スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランド・イリュージョン (Now You See Me)



 若手のマジシャン・イリュージョニスト・メンタリストの四人の元に目のイラストが描かれたタロットカードが届けられ、四人はあるアパートの一室に集められる。そして一年後、四人は「ザ・フォー・ホースメン」と名乗りラスベガスの満杯の客席の巨大ステージで「銀行を襲う」マジックを披露する。それは、一瞬にしてラスベガスからパリの銀行の金庫の中へ観客の一人を転送して、金庫内のすべての現金をステージにばら撒くショーであった。そして、実際に銀行から現金が強奪されていたことから、FBI捜査官ディラン(マーク・ラファロ)とインターポールのフランス人捜査官アルマ(メラニー・ロラン)が、彼らを拘束して取調べを始めるが、マジック・催眠術で捜査官たちを翻弄して、自供も取れず証拠も無いことから釈放される。そして、「ザ・フォー・ホースメン」の2回目のショーがニューオリンズで開催されることになり、FBIは周囲を固め、更にマジックを暴く仕事をしているサディアズ(モーガン・フリーマン)にも協力を依頼する。
 痛快!としか言えない「ザ・フォー・ホースメン」のマジック、メンタリズム、催眠術の凄腕の数々。彼らをもってしたら不可能は無く、全てを手に入れ、全ての人を操れる、まさしく魔法。その魔法を映像化しているため、本当のマジックが見ているかのようで、映画なのに凄いと錯覚させてしまう演出と映像も良くできています。そして、彼らにとことん翻弄されるFBIの間抜けぶりが更に痛快さを増し、彼らの欲なき悪事が痛快さを更に増し、一瞬でも目を離すと、そのマジックショーを見落としてしまうかのようなノン・ストップ感覚が新鮮です。更に途中から、この痛快展開に何かしらのウラがあることが徐々に明らかになり、四人の別の顔が現れるサスペンス要素が入り込む。彼らの手口を次々と暴くウラマジシャンのモーガン・フリーマンが、その自信に満ちた落ち着きで、じわじわ攻め込んでくるのも展開をまったく予想させない要素となっています。そして最後の大展開は凄すぎ、いや、ズルイかな~。まったく考えてもいなかったオチにやられました。そういえば、そのための前フリか~、人物か~、と、ただ唖然(嬉しい悔しさ)。正直、主演の役者さんたちは見知らぬ顔で、知っているのはモーガン・フリーマン(いつも渋い)とマイケル・ケイン(懐かしい)くらいだったので、あまり期待していなかったのが申しわけないくらいワクワク感が止まらない映画で大満足です。

なかなか表現が難しい映画なので、抽象的なレビューになっちゃいました・・。

【オフイシャルサイト】 【予告編】 【この映画をすぐ観る】

2013年アメリカ・フランス作品。115分。
・出演:ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、アイラ・フィッシュー、ディヴィ・フランコ、メラニー・ロラン、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン
・監督:ルイ・ルテリエ
・音楽:ブライアン・タイラー





<映画の中のマジシャンたち>
Xメン-ウルヴァリン役のヒュー・ジャクソンとバットマン役のクリスチャン・ベールが憎しみあう二人の天才マジシャンとして登場するサスペンス映画「プレステージ」(‘06アメリカ)、あっ、この映画にもマイケル・ケインが・・。そして、マジシャンと言っていいのか?仲間由起恵さん演じる山田奈緒子の「トリック」シリーズ4作などがあります。意外と無いのかも。

 

