FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトレイジ ビヨンド



 先代を殺された山王会は加藤会長(三浦友和)のもと勢力を伸ばしていた。その山王会を潰すために、片岡刑事(小日向文世)は、関西の花菱会と火種を起こす策略を練る。そして、その舞台に仮出所した山王会に恨みをもつ元大友組組長(ビートたけし)を引き込み、大友はその抗争に巻き込まれてゆく。

 『全員悪人』このコピー通り、ワルばっかりの北野武監督アウトレイジの二作目です。前作で組を潰され仲間を殺されたうえに刑務所に収監され、ラストで敵対する男に刺されるといったドン底ヤクザ元大友組組長=ビートたけしさんが再び登場。しかし前作みたいにシマを取るとかタマを取るとかのギラギラ感は薄れ(前作でもイヤイヤだったかな)、学校の後輩の片岡刑事=小日向文世さんに無理やり乗せられ担がれる形で抗争に再び足を踏み入れます。前作での歯医者やサウナでの凶暴性は内面に潜ませ、一皮被って一歩引いた感じが伺えますが、その深層に潜ませた復讐心は所々に狂気と共に顔を出し最後まで消えることはありません。そして他の登場人物たちもやっぱり悪人。建前は仁義をうたっていますが、内心はいかに上を潰して、のし上がることを常に考えているような、薄い氷上での欺瞞の醜い駆け引きに満ち溢れています。だから、一歩ボロが出ると氷の下にすぐ落とされる緊張感が常に漂っています。隙あらば躊躇なくズドンですから。この悪人たち、三浦友和さん、加瀬亮さん、田中哲二さんとどちらかといえば悪役が少ない役者さんの悪人演技ギャップと、悪人が似合う(悪人面?失礼)中尾彬さんや塩見三省さんや、ボスキャラが似合う神山繁さんや西野敏行さんなど、悪といっても様々なワルキャラが登場するのもこの映画の見せ所となっています。もちろん皆ワルですが。特にインテリヤクザの加瀬亮さん。ずっと弱々しく人がいい役柄が多く、「SPEC」瀬文刑事役で違う方向に脱皮したなと思ったら、いきなりインテリヤクザなのに実は狂犬ヤクザ役にびっくり(口と頭だけで弱そうですがね)。しかし、彼ら悪人たちは因果応報のように死への道へ、それも惨い刑罰のような仕打ちが待ち受けているのも、この映画ならでは。そして今作品の裏の仕掛け人片岡刑事も、この運命からは逃れられるわけは・・ないですよね。やっぱり。

2012年作品。112分。
・出演:ビートたけし、三浦友和、加瀬亮、小日向文世、西田敏行、名高達男、桐谷健太、高橋克典
・監督:北野武
・音楽:鈴木慶一郎

【公式サイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】 【サントラをレンタルする】 




<北野武監督以外のビートたけし>
自らメガホンと取る作品では、凶暴性を持ったヤクザ役が定番となっていますが、他監督が撮るビートたけしさんも、凶暴性、狂気に満ち溢れています。ジャージを穿いて拳銃を乱射する殺し屋らしくない凄腕の殺し屋「GONIN」('95:石井隆監督)、極道からも恐れられる暴力男「血と骨」('04:崔洋一監督)、生徒達の殺し合いを監視する教師('00:深作欣二監督)など、北野監督作品とはまた違ったビートたけしさんが観れます。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
594位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。