スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残穢 -住んではいけない部屋-

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 読者の怪奇体験をもとに実話怪談を書く作家わたし(竹内結子)のもとに、ひとりの女子大生久保さん(橋本愛)から手紙が届く。それは引っ越ししたマンションの部屋に、畳を擦るような音がして何かがいる気がするという内容であった。そして半年後に続報の手紙が届き、擦れる音は着物の帯のようで、不思議な光の球体が映し出された部屋の写真も送られてきた。ふと、わたしは、そのマンションの名前に見覚えがあることに気づき、投稿の手紙の束からひとつの手紙を探し当てる。それは2年前に送られてきた手紙で、同じマンションの別の室でも同じように擦れるような音がし、子供がその部屋を凝視して「ぶらんこ」とつぶやいたという内容であった。その後も久保さんからその音にまつわる手紙が届き、いつしか久保さんと電話で話しをするようになる。そして、マンションで過去自殺者がいないこと、前の住人が別のアパートで自殺して赤ん坊の声を気にしていたこと、隣の住人が公衆電話からのいたずら電話に悩まされていること、など聞かされ、マンションが建つ前になにかがあったのではと思い始める。やがて、わたしと久保さんは土地の過去を調査し始め、以前その土地に住んでいた人々の異常な話しを聞くことになる。

 当事者の回顧録のぼそぼそとしたナレーションから始まる、昔よくあった夏の怪奇現象再現ドラマのようなストーリー仕立てから始まります。あるマンションの一室の少しの異変。それはまるで箒で畳を擦るような音。その部屋に住むのは女子大生で、普通なら、ぎゃーっとなって彼女を怪奇現象の魔の手が襲いかかる・・のではなく、彼女は動じない。ミステリー研究会の部長ともあって、そのまま怪奇現象と同居して、その謎まで解明してしまおうと調査に乗り出し、さらにその経過を怪談作家に投稿してしまう。この肝の据わった女子大生を橋本愛さん。そして、読者の投稿をもとに怪談を書く作家で、この物語の語りべ役にもなっているわたしに竹内結子さん。竹内さんの、ぼそぼそとした語りが、陰鬱な雰囲気を増しています。
 そして物語は、このまま得体のしれない恐怖への序章の伏線が張られ、徐々にホラーへの展開を見せるのかと思っていましたが、途中から、あれ、ホラー?では、ないの?と、マンションが建てられる前のその土地の住人達の不思議な話の取材へと変わっていきます。その取材も1世代だけではなく、その前の土地の所有者、さらにその前の土地の所有者と遡り、奇妙な結末を迎えた人々がいたことが明らかとなり、過去を遡ることで、その世代だけでは奇妙だけで終わる出来事が、次々と繋がってゆく謎解きミステリーとなっています。まあ、これはこれで、ミステリーと割り切れば良しかな。そして陰鬱なこの過去探しと並行してマンションの住人と過去の住人に降りかかる災いも描かれ、過去から繋がる何か=「穢れ」に触れることで、未来をも蝕んでゆく恐怖へと広がりを見せます。そして、わたしと久保さんの調査に、同業の怪談作家平岡(佐々木蔵之介)と担当編集者、心霊マニア三澤(坂口健太郎)が興味津津に加わり、穢れの根っこ探しが、その土地を飛び越えてヒートアップしていきます。途中参加の連中は怪奇好きとあってどこか明るく楽しそう、でも、もちろん彼らも穢れに触れてしまっていますが・・。そして最後になって案の定、関係者に忍び寄る穢れ。ようやくホラー映画と化してきますが、肝心なシーンのCGがテレビぽい。もう少し力を入れて欲しかったな。これだけで、テレビ版の「本当にあった怖い話」や「世にも奇妙な物語」のロングバージョンになってしまいましたよ。

【予告編】【公式サイト】【小野不由美「残穢」特設サイト】

2016年公開。107分。
・出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、遠藤賢一、坂口健太郎
・監督:中村義洋
・音楽:安川午朗
・主題歌:「Strong Fate」和楽器バンド
・原作:「残穢」小野不由美


スポンサーサイト

箱入り息子の恋



 市役所の資料課勤め13年の天雫健太郎(星野源)。昼食は自宅に戻り取り、終業とともに真っ直ぐ自宅に帰り、友達は0、趣味は格闘ゲームと貯金。そんな彼の将来を心配した両親(平泉成、森山良子)は、隠れて代理お見合いに参加する。そこで、清楚な美女の写真を持参した今井夫婦(大杉漣、黒木瞳)と知り合うが、今井は健太郎を娘を任せられる男と認めず見合相手から外す。そんなことが密かに行われていることを知らない健太郎は、ある雨の日にこちらを見つめひとり佇む女性を見掛け、勇気を出して傘を手渡し土砂降りの中を走り去る。傘を受け取ったのは、あの写真の今井奈穂子(夏帆)で、彼女は目が不自由であった。

 自分に自信を持てず人との係わり合いを避けて生きてきた健太郎。病気で視力を失い両親に大切に育てられてきた奈穂子。普通なら出会わない2人が、代理お見合と雨の恵と健太郎のちょっとした勇気、そして健太郎両親のある頑張りから、運命のように巡りあうラブストーリーです。ラブストーリーと言っても、極度のあがり性で人との接触を避けていた健太郎と目が不自由な奈穂子ですから、普通の恋愛とは異なり、家族の協力なくしては進まない恋愛。そして2人の間に立ちはだかる菜穂子の父の障壁があり、家族ものがたりの要素が強いです。デートも奈穂子の母親が夫に見つからないようにこっそり連れ出し、少し遠くから微笑ましい2人を見守る。そのデートの食事シーンが洒落たレストランやカフェではなく、な、なんと牛丼吉野屋。またこの吉野屋が2人のキースポットになっているのも驚きです。なかなか映画では見られない吉野屋シーンで、温かい日差しがやさしく射し込む吉野屋のカウンターで、熱々の並盛牛丼にひとつまみの紅生姜をのせ、二人ならんで食べる。今まで味わったことがない感覚で美味しそうに食べる奈穂子演じる夏帆さん。これだけで吉牛食べたくなりました。ツユダクで。この吉野屋シーンは一度ではなく、もう一度登場します。でも2回目は2人仲良くではなく、別々に入り、周りの人々を驚かせるシーンになっているとは・・。そして、こんな吉野屋シーンからはまったく想像できないベッドシーンがあるのにも驚き。ぎこちないキスをして真面目な2人からは想像できないシーンが、こちらも2回登場しますが、しっかりオチがありストーリ展開に重要な役目を担っています。

 健太郎には星野源さん。生真面目で無表情なアップ、態度も生活もがちがち真面目な公務員を演じていて役に嵌っています。でも奈穂子との出会いで、自分自身に憤りを感じ爆発したり、奈穂子への気持ちが溢れ爆発したりと、そのギャップ演技がいいですね。目が不自由な奈穂子には夏帆さん。目が見えない役なので、違う方向一点を見つめながら演じる難しい役ですが、清楚な感じの美貌と合わさり可愛いらしさ爆発。さらに清楚らしからぬ積極的なベットシーンもあり、夏帆さんの魅力溢れる姿を見ることができます。「海街dialy」でもまた違う雰囲気の役で存在感があり、最近見たい女優さんのひとりです。健太郎の両親には平泉成さんと森山良子さん。奈穂子の両親には大杉漣さんと黒木瞳さん、この存在感のある4人なくして健太郎と奈穂子の物語は誕生しなかったでしょう。

 映画は健太郎と奈穂子のちょっとじれったい楽しいひとときを微笑ましく見させてもらえ、ある出来事からの2人の苦悩に心痛な気持ちになり、再び盛り上がる2人の幸せを分けてもらいと、2人を見守る住人のようになってしまいました。ラストは健太郎に取っては災難な姿で終わりますが、この姿でも2人はしっかり繋がり菜穂子の満面な笑顔が、これからの2人の楽しい人生が想像できました。

【公式サイト】【予告編】

2013年公開。
・出演:星野源、夏帆、平泉成、森山良子、大杉漣、黒木瞳
・監督:市井昌秀
・音楽:高木漣
・主題歌:「熱の中」高木漣 feat.細野晴臣

ルート225



 14歳のエリ子(多部未華子)は、なかなか帰宅しない弟ダイゴを探し行くように母から言われ、嫌々学校への道を戻り、公園でブランコに乗る弟を見つける。弟を連れ見知った道を家へと向かうが、ある曲がり角を曲がると、そこは、あるはずのない海岸であった。2人は慌ててもう一度公園に戻り家へと向かうが、途中でダイゴが少女に声を掛けられる。しかしダイゴは怯えたように後ずさりして姉の手を取り走り出してしまう。その少女は数年前に亡くなっていた。逃げるように家へ戻った二人がリビングの扉を開けると、温かいシチューだけが残され両親の姿はなかった。翌日2人は未だ帰らない両親に不安を覚え、いつもとどこか微妙にズレが生じていることを知り、パラレルワールドに紛れ込んでしまったのではないかと考え始める。

 パラレルワールド(並行世界)映画です。でも複雑なパラレルワールドではなく、その時空やストーリーはシンプルな作品です。話しは、帰宅しない弟を探しに行って連れて帰る途中でパラレルワールドへ迷い込んでしまうシンプルさ。何か、きっかけや予兆があるわけでもなく、突然、住宅街の家の角を曲がると、都内なのに海岸が出現(ここだけですねSFXは)。そして帰路途中での数年前に亡くなった少女との出会いで、まさにパラレルワールドへ。あとは、ほとんど元の世界と同じで、僅かにズレが生じている程度。でも、一番大きい違いは両親が家にいないこと。さっきまで夕飯を作っていた母親が、温かいシチューを残して神隠しのように消えている。これで舞台はできました。さらに、元の世界との繋がりを僅かに残し希望を与える。その繋がりは、ジャイアンツ高橋由伸選手(現監督)のテレフォンカード。それも打撃写真ではなく顔アップ写真(こんなのあるのか)。これだけが、元の世界の母と話しができる唯一のアイテムだけど、残り70円分のため、母の声を聞くのが精一杯で説明もできずに度数がカウントダウンされるだけ。さらに、迷い込んだときに、いつもと違うのは、弟ダイゴの、背中に「ダイオキンシン8倍!」とマジックで書かれたワイシャツ(ダイゴは捨てちゃいますが)、あとはルート225(国道225線)を跨いだこと(あれ都内設定のはずだけど実際の国道225線は鹿児島ですね)、姉が使えないピンクのビニール傘を持っていたこと、商店街のたこ焼き屋の前で焼き中のたこやきを覗き込んでいたこと、途中でエリ子の友人マッチョに会ったこと、などなど必要アイテムかと思わせるシーンを見ている側に印象づけます。もちろん姉弟たちも、そのアイテムの思いだしだし、元の世界へ戻る作戦をトライしますが・・。

 姉エリ子には多部未華子さん。少女らしさや可憐さとは程遠い、いつも面倒くさそうな女子中学生で、男言葉で口も悪い。笑みよりは、しかめ面や睨み顔が常。着ているのはドクロのTシャツ。素ではないかと思うくらい多部さん、エリ子になってます。この姉ちゃんに、幼さが残る中一ダイゴ(岩田力さん)が、姉にいじられ、不安でビビリながらも、姉を頼りにしてしまいます(実際は姉が弟を頼りにしていますが)。他にあまり登場シーンは少ないですが、姉弟の母を石田えりさん、父を嶋田久作さん、伯父を崔洋一監督が演じています。

 そして、なかなか戻れないエリ子が、異世界の写真を撮ると、そこに映し出されていたのは・・。なんて、SFぽいシーンが挟まれ、別の世界にいても家族の繋がりを求めるエリ子とある思いを決意するエリ子の成長が、描かれています。ラストは、こう来ましたかの展開。まあ、これもありかな。ここだけは現実っぽいですね。でもこのシーンで多部さんの笑みが見ることができました。

【予告編】

2006年公開。101分。
・出演:多部未華子、岩田力、岩原祐太、石田えり、嶋田久作、崔洋一
・監督:中村義洋
・音楽:江藤直子
・原作:「ルート225」藤野千夜

ポテチ



 空き巣の今村(濱田岳)は、プロ野球選手尾崎の家に忍び込み、くつろいで野球を見ていた。そこへ、助けを求めるかのような意味ありげな女性からの電話が掛かってくる。今村は、尾崎の代わりに彼女を助けようと決心する。今村は尾崎と同じ地域出身で、誕生日そして生まれた病院も同じで、熱狂的な尾崎ファンであった。そして、今村が女性の所へ顔を出すと、女性はしつこい男性に付きまとわれて困っていることを告げる。そこにその男の車が到着して今村が男に所に詰め寄ろうとすると、突然女性は逃げ出し、男の車も急発進して逃げ出す。なにか裏があると感じた今村は、探偵の黒澤(大森南朋)の助けを借り調査を開始する。

 「アヒルと鴨のコインロッカー」、「フィッシュストーリー」、「ゴールデンスランバー」に続く、原作伊佐幸太郎氏+中村義洋監督作品の1つです。舞台は今までの作品でもロケ地に選ばれた同じ仙台。音楽は過去2作品に続き斉藤和義さん。そして主役は、過去3作品に出演した濱田岳さん。と全てが揃い、あの独特な雰囲気と間を持ったサスペンス(?)+ヒューマンドラマが再び登場です。
異常なほどプロ野球選手尾崎ファンの今村が、尾崎宅に忍び込み何かを取るわけでもなく、筋トレマシンを使ってみたり、尾崎が所属する野球チームのテレビ放映をソファーで見たりと、くつろぐ。その横には同棲相手の若葉が不思議そうにその仕事ぶりを見ているが、そこへ突然の電話コールで飛び上がるほどに驚く二人。さらに、留守電話に吹き込まれてゆくのは、女性から助けを求める声。一瞬の間の後「よし、忘れよう」と一度は声を出すものの、そのまま電話の女性のもとに向かってしまう二人。実は電話コールの後に、別のエピソードが挿し込まれ、彼女を助けようとする理由が描かれます。ここまでは、困っている女性を助ける正義(?)の空き巣の話となりますが、この女性が突然逃げ出したことから、ちょっとだけサスペンスモードへと展開。ここに、空き巣今村とプロ野球選手尾崎との不思議な繋がりと真実を絡ませ、今村の尾崎「愛」の理由が明らかになっていきます。

 空き巣今村には濱田岳さん。彼の相反する淡々と熱いが融合した喋りかたが、いつもながらいい味出しています。なにをやってもダメな人間だったなんて思えない行動力と熱い男、そして優しさを兼ね備えた人間像もいいですね。突然、「凄いことに気付いてしまったんだけど」と言って、学校で習う当たり前の法則に気付く鋭さもあります(知らなかったの?と周りの人間は唖然としますが)。そして、今村の彼女若葉には木村文乃さん。綺麗ですね。でも平気な顔で中年オヤジが話しそうな下ネタを喋って男共を引かせたり、「ぶっとばすよ」が口癖のギャップがなかなかいい。それでいて、今村を見る優しい目の女性らしさ。腹が立ったらお腹が空いてポテチ(ノリ塩味とコンソメ味)を食べる2人の掛け合いもなかなか。この2人を見守る頼りになる空き巣兼探偵黒澤に大森南朋さん。表情を変えずに喋るが、人を脅すときには、笑みを交えながら淡々と事を進めてゆく怖さがあります。そして中村義洋監督が役者として登場しています。役は空き巣今村のボス。ちょい役ではなく、今村と若葉を取り持つ重要な役柄。そしてエンディングロールの中でも、最後を締める重要な役柄で登場します。そして中村義洋監督の重要なスローモーションシーンのバックを通る女性は、竹内結子さんですね(3秒間のエキストラだそうです)。

 サスペンス性は低く流れは直ぐに分かってしまいますが、中村監督らしい今村(濱田)と若葉(木村)と黒澤(大森)の淡々とした3人の掛け合いと、今村のある思いを達成させるため陰ながら進むストーリーが楽しめました。

【予告編】

 2012年公開。68分。
・出演:濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、松岡茉優、阿部亮平、中林大樹
・監督:中村義洋
・音楽:斉藤和義
・主題歌:「今夜、りんごの木の下で」
・原作:「ポテチ」伊坂幸太郎


プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。