FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀忍法帖



 戦国時代、大名三好家の重臣松永弾正(中尾彬)は主君の妻右京太夫(渡辺典子)に横恋慕して自分のものにしようと、幻術師果心居士(成田三樹男)と5人の妖術坊の力を借りる。妖術坊たちは、右京太夫の双子の妹のくノ一篝火(渡辺典子)をさらい、彼女の涙で媚薬を作ろうとするが、篝火は自害してしまう。しかし、妖術坊は、篝火の首と松永弾正の愛妾漁火(美保純)の首をすげ替え媚薬を作ることに成功するが、篝火の心を僅かに持った漁火は、篝火の恋人であった伊賀忍者笛吹丈太郎(真田広之)のところに媚薬の入った茶釜を盗み手渡す。そして、茶釜を狙う妖術坊と復讐に燃える丈太郎の戦いが始まる。

 奇抜な忍法が繰り出される山田風太郎氏忍法帖シリーズ原作作品で、JAC時代の真田広之さん、角川三人娘の渡辺典子さん主演のアイドル角川時代劇です(渡辺典子さんデビュー作品)。物語は戦国時代に悪党と呼ばれた(将軍殺し、主君殺し、大仏焼き討ち)松永弾正が、主君の妻に横恋慕して、幻術師果心居士の力を借り自分のものにしようと企む色欲もの。その弾正の手助けをするのが忍法帖シリーズ定番の忍法使いたちで、この作品では5人の妖術僧が登場し、奇抜な忍法を映画の中で披露します。鎌をブーメランのように飛ばし操る術、処女の涙から作る100%相手を好きにさせる媚薬調合術、首をすげ替える術、固着する液体を吹き付ける術、不死身医療術、指から針を飛ばす術、などなど(忍法とは言いがたいものもありますが・・)。この妖術坊に寅さんの寺男佐藤蛾次郎さん、レスラーのストロング金剛さん、5万回斬られた男福本清三さんなど、役と同じ曲者を揃え味を出しています。そして立ち向かうのは当時アクションアイドルの真田広之さん演じる伊賀忍者丈太郎。だけども妖術坊たちの方が強い!丈太郎は、最初にあっさり殺されかけ、その後もまんまと色仕掛けで囚われたり、いいとこ無し。でもアイドル映画ですから、途中から見違えように、やっつけまくりますけどね。また、この映画、家族や女の子同士が観るであろう作品なのに濡れ場が多い。それも処女の涙から媚薬なんて。流石に渡辺典子さんには、させられないから、忍法で首をすげ替えた美保純さんが代役として濡れ場へ。その後も濡れ場は多いし裸体も多いし、もしかしたらアイドル映画ではなかったのかも・・。また、この頃の時代劇ですから、出演者が綺麗過ぎ。まるで仕立てたばかりの綺麗な着物で、大名ならまだしも、忍者の丈太郎やくノーの篝火までもいい服を着て、何度も別の着物にお色直し。やっぱりアイドル時代劇か・・。でも時代劇好きには堪らない服部半蔵や(活躍しないけど)、松永弾正(ここで死ぬの?)、果心居士(驚きの成田三樹男)、柳生十兵衛の祖父の柳生新左衛門など、マニアック歴史人物を登場させているのはなかなか。それも柳生十兵衛=千葉真一さんが新左衛門とは、いいキャスティングですが、どうみても途中から影の軍団服部半蔵になっているのにはビックリです。そして、もちろんアイドル映画ですから、悪をやっつけ、最後には丈太郎と篝火の姉とが、いい仲になってめでたしめでたしになるのですが、二人を結びつけることになった理不尽に亡くなった篝火が浮かばれない。と思うのは私だけでしょうか。

1982年作品。100分。
・出演:真田広之、渡辺典子、千葉真一、中尾彬、成田三樹男、美保純
・監督:斎藤光正
・音楽:森田富士郎
・主題歌:「愚かしくも愛おしく」 宇崎竜童

【この作品をレンタルする】





<忍法帖の世界>
奇抜な忍法が繰り広げられる山田風太郎氏忍法帖シリーズは、何作か映画化されています。まずは、柳生十兵衛と天草四郎率いる魔界衆の戦いを描いた「魔界転生」('81,'03)、甲賀忍者と伊賀忍者の戦いにロマンスを加えた甲賀忍法帖原作の「SHINOBI」('05)、お色気たくさんの「くノ一忍法帖シリーズ三部作」('64-'65)、その他「江戸忍法帖 七つの影」('63)、「月影忍法帖 二十一の瞳」('64)があるみたいです。

  

スポンサーサイト

コメント

こんにちは。ひじょうになつかしいです、確か高校生の頃に映画館へ見に行きました。草刈正雄の「汚れた英雄」と二本立てだったような記憶があります。

こっち目当てで見に行ったのに「汚れた」の方がインパクト強くて、内容はそれほど印象に残ってないんですが渡辺典子が綺麗な子だなあというのは残りましたね。角川三人娘じゃいちばん美人だと思ったんですが大成しなかったのは残念でした。

Re: タイトルなし

そういえば、昔は二本立てでしたね。

当時勢いがあった懐かしの角川映画、久々に観ましたが記憶が曖昧で結構憶えていなかったです。
「汚れた英雄」をはじめ80年代シリーズをまた観たくなりました。

たまに、2時間ドラマとかで見かけますね渡辺典子さん・・

真田広之の相手役

こんにちは
この映画確か、真田広之の相手役のオーディションの時、渡辺典子と原田知世が上位に残って、役柄には原田知世は若すぎるので渡辺典子が相手役に決まったそうです。
原田知世は後にテレビドラマの「セーラー服と機関銃」で女優デビュー。
渡辺典子はこの映画で女優デビュー。
との記憶があります。

Re: 真田広之の相手役

そうだったのですか。
確かに、原田知世さんとこの映画のイメージは結びつきませんね。
原田知世さんだったら、もっと子供らしい映画になったのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
610位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。