スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残穢 -住んではいけない部屋-

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 読者の怪奇体験をもとに実話怪談を書く作家わたし(竹内結子)のもとに、ひとりの女子大生久保さん(橋本愛)から手紙が届く。それは引っ越ししたマンションの部屋に、畳を擦るような音がして何かがいる気がするという内容であった。そして半年後に続報の手紙が届き、擦れる音は着物の帯のようで、不思議な光の球体が映し出された部屋の写真も送られてきた。ふと、わたしは、そのマンションの名前に見覚えがあることに気づき、投稿の手紙の束からひとつの手紙を探し当てる。それは2年前に送られてきた手紙で、同じマンションの別の室でも同じように擦れるような音がし、子供がその部屋を凝視して「ぶらんこ」とつぶやいたという内容であった。その後も久保さんからその音にまつわる手紙が届き、いつしか久保さんと電話で話しをするようになる。そして、マンションで過去自殺者がいないこと、前の住人が別のアパートで自殺して赤ん坊の声を気にしていたこと、隣の住人が公衆電話からのいたずら電話に悩まされていること、など聞かされ、マンションが建つ前になにかがあったのではと思い始める。やがて、わたしと久保さんは土地の過去を調査し始め、以前その土地に住んでいた人々の異常な話しを聞くことになる。

 当事者の回顧録のぼそぼそとしたナレーションから始まる、昔よくあった夏の怪奇現象再現ドラマのようなストーリー仕立てから始まります。あるマンションの一室の少しの異変。それはまるで箒で畳を擦るような音。その部屋に住むのは女子大生で、普通なら、ぎゃーっとなって彼女を怪奇現象の魔の手が襲いかかる・・のではなく、彼女は動じない。ミステリー研究会の部長ともあって、そのまま怪奇現象と同居して、その謎まで解明してしまおうと調査に乗り出し、さらにその経過を怪談作家に投稿してしまう。この肝の据わった女子大生を橋本愛さん。そして、読者の投稿をもとに怪談を書く作家で、この物語の語りべ役にもなっているわたしに竹内結子さん。竹内さんの、ぼそぼそとした語りが、陰鬱な雰囲気を増しています。
 そして物語は、このまま得体のしれない恐怖への序章の伏線が張られ、徐々にホラーへの展開を見せるのかと思っていましたが、途中から、あれ、ホラー?では、ないの?と、マンションが建てられる前のその土地の住人達の不思議な話の取材へと変わっていきます。その取材も1世代だけではなく、その前の土地の所有者、さらにその前の土地の所有者と遡り、奇妙な結末を迎えた人々がいたことが明らかとなり、過去を遡ることで、その世代だけでは奇妙だけで終わる出来事が、次々と繋がってゆく謎解きミステリーとなっています。まあ、これはこれで、ミステリーと割り切れば良しかな。そして陰鬱なこの過去探しと並行してマンションの住人と過去の住人に降りかかる災いも描かれ、過去から繋がる何か=「穢れ」に触れることで、未来をも蝕んでゆく恐怖へと広がりを見せます。そして、わたしと久保さんの調査に、同業の怪談作家平岡(佐々木蔵之介)と担当編集者、心霊マニア三澤(坂口健太郎)が興味津津に加わり、穢れの根っこ探しが、その土地を飛び越えてヒートアップしていきます。途中参加の連中は怪奇好きとあってどこか明るく楽しそう、でも、もちろん彼らも穢れに触れてしまっていますが・・。そして最後になって案の定、関係者に忍び寄る穢れ。ようやくホラー映画と化してきますが、肝心なシーンのCGがテレビぽい。もう少し力を入れて欲しかったな。これだけで、テレビ版の「本当にあった怖い話」や「世にも奇妙な物語」のロングバージョンになってしまいましたよ。

【予告編】【公式サイト】【小野不由美「残穢」特設サイト】

2016年公開。107分。
・出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、遠藤賢一、坂口健太郎
・監督:中村義洋
・音楽:安川午朗
・主題歌:「Strong Fate」和楽器バンド
・原作:「残穢」小野不由美


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。