打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?



 夏休みの登校日。小学生の典道は、「よっ!」と悪友達と合流して、ふざけじゃれあいながら校門へと吸い込まれてゆく。
そして、教室の席に座って、最初に目を向ける先は、なずな。
放課後、悪友と二人きりでプールで泳ぎ、上がった先に目に入るのは、片足をプールに投げ出して仰向けになっている、なずな。
典道は悪友に誘われるまま50m競争に、そして審判は、なずな。
「かまえて、ヨーイ、スタート」の掛け声に飛び込む二人。
典道が圧倒的なリードをつけるが、ターンで足を強打して勝ったのは悪友。その悪友に、2人で花火大会に行こうと誘う、なずな。
教室に戻ると、他の悪友達が、打ち上げ花火は横から見ると丸いか?平べったいか?を言い争っている。そして、夏休みの宿題を賭け、それを確かめるために花火会場を横から見ることが出来る灯台へと皆で行くことにする。
夕方、花火大会が始まる前に、校庭に集まる悪友たち。典道は足が痛むので病院へと立ち寄るが、そこには悪友と待ち合わせをしている、大きなトランクを抱えた浴衣姿の、なずな。
しかし悪友は、なずなをすっぽかし、悪友達との灯台行きを選ぶ。典道は、なずなに悪友が来ないことを告げる。
なずなは、しかたなく病院へ出て行く。しばらくして典道が外へ出ると、そこに佇む、なずな。
2人は一緒に歩き出し、なすなは「君を誘っていたらどうした?やっぱり逃げた?勝ったほうを誘おうと思ったの。君が勝つと思ってた。だから勝つほうに賭けたの」と話し出す。
そこへ突然、なずなの母が物凄い勢いで走ってきて、逃げて嫌がるなずなを無理やり引きずって行ってしまう。なずなの両親は離婚して、なずなは母とこの地を出て行くことになっていた。
唖然とする典道は、もし自分が、あのとき勝っていたら、勝っていたら、自分に憤りながら思い巡らせる。

ついついストーリーをなぞってしまいました・・。ここから、典道が勝っていたらの 「if」 が描かれます。
それは、典道となずな2人だけの秘密の物語。・・・書くのはここまでですかね。

 典道を演じるのは山崎祐太さん。自分でもこの気持ちが何なのかがわからない、ただつい、なずなを見てしまう、目で追ってしまう。なずなの気まぐれな行動に戸惑い嫌そうな顔をしても、一緒にいたいという気持ちがよく伝わってきます。まだ少年ですが、心のどこかにポツと膨らむ少年ではないもの。
 そんな典道を翻弄させるなずなに奥菜恵さん。小学生ながら、どこか妖艶で小悪魔的。ところどころに、男心をくすぐる仕草や言動にドキッとさせられます。プールで目をつぶり仰向けになり、首筋に這うアリを典道に取ってと命令する。競争に勝った典道(ifの世界)がプールから顔を出すとホースで水を掛け、「2人で花火大会行こうよ」、何でと答える典道に「何でって」と笑みを浮かべてまた水を掛ける。駅の待合室で、トイレに行くから付き合ってよと連れて行き、トレイの囲いに帯や脱いだ浴衣を掛けてゆく。そして口紅を引いた姿を見せる。
 反面、浴衣姿にトランクを引きずり歩く、ぶつけようのない両親への苛立ちと自暴自棄への一歩手前の脆さも表現されています。

 そして2人だけの夜のプールシーン、REMEDIOSの「forever friend」をバックに、洋服のまま典道を見ながら静かに水中に沈んでゆく、なずなの妖艶さが際立ちますが、プールの真ん中で浮かび上がり、顔にバシャバシャ自分で水を掛けてからは、無邪気な少年少女に戻る。なずなが「今度会うのは2学期だね。楽しみだね」の言葉を残して泳いで離れてゆくシーンが印象的でした。

 さらに、タイトルの「打ち上げ花火、下から見るか?」の通り、ラストの打ち上げ花火の真下からの、赤く大きく何度も飛び散る花火を、口を半開きで眺める典道の顔がなんともいえない。 ・・・岩井俊二監督作品は残る・・。

【予告編】

1995年公開作品。
・出演:山崎祐太、奥菜恵、半田孝幸、ランディ・ヘブンス、小橋賢児、桜木研二、麻木久仁子
・監督・原作・脚本:岩井俊二
・音楽:REMEDIOS
・挿入曲:「forever friend」 REMEDIOS

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR