プラチナデータ



 日本全国民のDNAが登録・管理され犯罪者を100%特定できるシステムが開発され、そのDNA情報が「プラチナデータ」と呼ばれる世界。しかし100%のはずが、犯罪者の遺留品をシステムにかけると「Not Found」(該当者なし)が13件も現れ戸惑う関係者たち。さらに、このシステム開発に協力していた特殊な能力を持つ兄妹が「モーグル」という言葉を残し何者かに殺害される。そして遺体から採取された遺留品から特定された容疑者は・・システム開発の中心人物若き天才神楽博士。その特定された容疑者に驚愕し身に覚えの無い神楽は真相を掴むために逃亡する。さらに現場の監視カメラにも事件前後に神楽の姿が映し出されていたため神楽を容疑者と特定して、DNAシステムを知る警視庁の浅間警部補が追跡を開始する。推理作家東野圭吾氏原作とあってミステリーとしての設定とそのストーリーはよく出来ていて、なぜ「Not Found」があるのか?神楽は何故現場にいたのか?兄妹の特殊能力とは?「モーグル」とは?神楽が逃亡する本当の理由は?など、隠された真実。そして新たな展開が期待して止まない作品でした。設定は少しトム・クルーズの「マイノリティレポート」に似ていますが・・展開はもちろん別もの。神楽博士役は演技上手で定評のあるニ宮和也さんで、「青の炎」や「GANTZ」、「硫黄島からの手紙」などで見せる、役柄が自然に表現できる演技に注目しましたが、?何か無理やり役を作っている感じがして、いつもとちょっと違うかなと思っていたら、作中の謎の一つの要因を知ってからは、その演技の微妙なニュアンスに意味があり自然と受け入れられてしまいました。一方、神楽を追う浅間刑事は豊川悦司さん。シブい役はやっぱり似合います。そして神楽の助手であり裏の顔を持つ謎の女性白鳥は杏さん。二宮さんを上回る(失礼)高身長とスタイルでシステム関係者としての知的な女性とバイクで駆ける行動的な女性の二面を兼ね備えた表と裏の絶妙な演技はいいです。最近の「真夏の方程式」やドラマ「ごちそうさん」などで注目度アップで演技が見たい女優さんの一人です。作中では、もっと最後まで絡んで欲しかったけど・・。他にも最近復帰してきた鈴木保奈美さんや、モデルで「ノルウェイの森」や「ヘルタースケルター」に出演した水原希子さんなどが、それぞれの個性を見せてくれてミステリーに華を・・いや謎を添えてくれています。物語は、DNAシステムをも上回る監視システムの登場で、神楽の僅かな痕跡をも炙り出して迫る警察組織との逃亡劇と不自然さを感じ取り独自に調査を進める浅間刑事の真実への追究劇、そして明らかになってゆく人間関係と神楽とモーグルの秘密、と最後までその緊張感が続くサスペンス映画でした。

2013年作品。133分。
・主演:二宮和也、豊川悦司、杏、鈴木保奈美、生瀬勝久
・監督:大友啓史
・音楽:澤野弘之
・主題歌:「Breathless」 嵐
・原作:「プラチナデータ」東野圭吾

【公式サイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】





<映画原作の宝庫東野圭吾氏>
ミステリー作家東野圭吾氏の作品は本当に映画化作品が多く、決して類似した作品がないのが凄いです。そして原作は映画とはまた違う作風でどの作品も引き込まれてしまう魅力ある作品ばかりで、必ず原作と映画を両方見て二度楽しんでいます。ちなみに「プラチナデータ」のラストは原作のほうがいいかな。映画化作品は、亡くなった母の魂が娘に宿り戸惑う父の「秘密」(‘99:広末涼子)、「g@me」('03:藤木直人)、勉強合宿で起こった殺人事件の隠蔽と真実を描く「レイクサイド・マダーケース」(‘05:役所広司)、「変身」(‘05:玉木宏)、殺人事件を起こした兄とその事実が人生につきまとう弟の「手紙」(‘06:山田孝之)、ガリレオシリーズ「容疑者Xの献身」(’08)、「真夏の方程式」(‘13:福山雅治)、「さまよう刃」(‘09:寺尾聰)、殺人事件の被害者と容疑者の子供の周りに起こる事件と闇を描く「白夜行」(‘11:堀北真希)、不倫と古い殺人事件が絡む「夜明けの町で」(‘11:深田恭子)、新参者シリーズ「麒麟の翼」('12:阿部寛)など名作揃いです。

   


スポンサーサイト

コメント

明けましておめでとうございますv-457
今年も宜しくお願いいたします。

ご挨拶させて頂くのが遅くなって、申し訳ありません。


DVDになっても、今年はたくさんの映画を観たいと思います。
jurrinさんのご紹介して下さる作品を参考にさせて頂きますねv-352

東野圭吾さんの作品では、『白夜行』が好きで、映画も観ましたが・・先日、原作の小説の方をやっと読み終えることができました。
ミステリアスな香りがする作品には、とても魅かれます。

Re: タイトルなし

あけましておめでとうございます。
いつも訪問してくださってありがとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
なかなか期待に添えないレビューですが、今年はもう少し更新回数を増やしたいと考えています。

実は「白夜行」は、まだ観るのも読むのも至っていませんでしたが、今日偶然にも原作本を入手しました。
いやいや、まさか「百夜行」のコメントが入るとは思わず、ビックリです。
まずは、本そして映画を観てレビューを書く予定です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR