てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜



 沖縄の海を愛するケンジ(岡村隆史)は、幼馴染のユーリ(松雪泰子)と結婚してサンゴバーを成功させるが、開発によって自然が失われてゆく海を憂いてバーを辞めてサンゴの養殖を始める。しかし、それは誰一人成功したことがない試みで、挫折を繰り返しながらも家族と仲間に支えられて一歩一歩夢に近づいてゆく。

 「てぃだかんかん」沖縄の言葉で、太陽がさんさんと降り注ぐみたいな意味のようです。この「てぃだかんかん」のもとで育ち、その感性を自然から受け継いだ夫婦。沖縄の海と生き物が大好きでそれ以外はダメな男ケンジ(母からは欠陥品と言われている)=岡村隆史さん、そんな普通でないケンジに幼い頃から魅力を感じている奥さんユーリ(人魚がいると信じている)=松雪泰子さんが、開発によって自然が失われてゆく沖縄の海を再生させるためにサンゴの養殖に全身全霊をかけるものがたりです。でも養殖ですから作業も映像も、沖縄の海なのにやけに地味。青く澄んだ空と海は見せますが、ほんの海の中の一部でチマチマと作業をしているので、途中まではそれほど盛り上がらずに、時はなんとなく過ぎていきます。ただ、登場人物が「○○さー」など、おっとりした喋り方のため、沖縄のノンビリ感が伝染して、こちらもノンビリ構えてしまいましたが・・。後半からは学会でのパッシング、海開発事業、借金とケンジの前に次々難題が立ちはだかり話しは盛り上がりを見せ、ケンジの葛藤と逆境、そしてそれをはねのける逆転ホームランを目指す展開に進んでいきます。その間にも、良き妻や仲間たちの隠れたサポートなど、しっかり夫婦愛や友情もさりげなく盛り込まれています。また、キャスティングも、岡村隆史さんらしいポケーッが様になる演技、普段はのんびりしているのに切れたときは容赦ない本気殴りの松雪泰子さんの気迫に満ちながらもどこか愛情が伝わる演技、なにかあるごとにグーパンを与えるケンジの母=原田美恵子さんの豪快演技、と味のある登場人物に出来上がっています。映画としは、よくある展開のストーリーですが、魅了のある登場人物たちによりプチ(?)感動映画になってるかな。

2010年作品。120分。
・出演:岡村隆史、松雪泰子、吉沢悠、國村隼、原田美恵子、伊賀明賢、赤堀雅秋、渡部篤朗、長澤まさみ
・監督:李闘士男
・音楽:coba
・主題歌:「希望という名の光」 山下達郎

【予告編】 【映画の舞台のサンゴ畑のHP】 【この作品をレンタルする】

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR