スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマータイムマシーン・ブルース



 真夏のうだる暑さの中、大学のグラウンドでまったりと草野球をするSF研5人の男子。そして彼らを被写体にカメラを構えるカメラクラブの女子。時おり、彼らを遠くから見つめる人影が見え隠れするが、夢中な彼らは気が付かない。やがて彼らはクーラーの効いた部室に戻り涼をとるが、ひょんなことからクーラーのリモコンを壊してしまう。翌日から暑さとの我慢くらべを強いられる彼ら。そこへ突然、マッシュルームカットの怪しい男とタイムマシーンが現れるが、彼らはさほど驚くこともなく、前の日に戻って壊れる前のリモコンを持って帰る妙案(?)を思いつく。

「タイムトラベル」、数多くのSF映画の題材のきっかけとして登場する現象で、普通は戦国時代や幕末、はたまた何かしらの重要な目的のために過去や未来の時代に飛んだり、飛ばされたりするスケールがあるものですが、このものがたりは、暑さを回避するために「エアコンのリモコン」を手に入れる目的で奔走する身近感。そしてこの使命(?)に勝手に名乗りを上げ、いとも簡単にタイムトラベルしてしまうのが、SF研の悪乗り5人男子。そして、SF研の割にはタイムパラドックスなどお構いなしに、自分達が舞い戻ったことを残そうとしたり、過去の自分達を面白半分に尾行したり、挙句の果てには、過去のものを持ってきてしまったりと、やることがハチャメチャ過ぎて・・・面白い。やがて、彼らは自分達の犯したタイムパラドックスによって、世界が消えてしまう可能性を理解して、過去の悪さを修正しようと悪戦奮闘して昨日と今日を行き来するのですが、既にそこらじゅうに矛盾が生じていて、それを取り繕う様が・・・また面白い。そして絶妙に過去の自分達と、未來の自分達が交差するシーンがうまく構成されていて、時間の経過とともに、過去のなんでもないシーンが、意味のあるシーンへと変わる面白さがあります。
 舞台は、香川県の五重の塔がある善通寺あたりで、その古さと懐かしさを感じる町並みに、彼らのドタバタ劇が、気持ちは焦っていてものんびりした感じで流れていくのが、なんともマッチしています。街中の銭湯や、販促の大型人形が置かれたうどん屋と両隣の薬屋、怪しいB級映画を上映している寂れた名画座など、どこかほんわか。そしてキャストは、SF研で一番最初にタイムパラドックスの危険に気付いて奔走する甲本に瑛太さん。甲本が密かに思いを寄せるカメラクラブ柴田に上野樹里さん。同じくカメラクラブ唯に真木よう子さん(知的ぽいメガネがいい)。タイムマシーンが専門の万年大学講師の穂積(通称ホセ)に佐々木蔵之助さん。となかなかの面子。そして彼らを翻弄するSF研のメンバー(座喜秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典、本多力)たちの、飄々とした悪乗りぶり全快が、この映画を持ち味となっています。面白かった。

【予告編】

2005年作品。107分。
・出演:瑛太、上野樹里、与座喜秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典、本多力、真木よう子、佐々木蔵之助
・監督:本広克之
・音楽:HALFBY
・主題歌:「LCDD」 Tommy heavenly




<香川ワールド>
 本広克之監督の香川ワールドムービーにこの作品の登場人物たちが顔出ししていて、知ってる人はニヤッとさせられます。登場作品は「UDON」(‘06:ユースケ・サンタマリア主演)、「曲がれスプーン」(’09:長澤まさみ主演)。

 


スポンサーサイト
プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。