惑星大戦争



 ある日全世界に未確認飛行物体が数多く目撃されるようになり、未完成の宇宙船「轟天」開発者から設計図を奪おうとする人物が現れるが、その人物の正体は地球を侵略しようとする宇宙人であった。その後、未確認飛行物体からの攻撃が始まり、国防軍は「轟天」の完成を目指し、スタッフを招集する。そして、「轟天」は敵秘密基地である金星に向け出撃する。

 1970年代後半、「スターウォーズ」、「未知との遭遇」など、それまでにないクオリティーの高いSF映画が登場した時代に、サブタイトルが「THE WAR IN SPACE」ですから、思い切りそれらの作品を意識して作られたのでしょう。が・・、出来は東宝のお子ちゃま怪獣映画の域を脱しておらず、稚拙なストーリーとお粗末なデザイン・特撮に海外との差を恥ずかしく思えてしまうくらいです(とほほ)。日本の特撮、特にミニチュアにおける「日本沈没」のような自然災害や、「東京湾炎上」のような爆破シーンの技術は優れているのかもしれませんが、いかんせん空想メカのデザインのセンスが無さ過ぎ(ある時機からのデザインセンスはスゴイですが)。侵略宇宙船は、無理やりローマ船をモチーフにしたブサイクさ。一方迎え撃つ地球防衛船は、「海底軍艦」をリスペクトした轟天で、「海底軍艦」に登場した独特のデザインの万能戦艦が宇宙船になり、前部のドリルをはじめ全体的にダサくなっています(なんでこうなっちゃうかな)。宇宙人のボスもダースベーダーに対抗してローマ風?そしてチューバッカーを意識したかのようなボディーガード。ストーリーは、敵宇宙船に対抗できる唯一の宇宙船轟天に、森田健作、沖雅也、宮内洋など、やる気満々若手スタッフを集めて、敵秘密基地に向け出撃しますが、スタッフがいとも簡単に死んでゆき、一瞬悲しむも、すぐに忘れられてゆく。最後は残った男女が見つめあうといった、お命軽視の典型的な作品(ほとんどメイン級を殺してるよ)。そして、お子ちゃま映画には、そぐわない拉致された浅野ゆう子さんのセクシーボンテージはサービスなのか、はたまた作製スタッフの趣味だったのかは?です。

1977年作品。91分。
・出演:森田健作、浅野ゆう子、沖雅也、宮内洋、池部良、新克利、大滝秀治
・監督:福田純
・特技監督:中野明慶
・音楽:津島利章

【予告編】 【この作品をレンタルする】


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR