吹割瀑

東洋のナイアガラと呼ばれる「吹割の滝」(群馬県沼田)に行ってきました。
ナイアガラと呼ぶには?ですが、穏やかな幅広い川が突然裂けて、そこに集中して流れ落ちる水で靄のような水飛沫が上がる姿は「おーっ」と声が出てしまうくらいの見応えがありました。さらに、滝と川に沿った遊歩道が整備されていて、そこを歩くだけでマイナスイオンの恩恵で癒し効果抜群。ただ滝の近くはロープが張られ足元の岩には白線が引かれ警備員の姿もちらほらするのは無粋な感じがして残念ですが(過去に事故があったようです)。それでも、川と滝の周りに聳え立つ奇怪な岩々と優しさ溢れる川からの吹割瀑は、いいものです。

吹割の滝前方

吹割の滝後方
遠くに見えるのが滝の水飛沫です

近くには「道の駅:田園プラザ川場」があり、肉やらパンやらそばやらのそれぞれの建物があり、どこも行列状態で、道の駅に入るために回りは渋滞になる人気。あまりの込み具合に、ソフトクリームを食べただけで、早々と退散してしまいました。

道の駅2
「道の駅:田園プラザ川場」

道の駅1
道の駅内にある稲

そして、そろそろ始まった「りんご」。りんご狩りが近辺の農園で開かれ道端にはりんご販売。さすがにりんご狩りをして食べるほどではないので、販売店を覗くと、今は「赤城」という小粒のりんごが売られていました。そして、ふと農園を方を見上げると、鈴なりのりんご、りんご。

りんご

いろいろな果物が美味しい季節になりましたので、毎週ぶらりぶらりしたいですね。



<滝が出てくる映画>
滝が出てくる映画はといえば、だいだい滝からの落下シーンが思い浮かびますね。
シュワーちゃんがエイリアンとの死闘で滝から落下する「プレテダー」(1987年米)。
十字架を背負った神父が落ちてゆく「ミッション」(1986年英)。

他にあったけな、なんて思いながら探してみると、

ん?幻の大滝見学ツアーに参加した7人のおばちゃんが迷子になってサバイバル生活?
キャスト誰一人知らないや。
監督は「南極料理人」や「横道世之助」の沖田修一監督で、タイトルは、ずばり「滝を見にいく」。
どうも気になるな。
【予告編】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR