ほとりの朔子



 大学受験に失敗した朔子(二階堂ふみ)は、叔母の海希江(鶴田真由)の勧めで海が近い伯母の水帆の家に行く。そこで、伯母たちの知り合いの亀田父娘と甥の孝史(太賀)と出会い、ひと夏を過ごす。

 窓の外に海が見え隠れし、窓から入る夏の日差しを浴びながら電車に揺られる朔子。蝉が鳴き、遠くにゆっくりと回る風力発電の風車が望める坂道を、荷物を曳いて登る先は陶芸家の伯母の家。受験勉強の合間の短い夏休みをのんびりとした空間で、のんびりとした時間を過ごす朔子の物語です。勉強のことは忘れて、浜辺で波と戯れたり、庭の木々に水をやったり、自転車に乗って自然の中の川辺に行き、冷たい水の感触を楽しんだりと、のんびりモード。さらに登校拒否の高校生孝史と海で遊んだり散歩したりとゆったりとしたラブモードもあり、満更でもない様子。このまま時間が流れてゆく癒し系映画なのかと思っていましたが、朔子を取り巻く癒しの環境は、実は純粋なものばかりではないという現実の2面性が途中から描かれます。知り合いのおっさん兎吉(古舘寛治)の仕事はビジネスホテルの支配人。でもフロントはカーテンが垂れ下がりカウンターとのわずかな隙間がお客との接点。そのホテルは隠れラブホで、ホテルに入ってくるのは親子と見間違うほどの年が離れたカップル。叔母海希江(鶴田真由)の知り合いの西洋画研究者(大竹直)は、研究熱心な真面目な雰囲気。でも妻子がありながら女子大生辰子(杉野希妃)に「2人だけで休憩しよう」と誘う男、そして海希江とも恋人同士らしい。そして兎吉と海希江は元恋人同士で、朔子が怪しむ秘密の時間を共有している。孝史は震災の被害者でクラスメートの女子と恋へと発展するかと思いきや、反原発活動に巻き込まれてゆく。こんなのんびり空間とドロドロ空間が交差する中で朔子の安らぎや成長があったのかは、なかなか伝わってはこなかったですね。朔子=二階堂ふみさんの表情が現われないマイペースな雰囲気がそう感じさせているのかな。

【予告編】 【オフィシャルサイト】

2014年公開作品。125分。和エンタテイメント配給。
・出演:二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治、杉野希妃、大竹直、渡辺真起子
・監督:深田晃司
・脚本:深田晃司
・音楽:Jo Keita

スポンサーサイト

Millennium Falcon

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

さてさて、雑貨屋をぶらぶらして目に入ったのが、STAR WARSのミレニアムファルコン。
メタリックナノパズルという代物で、プラモデルのような金属パーツのシートが2枚中に入っていて、ニッパでパチパチとパーツを取り外して、パーツを組み合わせてラジペンで曲げてゆくと、なんとそれらしいファルコンのオブジェが完成。手先が器用でないので細部はいまいち綺麗に仕上げることができませんでしたが、それでも金属製のため高級感がありました。
やっぱり、スターウォーズのアイテムはいいです。

早く 「スターウォーズ フォースの覚醒」を見に行かねば。

falcon1

falcon2



プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
28位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR