FC2ブログ

TATTOO<刺青>あり



 大阪で発生した銀行人質事件犯人の検死体には胸に牡丹のTATTOO<刺青>があった。その犯人は竹田明夫(宇崎竜童)30歳で、15歳の時に強盗殺人を犯した後、キャバレーのボーイ、マスター、取立屋などを経て、30歳までに大きなことをしようと誓っていた。

 あの銀行人質事件の模様がメインかと思いきや、ほとんどそのシーンは無く、あの独特な帽子とにサングラスに猟銃を抱えた男がほんのワンカット登場する程度でした。映画のメインは、犯人竹田明夫の、やさぐれ半生で、15歳で強盗殺人を犯してから悪びれることなく、自分の好きなように生きてゆく様を描いています。この男に宇崎竜童さん。もともと凄みオーラがあり、演技の悪ぶりも素晴らしいので、まるでこの人が本当の犯人ではと錯覚してしまうほどです。たぶん、あの事件の名を聞くと、まず宇崎さんの顔が浮かぶでしょう。そして竹田の愛人の三千代役に関根恵子さん。やっぱり綺麗です。でも映画の中でも言われているように、男をダメにする危なげな薄幸さの匂いがするところも、その綺麗さならではなのかもしれません。映画自体は、自分勝手な男の生活を描き、粋がりや見得やそのしつこさの人物像を強く出せば出すほど観ている側には嫌悪感や不快感を与える出来となっていて、作り手側の狙いにはまってしまいました。

1982年作品。107分。
・出演:宇崎竜童、高橋恵子、渡辺美佐子、矢吹二郎、ポール牧、植木等、原田芳雄
・監督:高橋伴明
・音楽:宇崎竜童
・主題歌:「雨の殺人者」 内田裕也&トルーマンカポーティロックンロールバンド、「ハッシャバイ・シーガル」 宇崎竜童

【詳細】【予告編】 【レンタルする】

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
52位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR