学校の都市伝説 トイレの花子さん





 「トイレの花子さん」が出ると噂されている小学校に、卒業生の沢口美香(相澤仁美)が新任教師として赴任してくる。そして仁美は立ち入り禁止のトイレに足を向けてしまいその扉を開いてしまう。
 前任の教師の代わりに急遽赴任してきた新田浩一(山口翔悟)は、いじめがあることに気づき、事実を確認するためにトイレに入るが、ある扉から異音がするのを感じる。

 題名からしてBいやC級ホラー映画だとわかっていたけど、つい観てしまいました。映画は、「トイレの花子さん」=昔いじめれて自殺した少女の霊で、この霊が唯一仲良くしてくれた同級生を巻き込み、他の同級生が集まるイベント(タイムカプセルの掘り出し)に焦点を合わせ復讐しようとするストーリーです。いじめられっ子の復讐ホラー映画は「キャリー」('76米)、「デビルスピーク」('81米)、「案山子男」('03米)などあり、大抵は自分で復讐するのがスジ(?)のはずですが、この花子さんは自分で手を下さないで、同級生の新任教師を巻き込み復讐しようとする悪質霊(霊に悪質ってあるのか?)。最後の復讐手段は、これですか・・。もっと霊パワーとか使って復讐すればいいのに・・。予算の関係?というショボイ復讐劇。そして、どうも少女霊の露出が多く(さりげなくではなく堂々と登場)、観客を驚かせようとか、怖がらせようとかのセンスは感じられず。映画の区切りごとに入る、人物名のテロップは、まさに「呪怨」のパクリ(質は雲泥の差がありますが)。まあ、ストーリーとして、卒業生が新任教師として赴任してきて卒業時と変わらない校舎と見知った先生、更に別の先生が赴任してきて新校舎と長年この学校にいる校長と、時空の差を表現するためと考えれば、わかりやすい区切りなのかもしれません。キャストは、新任教師にグラビア出身の相澤仁美さん。確かにグラビア出身らしく、はちきれそうな・・。もう一人の新任教師は、特撮出身で近年ではTV「ハンチョウ」に出ていた山口翔悟さん。この手の映画なので演技は臭いほうがいいのです(ほめてるつもりです)。で、意外と子役達の演技が良かったりするのもご愛嬌。とまあ予想通りの出来でした。やっぱり1995年の「トイレの花子さん」の出来が一番良かったかも、おっと最近「新劇場版」なるものも作られたみたいだ。

2007年作品。
・出演:相澤仁美、山口翔悟、金城成美、坂野真理、桑名理瑛、大森博史、水木薫
・監督:吉田浩太

【この作品を見る(有料)】

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR