グランド・イリュージョン (Now You See Me)



 若手のマジシャン・イリュージョニスト・メンタリストの四人の元に目のイラストが描かれたタロットカードが届けられ、四人はあるアパートの一室に集められる。そして一年後、四人は「ザ・フォー・ホースメン」と名乗りラスベガスの満杯の客席の巨大ステージで「銀行を襲う」マジックを披露する。それは、一瞬にしてラスベガスからパリの銀行の金庫の中へ観客の一人を転送して、金庫内のすべての現金をステージにばら撒くショーであった。そして、実際に銀行から現金が強奪されていたことから、FBI捜査官ディラン(マーク・ラファロ)とインターポールのフランス人捜査官アルマ(メラニー・ロラン)が、彼らを拘束して取調べを始めるが、マジック・催眠術で捜査官たちを翻弄して、自供も取れず証拠も無いことから釈放される。そして、「ザ・フォー・ホースメン」の2回目のショーがニューオリンズで開催されることになり、FBIは周囲を固め、更にマジックを暴く仕事をしているサディアズ(モーガン・フリーマン)にも協力を依頼する。
 痛快!としか言えない「ザ・フォー・ホースメン」のマジック、メンタリズム、催眠術の凄腕の数々。彼らをもってしたら不可能は無く、全てを手に入れ、全ての人を操れる、まさしく魔法。その魔法を映像化しているため、本当のマジックが見ているかのようで、映画なのに凄いと錯覚させてしまう演出と映像も良くできています。そして、彼らにとことん翻弄されるFBIの間抜けぶりが更に痛快さを増し、彼らの欲なき悪事が痛快さを更に増し、一瞬でも目を離すと、そのマジックショーを見落としてしまうかのようなノン・ストップ感覚が新鮮です。更に途中から、この痛快展開に何かしらのウラがあることが徐々に明らかになり、四人の別の顔が現れるサスペンス要素が入り込む。彼らの手口を次々と暴くウラマジシャンのモーガン・フリーマンが、その自信に満ちた落ち着きで、じわじわ攻め込んでくるのも展開をまったく予想させない要素となっています。そして最後の大展開は凄すぎ、いや、ズルイかな~。まったく考えてもいなかったオチにやられました。そういえば、そのための前フリか~、人物か~、と、ただ唖然(嬉しい悔しさ)。正直、主演の役者さんたちは見知らぬ顔で、知っているのはモーガン・フリーマン(いつも渋い)とマイケル・ケイン(懐かしい)くらいだったので、あまり期待していなかったのが申しわけないくらいワクワク感が止まらない映画で大満足です。

なかなか表現が難しい映画なので、抽象的なレビューになっちゃいました・・。

【オフイシャルサイト】 【予告編】 【この映画をすぐ観る】

2013年アメリカ・フランス作品。115分。
・出演:ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、アイラ・フィッシュー、ディヴィ・フランコ、メラニー・ロラン、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン
・監督:ルイ・ルテリエ
・音楽:ブライアン・タイラー





<映画の中のマジシャンたち>
Xメン-ウルヴァリン役のヒュー・ジャクソンとバットマン役のクリスチャン・ベールが憎しみあう二人の天才マジシャンとして登場するサスペンス映画「プレステージ」(‘06アメリカ)、あっ、この映画にもマイケル・ケインが・・。そして、マジシャンと言っていいのか?仲間由起恵さん演じる山田奈緒子の「トリック」シリーズ4作などがあります。意外と無いのかも。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR