劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL



 FBIで犯罪捜査をするサヴァン症候群アタル(中居正広)が所属するSPBが爆破される。時同じくして東京で高圧電流を用いた殺人事件が発生し、捜査一課の沢主任(北村一輝)が捜査に乗り出す。そこに元刑事の蛯名舞子(栗山千明)とアタルも捜査に合流するが、その裏には、かってアタルの同僚そして友であったマドカ(堀北真希)の影が見え隠れする。

 FBIで事件捜査をするサヴァン症候群の青年(?)アタル。テレビドラマで一役有名になった作品の劇場版です。本編では、アタルと同じ時期に訓練を受け信頼し合い一緒に事件を解決した仲間そして友にも関わらず、ある事をきっかけにアタルを敵対視する女性マドカが現れ、彼女が巻き起こす高圧電流を用いた遠隔操作犯罪そしてトラップに捜査陣が翻弄されます。今までならアタルが事件の解決の糸口を探りあてる役目なのですが、マドカに陥れられ容疑者として拘留されてしまいます。この大胆でいて緻密な犯罪者マドカに堀北真希さん。ある事件で逮捕され格子に歯を打ちつけ折り、血だらけの形相を見せたり、その折れた歯の代わりに銀色の歯を入れニンマリする姿はあの美貌からは想像できない狂気を引き出しています(でも踊る大捜査線のキョンキョンとかぶり二番煎じかも)。またマドカが起こす事件と捜査陣、アタル不在の中での展開がスピーディーではなく、途中からよく流れがわからなく点は難でした。どうも、元刑事蛯名舞子=栗山千明さんと現刑事沢主任=北村一輝さんのショートコントがうまく回らないにも関わらず頻繁にインサートされて、話の展開の邪魔をしていたような気が・・。もっとサスペンス性を高ければな・・。そういえば、一人場違いのような車椅子の女性管理官星=松雪泰子さん。彼女だけがシリアス調で、話をキュット締める役かと思いきや、いきなり挨拶で机に頭をゴン、そのボケはいらんでしょ。どうも、テレビドラマではうまく噛み合っていたサスペンスとコメディのバランスが映画版ではいまいち機能しなっかたようです。それにしても、いつもはアタルの驚異的な記憶力による解決パターンが、今回は鑑識たちの調査力・分析力が上だったような気もして、アタル活躍した?今回はマドカへの愛情・友情が、彼女を救ったってことなのかな。と少々物足らなかったです。

ちなみに一緒に観たヨメは、「テレビでいいんじゃないの」、「日本とアメリカ簡単に移動しすぎ」、「話しが途中からよくわからない」と正直な感想をのたまってます(笑)。

2013年作品。120分。
・出演:中居正広、堀北真希、栗山千明、北村一輝、松雪泰子、村上弘明、田中哲司、島崎遥香、光宗薫
・監督:木村ひさし
・音楽:河野伸

【公式サイト】 【予告編】



<サヴァン症候群>
自閉症の中である能力だけ驚異的に突出していることで、アタルの場合は記憶力で、五感で感じたことを全て記憶しています。他の映画では、アカデミー賞受賞作品の、やはり物凄い記憶力の自閉症の男性が登場する「レインマン」('89日本公開:ダスティン・ホフマン、トム・クルーズ)が印象的でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR