幸福な食卓



 ある朝、中原家の食卓で、父が突然「父さんな。今日で父さんを辞めようと思う」と宣言する。その言葉を聞いた中学生の佐和子は、一瞬「えっ」と発するが、その後のショックは少なかった。中原家では、家族想いの母が突然家を出て、高校で全国一位であった兄が農業に進む、突然宣言家族であった。

 いきなりの父から突拍子もない宣言で始まるものがたり。これは、ひとりの少女の悩み多き成長記ではなく、家族全員の成長記で、家族とは?他人とは?をあらためて考えさせられる秀作です。ものがたりに登場する四人家族のひとりひとりが悩み苦しんだ末に出される宣言は、決して軽々しいものではありません。父は父親を辞め、母は家を出て行く、兄はエリートを捨て農業へ、しかし家族がすんなりこの宣言を受け入れ、その変化に順応する空気からは悲壮感はなく、鈍詰まりから何かを見つけるためには、このようなリセットもいいのだろうなと感じさせてくれます。この四人家族で唯一宣言がなく受け入れる側の娘に、北乃きいさん。自然な素朴な感じがいい。おちゃめな明るい兄に、平岡祐太さん。家を出た母に、石田ゆり子さん。とにかくスリムで可愛い、和菓子屋の制服姿もいい。父を辞めた父に、羽場裕一さん。四人ともいつも方向転換して明るい顔を見せていますが、一転して現れる180度別の顔が、彼らが宣言せずにはいられなかった闇を垣間見せます。この家族に「他人」という刺激が入り込むことで、彼らの闇を救う様はいいです。その刺激は、佐和子の中学校に進学高校に進むために転校してくる「大浦勉学」(勝池涼)。明るく前向きで、真面目な佐和子とは対照的だけれども、波長が合う。中学・高校時代の二人を見ていると微笑ましく楽しく、佐和子が大浦との別れ際に、嬉しそうに発する「おっ」が、可愛らしく二人の関係を応援したくなります。そして、もうひとつの刺激が、兄の恋人「小林よしこ」(さくら)。平気で二股して、ぶっきらぼうで口の悪い女性。でもその態度とは違い、土産に手作りのシュークリーム(卵のから入り)を持参したり、兄の部屋にある映りの悪い写真の替わりに、手書きの自画像を持ってきたり、普段表に出さない内面をチラッと見せるあたりが、当初嫌っていた佐和子が、この人が兄を変えると信じてしまうほどの刺激となっています。この刺激たちが残す、「家族は簡単に作れないけど、簡単に壊れない」、「気付かないところで、色々守られている」という言葉が、ある出来事で最も傷ついて立ち直れない佐和子を引き上げる助けをしてくれます。そしてラストの、ミスチルの「くるみ」をBGMに、川沿いの土手を歩く佐和子。足取りが重く、時折後ろを振り返りながら歩く様子が、徐々に前だけを向き足取りもしっかりと変わってゆくシーンは、まさしくその言葉通り。そして、そのシーンにインサートされる、食卓に並べられた四枚の皿の画像。これもまた、その言葉通り。

【予告編】 【くるみ】

2007年作品。108分。
・出演:北乃きい、勝池涼、平岡祐太、さくら、羽場裕一、石田ゆり子
・監督:小松隆志
・音楽:小林武史
・主題歌:「くるみ –for the Film- 幸福な食卓」 Mr.Children 
・原作:「幸福な食卓」瀬尾まいこ


スポンサーサイト

松本城

松本城

仕事で長野の松本に来て、朝にちょこっと松本城に足をのばしてみました。やっぱり国宝の城は凄い!綺麗!優雅!と言う事なしで惚れ惚れします。

松本を舞台の映画といえば、桜井翔さんと宮崎あおいさん主演の「神様のカルテ」。その中で、宮崎あおいさん演じる写真家のハルが松本城で三脚を立ててましたね。

竜馬の妻とその夫と愛人



 幕末の志士坂本竜馬が暗殺されてから新政府となって13年後、竜馬の十三回忌を計画していた勝海舟は、竜馬の妻おりょうを捜して出席させることを菅野覚兵衛に命じる。その頃、おりょうは横須賀でテキヤの松兵衛と結婚し、愛人の飴売り寅蔵と酒を浴び逢瀬を重ねていた。

 竜馬の妻おりょうが美人で勝気な性格というのは伝承されていますが、鈴木京香さん演じるおりょうはまさにそのイメージにぴったり。更に竜馬を失い世捨て人同然に、今をただ生きる姿に悲壮感と哀れみさえ感じます。そんな、おりょうですから江口洋介さん演じる寅蔵が、竜馬のような革新的思想の持ち主で、竜馬にもあった背中のたてがみなを持っていると知ってしまったら、ぞっこんになってしまいます。ただこの虎蔵にはウラがありますが・・。このおりょうの現夫は、テキヤの占い家業の松兵衛、この夫は妻が愛人に寝取られても何も言えない情けない男。ただ妻のことは心から愛しているよ!オーラはそのおりょうを見る眼差しでよく分かります。この松兵衛を木梨憲武さんが演じていますが、ノリはほとんどテレビバラエティの寸劇のままで、演技なのでしょうが、テレビで見る憲さんのままです。更におりょうの義弟で、おりょう捜索を命じられた菅野覚兵衛に中井貴一さん。おりょうを愛人から松兵衛の元に取り戻すために、松兵衛と共同戦線を引くことで凸凹コンビ、いや凸凸コンビが登場。このコンビのおとぼけぶりは楽しいです。どっちがボケでツッコミというわけでなく、二人ともその両役をこなすことで不思議な漫才が見られます。とくにクライマックスのおりょうと虎蔵、松兵衛と覚兵衛四人の話し合いでコロコロ気持ちが変心し、突っ込まれハッと我に返るボケぶりはなかなか。この作品は元々が舞台作品らしいので、この展開は舞台劇そのもの。そして最後のオチは竜馬暗殺の真相というビックリするもの。あっ、あのフリがここに効いてくるとは。

2002年作品。115分。
・出演:鈴木京香、中井貴一、木梨憲武、江口洋介、トータス松本、橋爪功、小林聡美
・監督:市川順
・音楽:谷川賢作
・原作:三谷幸喜




<映画の中の竜馬>
この作品ではトータス松本さん演じる竜馬が、おりょうの回顧録(夢)の中で登場します。最近では大河ドラマ「龍馬伝」の福山雅治さんのイケメンさわやかイメージがありますが、映画では「幕末青春グラフィティRonin坂本竜馬」(’86)の武田鉄也さん(おりょうは原田美枝子さん)。「幕末」(’70) の中村錦之助さん(おりょうは吉永小百合さん)。「竜馬を斬った男」(’87)の根津甚八さん。「竜馬暗殺」(’74)の原田芳雄さん。人斬り以蔵の半生を描いた「人斬り」(’69)の石原裕次郎さん。女性沖田総司に惚れる竜馬が登場する「幕末純情伝」(’91)の渡辺謙さん。など名立たる俳優さんが演じているのて見比べてみるのも楽しいです。

   


プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
28位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR