鍵泥棒のメソッド



 売れない役者桜井(堺雅人)は、殺し屋コンドウ(香川照之)が銭湯で転んで気を失ったところに偶然居合わせ、ロッカーの鍵をすり替えてしまう。頭を打ったコンドウはすっかり記憶を失くし、自分を桜井だと思い込み記憶を戻そうと馴染みのない生活を始める。一方、桜井はコンドウの豪勢な生活に驚きながらも、おそるおそるその生活を楽しみ始める。そして、その2人の馴れない生活に、結婚日を決めて相手を探す真面目な女性編集長香苗(広末涼子)とコンドウへ殺人依頼をした暴力団工藤(荒川良々)が絡み、ある騒動へと発展してゆく。

 とある出版社。就業間際に真面目顔で突然結婚宣言する女性編集長。でも相手は決まっておらず日程だけが決まっている。
 とある高級住宅地。高級車の車内でベートベンを聴きながら、手袋と安物の透明なカッパを身につけるスーツ姿の男。やがて、車を停めた前の家から出てきた男性に近づき腹部を何度も殴るような仕草、やがて殴られた男は崩れ落ち、スーツ姿の男が車のトランクに男性を投げ込む。手には血にまみれたナイフが握られ、何事も無かったように素早くゴミ袋に放り込み車を走らせる。
 とあるボロアパート。どさっとした音と背中を押さえる男。首には細いロープが絡まり苦しそうな顔。男は財布の中の僅かばかりのお金を数え、そこに風呂屋の無料チケットを見つける。

 まだ別々の世界を生きる興味深い三人の、これから巻き込まれる騒動を期待させるプロローグから始まります。この別世界の三人の接点は、銭湯と病院。銭湯では、自殺未遂で汗をかいたから来た冴えない桜井と殺しで袖口に血が付着したから来たコンドウが対照的に並ぶ。片や生気がない男、片や自信に満ち溢れた男。この2人がある事故でその人生が入れ替わったことで見せるギャップが楽しいです。いままで殺し屋の貫禄と自信満々のコンドウが記憶を失くして、自分の哀れなる人生とその日暮らしの生活に愕然としながらも、真面目に前向きに生きようとする姿。そこに入院した病院でたまたま知り合った香苗との、恋?の行方は。片やダメダメ人生を送っていた桜井は、相変わらず流され人生の延長ですが、あるトラブルに巻き込まれることで、ふと人のためになろうかなんて思って行動に出てみたり。香苗もいままで臆病で領域外であった恋と結婚に挑戦しようとしてみたり。と別の人生に入り込む姿がコミカルにそして真剣に描かれています。

 この三人を演じる役者さんがはまり役です。売れない役者のダメ男桜井に堺雅人さん。なかなかのダメダメぶり演技で、いつもビクビク、トラブルに巻き込まれてアタフタとする姿や、ちょっとだけ格好つけようかなの姿の後のやっぱりダメダメな感じがいい。そして完璧主義の殺し屋コンドウに香川照之さん。殺し屋姿と仮桜井姿ともうひとつの隠された姿の使い分けが凄く、まったくの別人。だから記憶を取り戻すシーンでの別人に徐々に移り変わる表情はコワイくらい。同じく完璧主義で結婚相手より先に結婚の日取りを決めて行動に移す女性編集長に広末涼子さん。無表情で淡々と話し、迷いも無く物事を進めてゆく超真面目な人物感がいいです。この真面目な演技があるからこそ、ラストの胸キュンシーンが効果的。

 このキャストに絶品の脚本ですから面白くないわけがない。脚本はもちろん、内田けんじ監督で、同じく脚本・監督作品の「アフター・スクール」、「運命じゃない人」も面白かった。

【予告編】

2012年作品。128分。
・出演:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑤子
・監督:内田けんじ
・音楽:田中ゆうすけ
・主題歌:「点描のしくみ」 吉井和哉

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR