何が起こって進行しているのが分かりますが、「予兆」は、夏帆演じる「悦子」が、ある日、夫「辰雄」の雰囲気の違和感と同僚「みゆき」の「家に幽霊がいる」の助けを求める言葉、そして夫の同僚医師「真壁」に初めて会った時に嫌悪を感じるところから始まります。やがて、辰雄が右手に痛みを感じ時折物が持てなくなっていることと、辰雄とあの真壁がいつも一緒にいて、病院の外にも出かけ行動を共にしていることを知る。そして、みゆきが幽霊と言っていたものが、みゆきの実の父であることを知り、得体の知れない不安が増していく悦子が描かれています。さらに、悦子自身にも見ている物体が揺らぐ現象が現れ、不安が増長されていきます。このなにか分からない、まさしくこれからなにかが起こる「予兆」の不安感が、見ている側に伝わり、心理的に圧迫されてくる黒沢監督ならではの作りとなっています。この不安と圧迫感、そして恐怖に一役買っているのが、医師「真壁」を演じる東出昌大さんですね。目を見開いて瞬きせず、高身長から首を少し前に出して上から人々を覗き込む姿が、まず怖い。そして人の感情をまったく感じない淡々として口調で歩み寄ってきて、人さし指を立て、人の額にその指を当てようとする。作品内でもあった人間でない「異物」そのもので、怖いですよ。「寄生獣」(2014年/2015年)でも「異物」を演じ、感情のない笑み姿が記憶にあり、この手の演技は流石です。そして、真壁と相反するかのような「辰雄」に染谷将太さん。常に何かに脅えているが、突然攻撃的になり、そして後悔したりと、徐々に神経が衰弱していく姿が見ていて辛くなる一方、人間の弱さが表現され、谷底に落ちていくような演技です。

 ものがたりは、みゆきの症状が、彼女から「家族」の概念が失われているらしく、世界中で同じ症例が報告されていることで事態に広がりを見せ、辰雄と真壁が町を出歩き行っている行為が、その異常症状を引き起こしていることが明らかになります。このシーンは「異物」に、人間の醜い感情と行動を曝け出し、知られてしまう嫌なシーンでもあります。そして、この異常事態を収拾するために、自称「厚生省」の役人まがいの屈強の男たちが登場し、彼らを制圧、いや話し合いに持ち込もうとしますが、彼らには「平和的解決」や「共存共栄」などの概念がありませんから・・、もう絶望しかありません。

 そして、主人公、悦子は厚生省の作戦など、どうでもよく、ただ衰弱していく辰雄を救いたい。そのためには辰雄の心を支配している真壁からの解放を第一に考え、ひとり行動をおこします。圧倒的な力の彼らに対抗すべく僅かの希望として、悦子は驚きの能力を発揮します(この能力は最後まで解明されずにモヤモヤが残りますが・・・)。悦子は辰雄を救えるのか、彼らの目的を阻止できるのか、クライマックスへ突入です。
 
アナザーストーリーの方が、本編より面白いです。
そして、さあ、彼らの目的「地球侵略」の始まりです。



2017年。140分。
・監督:黒沢清
・出演:夏帆、染谷将太、東出昌大、中村映里子、岸井ゆきの、大杉蓮
・脚本:高橋洋、黒沢清
・音楽:林祐介
・原作:「散歩する侵略者」前川知大



<ホラーサスペンス黒沢清監督>
 心理的に怖いホラーサスペンス作品を多く世に送り出しています。最近では「クリーピー偽りの隣人」(2016年)で行方不明者が多い地区の怪しい隣人と真相を調査する犯罪心理学者を描いています。個人的には、役所広司さんとタッグを組んだ作品たちが好みです。猟奇殺人犯を追う刑事(役所広司)が容疑者と関り逆に追い詰められてゆく「CURE」(1997年)、籠城事件で犯人と人質を死なせてしまった刑事(役所広司)が休暇地でカリスマと呼ばれる奇妙な木と出会う「カリスマ」(2000年)、医療機器メーカの開発者(役所広司)が狂暴なドッベルゲンガーに支配される「ドッペルゲンガー」(2003年)、連続殺人事件を追う刑事(役所広司)が現場に自分の遺留品が残されていることを知り自分が犯人ではないかと疑う「叫」(2007年)などなど異質で面白い作品が多いです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
49位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。