スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カサンドラクロス



 国際保健機構にテロリストたちが潜入するが、警備官たちと銃撃戦となりテロリストが致死率の高い細菌を浴びてしまう。その一人は逃亡の末、大陸横断超特急に乗り込む。それを知った組織は特急列屋を隔離しようと今は使われていない施設に誘導するが、どの途中にあるのは崩壊寸前のカサンドラクロスと呼ばれる大鉄橋があった。そのことを知った乗客の抵抗が始まる。

 この映画は、鉄道パニック映画です。ワクチンが存在しない高致死率の細菌に感染したテロリストが、パリ・アムステルダム経由ストックホルムの大陸横断超特急に潜り込んだことから、特急内がバンデミックの危機に陥るストーリーです。ただ、これだけで終わらないのが、この映画の面白いところで、この細菌を封じ込めるために国際保健機構が採った手段は特急列車ごと隔離。これは、まあ、あたりまえの措置ですが、特急列車を目的地の隔離場所に走らせるのには、途中でカサンドラクロスと呼ばれる大鉄橋と通過する必要があり、この鉄橋は近くの住民たちが崩れ落ちると確信して逃げ出したおんぼろ大鉄橋。組織は、回復の可能性がない細菌感染者を列車もろとも大鉄橋とともに消滅させようとする企てをします。国際保健機構が黒幕とは、なかなか大胆な設定です。そして、一時的に停車させられた特急列車内には完全防護服と自動小銃で武装した多くの兵士たち乗り込み、すべての窓は溶接されてしまいます。これで乗客たちは、逃げ道なしの完全な密室状態で幽閉され、カサンドラクロスへと向かうカウントウントダウンが始まります。

 この死へのカウントダウンに気づき、強制的に捻じ曲げられた運命から抵抗する人々が登場します。精神科医チェンバレンこと、チャード・ハリス。70年代アクション映画によく出ていました。「ジャガーノート」、「オルカ」、「ワイルドギース」などなど。英国紳士だけど男らしさいっぱいで、近年では、「ハリーポッター」シリーズの初代ダンブルドア校長、ですね。そして、チェンバレンの元妻で売れっ子の女流作家ジェニファーには、ソフィア・ローレン。麻薬捜査官ハリーに、O・J・シンプソン。追われる麻薬売人ナバロに、マーティン・シーン。そして、彼らと対峙するカサンドラクロスへの死の計画の実行者は、国際保健機構のマッケンジー大佐こと、バート・ランカスター。キャストも豪華です。
その他にも、国際保健機構の一員だが患者治癒を推進して大佐と対立する医師や、ナチス収容所で妻子を亡くして隔離場所が収容所であった場所だと気付きパニックになるユダヤ人セールスマン。軍事企業の夫を持ち若い愛人と乗車する婦人。などなど、密室ストーリーとあって、キャラクター配置も抜かりありません。

 もちろん、細菌パニックの人間模様だけで終わりません。細菌の治療方法が見つけるために感染した犬と犯人を列車の外に出す必要があります。でも特急列車は停められないため、貨物室の横の搬入ドアから、バケットをヘリでリフトアップする作戦が採られます。作戦決行の場所は開けた郊外から山へと繋がる僅かな平野部。なかなかリストアップできずに、やがてトンネルが・・・とスリルいっぱい。さらに、カサンドラクロスへの死への道のりに抵抗する人々は、特急列車を停止させようと先頭車両へと向かいます。しかし、彼らを遮るのは武装した兵士たちで、容赦なく銃を向け発砲してきます。もちろん、抵抗側も反撃をして銃撃戦となりますが、なかなか先に進めず犠牲者も出て、刻々とカサンドラクロスが近づいていきます。そして彼らが選んだ最後の道は・・・。
いやあ~、この時代のパニック映画は面白い。

【予告編】

1976年公開。西ドイツ/イギリス/イタリア合作。
・監督:ジョルジュ・バン・コストマス
・出演:リチャード・ハリス、ソフィア・ローレン、バート・ランカスター、マーティン・シーン、O・J・シンプソン、
・音楽:ジェリー・ゴールド・スミス 【Main Title】





<日本の鉄道パニックえ映画>
海外では鉄道パニック映画作品は多いですね。一種の密室ですから、なにが起こっても逃げられない閉塞感が堪らないです。日本映画の鉄道パニック映画はというと、脅迫犯人が新幹線に時速80キロになると爆破する爆弾を仕掛ける「新幹線大爆破」(‘75)。自衛隊クーデータ部隊が寝台特急を占拠する「皇帝のいない八月」(‘78)。意外とないですね、でも、この2作品は面白いです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。