阿修羅のごとく



 独立した竹沢家の四姉妹は、老いた父に浮気と隠し子の疑いをもち、母に知られぬよう解決しようと集まるが、彼女達にもそれぞれの秘密と悩みを抱えていた。

 タイトルの「阿修羅のごとく」。そして「阿修羅」の説明から始まる映画に、任侠もの?ハードボイルものと勘違いしてしまいますが、実は父の浮気騒動から始まる四姉妹のホームコメディタッチのものがたりです。父の浮気と隠し子騒動はもちろん一家の一大事で、父に悟られず、母に気付かれずに行動する四姉妹と取り巻く人々のあたふたぶりが描かれ、さらに彼女たち自身の深刻でいながらもユニークなってしまうエピソードも並行して描かれる構成となっています。

 この登場人物と演じる俳優さたちがいい味を出しています。夫に先立たれ花を教えて生計をたてる長女綱子に大竹しのぶさん。一見長女らしいしっかりものと思いきや自由奔放で、父の浮気を知りながらも自分も不倫中。次女巻子はサラリーマンの夫をもつ平凡な妻、黒木瞳さん、家族のために尽くすよき妻ですが、夫に女性の影か見え始め、ダメだと頭では分かっていても体が別な行動をしてしまう一面をもちます。三女滝子は男性とは無縁な真面目な図書館司書の深津絵里さん。シンプルな服装でメガネ姿がいかにも素朴で一番の心配性。でもそんな彼女にも気になる男性が登場。四女咲子は女好きの無名ボクサーと同棲して、彼に新人王を取らせようと本人以上に一生懸命になる。そして彼女たちを取り巻く人たちがまたいい。彼女達の父に仲代達矢さん。真面目な風貌と娘を思う気遣いから、本当に浮気をしているのと疑いたくなりグレーのまま物語は進みます。が、途中から子供にパパを呼ばれて・・・。次女の夫で竹沢家の中心的人物に小林薫さん。どうも父の味方をすると思いきや自らも・・・。その相手らしき秘書に木村佳乃さん。妖艶で何かを秘めいた仕草。父の浮気を調査する興信所の青年に中村獅童さんで、ほとんど喋り方がウド鈴木。長女綱子の浮気相手は坂東三津五郎さんで、その妻は桃井かおりさん。夫の浮気を知り拳銃を綱子に向け・・・。そして、彼女たちが一番気に欠ける母に、まさに良妻賢母の八千草薫さん。なにも文句を言わず、心配事は夫の高血圧。のはずが、まさか彼女にも秘密があったとは。

と、この愉快な人物像だけでも楽しい。やっぱり森田芳光監督作品とあって、ひとりひとりにスポットを当てて、すべてが融合してひとつの物語を紡いでゆく演出は流石ですね。残念ながら数年前に亡くなられたので、もう新作は見られませんが、懐かしの作品をまた観たくなりました。「の・ようなもの」、「家族ゲーム」、「(ハル)」・・。

【予告編】

2003年作品。135分。
・出演:大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子、仲代達矢、八千草薫、小林薫、中村獅童
・監督:森田芳光
・音楽:大島みちる
・原作:「阿修羅のごとく」向田邦子
・主題歌:「ラジオのように」ブリジット・ファンテーヌ





<4姉妹の作品>
谷崎潤一郎原作の「細雪」(‘83)。長女:岸恵子、次女:佐久間良子、三女:吉永小百合、四女:古手川祐子。赤川次郎原作の「三姉妹探偵団」とお菓子のCMがコラボした「四姉妹物語」(‘95)。長女:清水美砂、次女:牧瀬里穂、三女:中江有里、四女:今村雅美。今年の公開予定の吉田秋生コミック原作の「海街diary」。長女:綾瀬はるか、次女:長澤まさみ、三女:夏帆、四女:広瀬すず。いつの時代の映画でも美女揃いですね。

 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR