恐怖





 集団自殺サイトで集う若者たち。その中に医師みゆき(中村ゆり)の姿もあった。彼らは集団自殺するが気を失ったところで、怪しいバンが彼らを人里離れた病院に連れ込み、人体実験をさせられることになる。その人体実験の医師はみゆきの母であった。一方、みゆきの妹かおり(藤井美菜) は、姉の行方追ううちに失踪の裏に母の影があることに気づく。

 「感染」から始まったJホラーシアターの最終作品(第6作目)。冒頭から描かれる脳への人体実験のモノクロ画像に、集団自殺者と怪しげな人里離れた病院と不気味な医師と看護師たち。いかにも、Jホラーシアターらしい人の心に不安を抱かせるかのような映像の数々。と期待はあったのですが、とにかく意味が分からない。この映画のポイントとなる白い物体って何?被験者や周りのものに与える恐怖って何?所々、飛び飛びの時間軸になって展開がわかりづらい。過去の出来事と現実の出来事の交差は何を意味しているのか。そしてラストのこのあっさりとした展開は、何を見せたかったのか語りたかったのか、最後まで不可解な内容でした(自分の理解力がないだけかな)。キャストは2時間ドラマの女王、片平なぎささん。マッドサイエンス的医師の無表情で冷徹で、自分の追求する出来事しか興味がなく手段を厭わない怖さは存分に出ていました。姉の失踪の謎と自分の過去に翻弄される藤井美菜さん、可愛いです(それだけ?)。そして謎の看護師の中に吉野公佳さんがいるじゃないですか。最近見なくなったと思ったら、病的看護師役とは・・。と全然違うところに目がいってしまうくらい難解作品でした。

2010年作品。94分。
・出演:藤井美菜、中村ゆり、片平なぎさ、日下部そう、斉藤陽一郎、吉野公佳、長宗我部陽子、郭智博、波多野桃、松嶋亮太、高橋長英
・監督:高橋洋
・音楽:長蔦寛幸

<Jホラーシアター>
東宝配給のホラー監督6作品。「感染」('04:落合正幸監督)、「予言」('04:鶴田紀男監督)、「輪廻」('06:清水崇監督)、「叫」('07:黒沢清監督)、「怪談」('07:中田秀夫監督)、「恐怖」('10:高橋洋監督)

【この作品をレンタルする】


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR