ルート225



 14歳のエリ子(多部未華子)は、なかなか帰宅しない弟ダイゴを探し行くように母から言われ、嫌々学校への道を戻り、公園でブランコに乗る弟を見つける。弟を連れ見知った道を家へと向かうが、ある曲がり角を曲がると、そこは、あるはずのない海岸であった。2人は慌ててもう一度公園に戻り家へと向かうが、途中でダイゴが少女に声を掛けられる。しかしダイゴは怯えたように後ずさりして姉の手を取り走り出してしまう。その少女は数年前に亡くなっていた。逃げるように家へ戻った二人がリビングの扉を開けると、温かいシチューだけが残され両親の姿はなかった。翌日2人は未だ帰らない両親に不安を覚え、いつもとどこか微妙にズレが生じていることを知り、パラレルワールドに紛れ込んでしまったのではないかと考え始める。

 パラレルワールド(並行世界)映画です。でも複雑なパラレルワールドではなく、その時空やストーリーはシンプルな作品です。話しは、帰宅しない弟を探しに行って連れて帰る途中でパラレルワールドへ迷い込んでしまうシンプルさ。何か、きっかけや予兆があるわけでもなく、突然、住宅街の家の角を曲がると、都内なのに海岸が出現(ここだけですねSFXは)。そして帰路途中での数年前に亡くなった少女との出会いで、まさにパラレルワールドへ。あとは、ほとんど元の世界と同じで、僅かにズレが生じている程度。でも、一番大きい違いは両親が家にいないこと。さっきまで夕飯を作っていた母親が、温かいシチューを残して神隠しのように消えている。これで舞台はできました。さらに、元の世界との繋がりを僅かに残し希望を与える。その繋がりは、ジャイアンツ高橋由伸選手(現監督)のテレフォンカード。それも打撃写真ではなく顔アップ写真(こんなのあるのか)。これだけが、元の世界の母と話しができる唯一のアイテムだけど、残り70円分のため、母の声を聞くのが精一杯で説明もできずに度数がカウントダウンされるだけ。さらに、迷い込んだときに、いつもと違うのは、弟ダイゴの、背中に「ダイオキンシン8倍!」とマジックで書かれたワイシャツ(ダイゴは捨てちゃいますが)、あとはルート225(国道225線)を跨いだこと(あれ都内設定のはずだけど実際の国道225線は鹿児島ですね)、姉が使えないピンクのビニール傘を持っていたこと、商店街のたこ焼き屋の前で焼き中のたこやきを覗き込んでいたこと、途中でエリ子の友人マッチョに会ったこと、などなど必要アイテムかと思わせるシーンを見ている側に印象づけます。もちろん姉弟たちも、そのアイテムの思いだしだし、元の世界へ戻る作戦をトライしますが・・。

 姉エリ子には多部未華子さん。少女らしさや可憐さとは程遠い、いつも面倒くさそうな女子中学生で、男言葉で口も悪い。笑みよりは、しかめ面や睨み顔が常。着ているのはドクロのTシャツ。素ではないかと思うくらい多部さん、エリ子になってます。この姉ちゃんに、幼さが残る中一ダイゴ(岩田力さん)が、姉にいじられ、不安でビビリながらも、姉を頼りにしてしまいます(実際は姉が弟を頼りにしていますが)。他にあまり登場シーンは少ないですが、姉弟の母を石田えりさん、父を嶋田久作さん、伯父を崔洋一監督が演じています。

 そして、なかなか戻れないエリ子が、異世界の写真を撮ると、そこに映し出されていたのは・・。なんて、SFぽいシーンが挟まれ、別の世界にいても家族の繋がりを求めるエリ子とある思いを決意するエリ子の成長が、描かれています。ラストは、こう来ましたかの展開。まあ、これもありかな。ここだけは現実っぽいですね。でもこのシーンで多部さんの笑みが見ることができました。

【予告編】

2006年公開。101分。
・出演:多部未華子、岩田力、岩原祐太、石田えり、嶋田久作、崔洋一
・監督:中村義洋
・音楽:江藤直子
・原作:「ルート225」藤野千夜

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR