FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その男、凶暴につき



 夜の公園。ホームレスの男を面白半分に襲う少年たち。彼らは男が路上で動かなくなるまで小突き、やがてゲームオーバーになって熱が冷めたかのように何事もなく家に帰る。そして、その少年の家に上がりこみ、部屋に入るなり少年を殴りつけるヤクザ風な男。翌日、傾斜のついた橋のたもとから、少しずつ見えてくる蟹股で歩いてくる男。男はそのまま橋を渡り警察署に入っていく。彼がタイトルの「凶暴な男」の我妻刑事で、容疑者への暴行は当たり前、ガサ入れでは裸足で逃げる容疑者をニヤニヤしながら車で追いかけ轢いてしまうことも躊躇なし。この刑事をビートたけしさんが演じ、この映画以降にも北野監督作品で登場してくる凶暴な狂気な男の誕生がここにあります。そしてこの映画ではもうひとりの「凶暴な男」が登場して、二人の凶暴な男の熾烈な戦いがメインストーリーとなっています。もうひとりの男は、麻薬密売組織の目つきの鋭い冷徹な殺し屋清弘(白竜さん)。他の組織のチンピラを油断させてからメッタ刺しにしたり、屋上でぶら下がる状態まで追い込み支えた指にナイフを走らせる。言うことを聞かない仲間は躊躇なく撃ち殺す。この凶暴な二人が、麻薬密売捜査で出会うべきして出合ってしまうのですから凄いことになってしまうのです。我妻が清弘を捕まえた後の取調べがほぼ拷問。警察署内のロッカールームで非合法に清弘を監禁してなぶる我妻刑事。何気にロッカーを開けるとナイフがあり、それを見つめる清弘。ナイフを奪い我妻刑事に反撃するかと観客に思わせて、カットが我妻刑事の背中に回ると、その後ろ手の中には拳銃。その後は釈放された清弘の我妻への反撃が周りを巻き込みながら続き、我妻も闇の世界から拳銃を入手して立ち向かう。本当にこの二人どこへ行っちゃうのと言うくらいぶっ飛び、この暴力と闇が表舞台となる映像は、第一作監督作品から始まり築き上げられた世界観なのだとあらためて感じます。更にキャストの中には、我妻刑事とコンビを組む新米刑事に芦川誠さん、清弘の仲間に寺島進さんら、北野監督作品に欠かせない俳優さんたちが第一作目から存在感が示しています。そして最後は混沌として世界が終了し新たな世界の始まりの中、我妻刑事が渡ってきた橋を、オーバーラップするかのように歩いてくる男。彼もやはり暴力と闇の世界の住人となるのは間違いないでしょう。

【予告編】

1989年作品。103分。
・出演:ビートたけし、白竜、芦川誠、川上麻衣子、佐野史郎、平泉征、寺島進、遠藤憲一
・監督:北野たけし
・音楽:久米大作

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
610位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。