のぼうの城



 豊臣秀吉(市村正親)が日本統一目の前にして残された敵は関東の北条家のみ。全軍を上げ北条家に迫る中、その支城の一つ忍城攻めに武勲を挙げさせようと石田三成(上地雄輔)に大将を命じ二万の軍を与える。一方、忍城は豊臣軍に内通するはずであったが、石田軍の軍使に腹を立てた「のぼう様」と呼ばれる成田長親(野村萬斎)は、三千人で立ち向かうことに決心する。

 和田竜氏原作のヒット歴史小説の映像化作品で、戦国時代に豊臣秀吉軍の石田三成率いる二万の軍勢が、武士と農民合わせて三千人が守る北条軍の忍城を囲み攻める。数に無勢な城が戦いを決したのは、勇猛果敢な武将達ではなく、たった一人の男。この男は、武はからきしだが、民と親しく交わり慕われて「のぼう様」と呼ばれる成田長親で、そのひょうきんなおどけた仕草や子供のような無邪気な行動を取るかと思えば、実は思慮深く、思い決心したら実行を厭わない人物。この隠れた傑人像を見事に現在に蘇らせたのは狂言師の野村萬斎さんで、のぼう様らしい人の好さが滲み出る姿の一方、凛とし明瞭でいて意を決した口上姿。そしてクライマックスの舟上での田楽の舞。敵味方の武将がその踊りの虜になり一緒に踊ってしまうほどの魅力が映画の外にも伝わって来るほどです。さらに篭城軍には、和田長親と一緒に戦う個性豊かな武将三人を揃え、少人数で大群を撃破するであろう期待を持たせます。この武将たちは、漆黒の魔人正木丹波守=佐藤浩一さん、巨漢の柴崎和泉守=山口智充さん、若輩だが軍略家の酒巻靭負=成宮寛貴さん。ん?個性がある武将設定なんですが、何か武士力が弱いな~。一方、攻め手は秀吉の側近石田三成=上地雄輔さん、三成の盟友の大谷吉継=山田孝之さん、計算に優れた長束正家=平岳大さん。んーむ、甲冑が似合っていて武士らしいのは山田吉継だけな気が・・。後は現代人ぽいな。忍城の男勝りの甲斐姫=榮倉奈々さんも現代人そのものだしな。やはり最近では時代物が似合う俳優さんが少なくなったのかも。まあ、見せ場はやっぱり合戦シーンでしょ。「平成ガメラ」、「ローレライ」などの特撮が得意な樋口監督作品ですからVFXが満載。冒頭の秀吉の水攻めシーンに始まり、忍城各門での戦い、そして忍城水攻めシーン。SF映画が得意な監督ですから、合戦のシーンも正木丹波守や柴崎和泉守の槍さばきが大袈裟になってレッドクリフみたになっていますが、時代活劇映画ですからこれ位やらないとね。最後はあっけなく史実通りになりますが、ピシッと映画を締めてくれるのは、やはり「野村のぼう様」でした。

2011年作品。145分。
・出演:野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩一、山崎智充、成宮寛貴、上地雄輔、山田孝之、市村正親
・監督:犬童一心、樋口真嗣
・音楽:上野耕路
・主題歌:「ズレてる方がいい」 エレファントカシマシ
・原作:「のぼうの城」 和田竜

【オフィシャルサイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】 【主題曲をレンタルする】 【電子書籍で読む】






<石田三成>
 豊臣秀吉の側近で有能な事務官、そして天下分け目の関が原の戦いの西軍の中心人物。と、誰もが知っている歴史上の有名人でありながら、いまいち人気が無いのか、映画での登場回数は少ないです。まして「のぼうの城」のようなメインキャスト作品は、なかなか見当たらないですね。ちなみに、石田三成が登場する作品は、要潤さん演ずる「GOEMON」('09)、日本舞踊の花柳錦之輔さん演ずる「梟の城」(‘99)、歌舞伎役者の坂東八十助さん演ずる「利休」(‘89)などがあります。
  


スポンサーサイト

コメント

こんにちは

埼玉県行田市に蕎麦を食べに行ったついでに、
のぼうの城(ロケ地ではなく、現地)めぐりをしたことがありました。
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
よかったら、見にきてください。

Re: こんにちは

拝見させていただきました。再現された鐘楼や天守閣などがあるのですね。石田堤跡もあるなんて、是非行ってみたいと思います。実は結構近くなんですよね。そして、そばの方が魅力的なのは何故かな(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR