麦子さんと



 兄の憲男(松田龍平)と二人暮らしの麦子(堀北真希)の所に、自分達を捨てた母(余貴美子)が一緒に住もうと尋ねてくる。頑なに拒む2人であったが、実は仕送りをしてもらっていることを知り、仕方なく同居することになるが、兄がさっさと家を出て麦子と母の2人だけの暮らしとなってしまう。しかし突然母は病で亡くなる。麦子は納骨するために母の郷里を訪れるが、町の人々は麦子の顔を見ると誰もが固まったかのように驚き、その姿に麦子は戸惑ってしまう。そして、かつて母が過ごしたこの町での母の夢見る姿を知ることになる。

 幼い頃に母が家を出て、母の顔も温もりも愛情も知らずに育った麦子。自分の夢が見つけられずに、何かにひととき熱中するが直ぐに冷めてしまう麦子。今は声優を夢見てアニメショップで働く日々を過ごす。そんな麦子の元に、かつて母であった「あのひと」が尋ねてくる。兄は「ばばあ」呼ばわりして、その女性を追い返そうとするが、何故か一緒に生活することになってしまう。「あのひと」は、へらへらしていて無頓着で、全く麦子が思う母親とは別の存在で、麦子は日に日に苛立ちを感じ、きつい言葉を浴びせてしまう。母親を知らずに育って接し方も甘え方も分からず距離を取らざるを得ない麦子。こんな麦子が、幼くてまったく母との想い出が無かった人生に、ほんの僅かだけ母との接点ができ、母の若かりし頃の情景を伝えてくれる郷里の人々と出会い、母の存在を素直に感じられるようになる物語です。

 兄と二人暮らしをしていても食事はコンビニ弁当、家ではアニメを見て、長続きしない夢を追っている麦子。どこか心に影を持った雰囲気を醸し笑顔も控え目。そんな女性像を堀北真希さんが演じています。暗さはあるけど端整な顔立ちと女性らしい身なりが可愛いですが、怖そうです・・。そして「あのひと」を演じるのは余貴美子さん、へらへらして自分の世界を生きているかのようですが、最後に会わずにはいられなかった子供への愛情と苦悩が所々に垣間見られます。麦子の兄を演じるのは松田龍平さん。母であった人を「ばばあ」と呼び、のそっといい加減な雰囲気。母が亡くなったときも、ざまーないよな、なんて軽口をたたいていますが、遺骨になった母を見ると・・。そして母の郷里で、夢溢れていた若かりし頃の母を知り、語り部となってくれる人々に、タクシー運転手で元ストーカーの温水洋一さん、バツイチで別れた自分の子供に会おうとしない霊園事務員ミチルに麻生裕未さん、麦子が泊まる民宿の夫婦にガタルカナ・タカさんとふせえりさん。彼らが語る母の姿と彼らとのひとときが、麦子の心の成長を閉ざしていた何かに少し光を与えてくれます。決して映画としては、盛り上がりはそれほど無いのですが、なんとなく麦子を見守ってしまいたくなる映画でした。

映画のシーンには「赤いスイートピー」が流れ、てっきり堀北真希版が聞けるかと思いましたが、アレ、歌わないのか~。でしたね。代わりにアニメ声優堀北真希が見れました。

【予告編】

2013年作品。95分。ファントム・フィルム配給。
・出演;堀北真希、余貴美子、松田龍平、温水洋一、麻生裕未
・監督:吉田恵輔
・音楽:遠藤浩二
・脚本:吉田恵輔、仁志原了
・撮影:志田貴之
・挿入曲:「赤いスイートピー」松田聖子



スポンサーサイト

コメント

何気にいい作品ですよね。
田舎や親のあったかさがしみじみと伝わってきます。
僕も田舎から都会へ出てきて、ずっと親不孝をしてきたので、
身につまされる映画です。

Re: タイトルなし

そうなんですよね。
堀北真希と松田龍平出演作品か、なんて軽い気持ちで見ましたが、意外と良い。
子不幸と親不孝の物凄く厚い壁が、少しずつ崩れて向こうの光が見えてくる感じが好きで、
つい親に会って何気ない顔を見たくなる映画です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR