FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里見八犬伝

 

 室町時代、里見家の城が、かつて滅ぼしたはずの玉梓(夏木マリ)と蟇田素藤(目黒祐樹)が率いる軍勢に攻め落とされ、一族郎党が皆殺しにあう。ただひとり落ち延びた静姫(薬師丸ひろ子)は、近くの村に逃げ込むが、村の若者親兵衛に(真田広之)に捕まりそうになる。そこへ二人の山伏が現れ、姫を新兵衛の手から助ける。彼らは里見家ゆかりの人物で、姫を守り玉梓親子を倒す使命を帯びた八犬士であった。



 江戸時代の読本作者滝沢馬琴が執筆した「南総里見八犬伝」をアレンジした作品で、角川アイドル薬師丸ひろ子さんとJAC軍団(千葉真一さん、真田広之さん、志保美悦子さん)出演の80年代大型時代劇エンターテイメント映画です(当時の邦画興行収入1位)。

 かつて悪行の限りを尽くした玉梓と蟇田素藤親子が、里見家に滅ぼされた怨念のもと復活し、里見家根絶やしを目論見、城攻めをして里見家の人々の首を悉くはねます。そして、唯一落ち延びた最後の血筋静姫を最後の獲物として狙います。この玉梓軍団は親子だけではなく、人間や死体を改造して特殊な能力を持たせ思うままに操る「幻人」、蛇の化身の「妖之介」、妖術使いの老婆「舟虫」と、二人の赤備えの鎧武者を筆頭とする黒鎧の軍団。さらに玉梓が崇拝する御霊様が祭られた岩で作られた地下の城。ここには処女の血で満たされた浴槽があり、玉梓が傷付き崩れてゆくのを防ぐ効力があります。まさに闇の軍団ここにあり。そして怨霊玉梓を演じるのは夏木マリさん、今はもちろん風格がありますが、当時30代の夏木さんの貫禄と魔女のような風貌は流石ですね。ナイスキャスティング。

 対するは、静姫を奉じる「仁義礼智忠信考悌」の玉を持った里見家八犬士。100年前に里見義実が隣国に攻められ落城間近に迫ったときに、義実が飼い犬の「八房」へ与えた「敵将の首を取ってきたら姫をつかわす」の戯言に、見事八房が応え、姫とともに山の中に暮らすも、家臣たちが姫を取り戻そうとした際に誤って姫を撃ち抜いてしまいます。そのとき、姫の体内から八つの玉が四方八方彼方に飛翔します。そして100年ののち、その玉を持った八犬士が使命を感じ取り、静姫のもとに集まり、姫を守り里見の城を取り戻そうとする物語となっています。馬琴の八犬伝では、一人一人のエピソードが丁寧に描かれ、敵対したり、すれ違ったりしていた八犬士が仲間となってゆく様子も小説の醍醐味となっています。しかし映画は2時間強。全員のエピソードはムリなので無理やり、そしてあっさりと集合させましたね。ちなみに八犬士は、犬塚信乃(「孝」の玉)、犬山道節(「忠」の玉)、犬村大角(「礼」の玉)、犬坂毛野(「智」の玉)、犬養現八(「信」の玉)、犬田小文吾(「悌」の玉)、犬川荘助(「義」の玉)、犬江新兵衛(「仁」の玉)の面々。彼らは玉梓親子と対峙し、今度は親子の城に攻め込みます。八人+姫で・・少ないだろ、馬琴原作では大軍だったはず・・。それでも、一人一人に見せ場を与え(敵将にも)、アトラクションのような城の中を突き進み玉梓親子へと迫ります。
 正義のキャスティングは、静姫を当時飛ぶ鳥を落とす人気の薬師丸ひろ子さん。丸顔黒肌で姫には見えず、百姓の恰好のほうが似合っていますが、そこが可愛いです。JACの面々はいつも通りの演技とアクション。犬塚信乃役は京本政樹さん。中世的な美青年で、この映画から人気が出たはずです。
 今あらためて見ると、80年代の大味感がたっぷりの映画ですが、それでも当時を懐かしく思い出す作品のひとつです。



・1983年公開、136分
・出演:薬師丸ひろ子、真田広之、千葉真一、夏木マリ、目黒祐樹、志保美悦子、京本政樹、萩原流行
・監督:深作欣二
・音楽:NOBODY
・主題歌:「里見八犬伝」「八犬士のテーマ(White Light)」 ジョン・オバニオン
・原作:「新・里見八犬伝」 鎌田敏夫



<滝沢馬琴>
 八犬伝の映画はというと、本作品以外は1950年代に作られた作品しかないみたいです。やっぱり印象深いのは、1970年代にNHKで放送された人形劇「新八犬伝」ですかね。人形作家辻村ジュザブロ-の芸術としか言えない人形たちに坂本九の軽快な語り部の時代冒険劇は最高の作品です。残念ながら全464話のうち4話しか現存していないみたいです。そして原作者「滝沢馬琴」も映画に顔を出します。最近では「駆込み女と駆出し男」(2015年)で主人公のじょご(戸田恵理香)の知り合いとして登場(山崎努さん)。その他、「北斎漫画」(1981年)で北斎の友人として(西田敏行さん)、そして「写楽」(1995年)でも登場しています。

    



 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
594位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。