Laundry ランドリー



 脳に障害をもったテル(窪塚洋介)は、祖母のコインランドリーで下着が盗まれないように監視をする仕事を与えられていた。ある日、コインランドリーを利用する女性(小雪)の忘れ物を家まで届け知り合うが、女性は故郷に戻ってしまう。そして突然、祖母が騙されコインランドリーとテルの仕事も失ってしまう。テルはコインランドリーに残された女性の忘れ物を見つけ、再び届けに行くことを決心する。

 脳に障害をもった青年テル=窪塚洋介、心に傷を負った女性水絵=小雪。この二人の楽しくもあり切なくもある物語です。映画はテルのコインランドリー監視生活から始まり、コインランドリーを利用する人々とのほわっととして普段通りの情景を描き、次に水絵の心に深い傷を負わせる過去の出来事、そして実家にいても安堵のない辛い情景を描きます。そして、テルが水絵に忘れ物を届けたという事だけが二人の接点となっていましたが、コインランドリーを失い再び忘れ物を届けることを決心するテル。てっきり忘れ物を届けるロードムービーになるのかとおもいきや、一人の男の登場が二人のこれからの人生を大きく変えていくことになります。脳に障害をもっているために記憶力がなく、ものごともうまくできないテル役の窪塚さんの子供のような視線と言動には、無理やり作ったキャラ感でない自然な屈託のない少年=青年を感じます。小雪さんは薄幸をまとった雰囲気を常に漂わせ、ときおり見せるその薄幸から抜け出そうとするもがきが痛々しく感じる様子まで伝わってきました。家事を終えすがすがしい気持ちと陽気に誘われテルと二人で散歩に出る。楽しいひとときを過ごすが、突然のどん底が襲ってくる薄幸パワー。でも、この薄幸を和らげる薬がテルであることは随所に見られ、ラストでもやっぱりテルの純粋な気持ちと言葉が彼女を包み込む様はほっとさせられました。

・出演;窪塚洋介、小雪、内藤剛、西村理沙、田鍋謙一郎、角替和枝
・監督:森淳一
・音楽:渡辺善太郎・・他音楽作品は「今度の日曜日に」、「重力ピエロ」。
・主題歌:「Under The Sun」 atami 【PV】

<言葉>
・「想像してごらん」:テルが水絵に現実にないものを手に入れるときに言う言葉。ショッピング中そしてラストに。
・「勘違いするなよ。俺は別にやさしいわけじゃないんだぜ。ただ、少しお前が気に入ったから。それだけのことだよ」:サリーがテルや水絵に親切にするときに言う。

<ガスタンク>
テルと水絵がそれぞれいつも見ている不安な気持ちで見ているガスタンク。都営三田線高島平駅近くの東京ガス板橋整圧所。

大きな地図で見る


【詳細】【予告編】【この作品をレンタルする】

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
27位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR