スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本陣殺人事件



 五月間近の季節はずれの雪が降りしきる中、かつて大名の本陣が置かれた岡山の旧家で当主の婚儀が執り行なわれて、披露宴を終え初夜を迎えるべく離屋に下がる新郎新婦。その深夜、女性の悲鳴とかき鳴らされる琴の音と空気を引き裂く切れた弦の音が響く。慌てて親族が離屋に向かうと、中庭には怪しく光る日本刀が突き刺さり、離屋は内側から閂がかけられた密室。そして雨戸を打ち破ると、部屋の中は、不自然な手をして血に染まる白装束姿の折り重なる新郎新婦と、壁に三本の指でなぞられたような血の跡が残されていた。

まさに密室殺人事件。

ここに名探偵「金田一耕助」が登場。しかし、もじゃもじゃ頭のヨレヨレはかま姿の金田一ではなく、70年代のジーンズ姿の金田一(中尾彬)。髪の毛はかきむしっていますが、ごっついサングラスをかけイメージはまったく別人です。でも意外と渋さがあっていいかも。この70年代金田一が新婦の叔父に頼まれ現れると、あっさり警察の協力者になり、あっというまに現場検証すると遺留品を発見、そして殺人事件のトリックに関わる物的証拠にまで気付いてしまうほどの名探偵ぶりを発揮します。しかし、金田一の前に立ちはだかる、三本指男の謎の足取り、新婦の過去を知る女性の登場、当主の弟を襲う第二の事件、が難解の道へと誘う反面、真相へのヒントにもなっています。また当主の知恵遅れの妹が登場させて、彼女の言動で不安をいだかせますが、これもヒント。そして途中からは、ある人物の回想と金田一の推理が交差する形で、事件の真相とトリックと真犯人が暴かれていきます。

昔ならではの探偵推理モノは面白い。

アレ、音楽が大林宣彦監督だ。

【予告編】

1975年作品。
・出演:中尾彬、田村高廣、新田章、水原ゆう紀、東野孝彦、常田富士男
・監督:高林陽一
・音楽:大林宣彦
・原作:「本陣殺人事件」 横溝正史

スポンサーサイト
プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1028位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
38位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。