スポンサーサイト

ガス人間第一号



 人里から離れた暗闇の曲がりくねった道を、僅かなヘッドライトで疾走する車とあとを追うパトカー。やがて車はカーブを曲がりきれず横転しながら崖下に転落するが、運転していた銀行強盗殺人犯の姿は消えていた。そして付近を捜索していた警察官たちは、テンポよく鳴る小鼓の音と般若の面をつけて華麗に踊る日本舞踏家藤千代の屋敷にたどり着くが、犯人の痕跡を見つけることはできなかった。そして再び同じ手口で銀行強盗が連続し、奪われた現金が藤千代の家から発見されたことで藤千代は警察に連行される。しかし銀行強盗犯と名乗る人物が警察に出頭して銀行強盗を実演すると言い出す。そしてその人物が多くの警察官や銀行員の目の前で見せた強盗の手口とは誰もが想像し得ないもので、あっさりその場から姿を消してしまった。
映画はタイトルの「ガス人間」の名の通り体をガス化できる人間の話ですが、半世紀の前以上の映画でありながら、ガス化の描写が秀逸。男が胸に手をやり、ぼわっと顔が青白く光ったと思ったら、徐々にスーツがしぼみ、足元から煙が噴き出して漂う。やがてスーツは床に崩れ落ちて、その中身は消えてしまう。今ならCGで簡単に映像化できるこのシーンを作り上げるアイデアとその技術力に、改めて円谷英二特技監督の凄さを感じます。ガス化のシーンの中には、ガス人間が留置所の入り口の鉄格子の前に立ち止まり、半ガス化してスーツ姿の厚みを変えて格子の隙間をすり抜けるシーンもあり、まるで「ターミネータ2」に登場する液体ターミネータT1000型の格子通り抜けシーンを彷彿させるものもあり演出も先んじています。このような特撮シーンと無骨な「ガス人間第一号」というタイトルのため、特撮ゲテモノ映画と思われてしまいますが、銀行強盗犯と警察のサスペンスという一面と、ある実験によってガス人間にされてしまった男の悲壮と、その救いにもなる男女愛と哀しい運命というテーマも含まれて、普通の映画としても十分体をなしています。日本舞踊のカットを多用しているのも、このような思惑があってのことなのでしょうか。そしてガス人間の恋人であり、日本舞踊の華麗な舞を見せてくれる女性に八千草薫さん。今なお綺麗な八千草さんの若かりし頃は、・・おーっと声が出るほど、本当に綺麗で可愛くて、気丈でいながら気品がある。この容姿と雰囲気なら映画の中の刑事が見惚れてしまうのは致しかたないですね。
 また昔の映画の楽しみ方として、当時の日本の風情が垣間見れること。車の情景ひとつをとってもボンネットトラックや三輪トラックが登場したり、乗用車は屋根部分が白く、ボディーは水色やワイン色のツートンでスタイルもおしゃれな感じ。その車が走る道路の信号は、白黒の斜線のライト式で、信号が変わる度にビリリと音がなり信号があるのにもかかわらず交通整理の警官がいる、なんていうシーンを総天然色の色彩鮮やかな懐古ちっく映像で見るのもなかなかいいです。
 映画はラストまで予断なく続き、理不尽な人生を悲観しながらも藤千代に救いと癒しを求めてたガス人間とそれを受け入れてある決断をする藤千代の愛の結末も映画を安物にしていませんでした。

【予告編】

1960年作品。91分。
・出演:三橋達也、八千草薫、佐多契子、土屋嘉男、左卜全、田島義文
・監督:本多猪四郎
・特技監督:円谷英二
・音楽:宮内 國郎

 ガス人間第一号/サントラCDアルバ...

 ガス人間第一号/サントラCDアルバ...
価格:2,548円(税込、送料別)





<東宝変身人間シリーズ>
ガス人間以外に「美女と液体人間」('59)、「電送人間」('60)、などか同じ東宝で作られています。どの作品も円谷英二特技監督の神業で、人間とは別の存在を創造しています。これらの映画以外にも「マタンゴ」('63)や「透明人間」('54)も彼ら変身人間に近い作品で、どこからしら哀しい雰囲気があります。

   

ブラック・レイン (Black Rain)



 ニューヨークのバイク連中が集まる川沿いのフェンスに囲まれた空地で、チキンレースをするチョイ悪風のマイケル・ダグラス扮するニック刑事。その相棒でオシャレなスーツを着こなすスマートなチャーリー刑事。昼食をとる彼らの目の前で突然、日本のヤクザの抗争が始まり、敵対ヤクザを殺害したサトーを追跡劇の果て逮捕する。そして彼らはサトーを日本に護送する役目を受け、無事日本の警察に身柄を引き渡すが、その警察はサトーの手下で、不適な笑みを浮かべサトーは逃亡する。失敗を犯した二人の外国人刑事は、日本の警察で厄介者扱いされるが、お目付け役の堅物のベテラン刑事を巻き込み、正規のルートから外れた捜査でサトーを追い詰めてゆく。
 この映画は、日本、それも大阪が舞台ですが、日本の映画では見られない大阪の姿が登場します。明暗を上手く描き、スモークが多くぼやけた輪郭で決して青空が見えないくすんだ暗い街。繁華街のミナミさえ、その妖しい雰囲気に包まれ、市場や商店街がまったく別世界として映像化されています。主演は勿論ハリウッド映画ですからマイケル・ダグラス。しかし日本の俳優達の存在感が凄い。ニック達に追われながらも、あざ笑うかのように挑発して逆襲するサトーに松田優作さん。全身から狂気じみた凶暴さがダークオーラとして発せられ、全ての仕草・様相が周りの人間に恐怖を与える人物としてインパクト十分過ぎです。一方、正反対役のマツモト警部補に高倉健さん。真面目なベテラン刑事で私服もおじさんですが、酒場でチャーリー刑事に無理やりグラサンを掛けられ、レイ・チャールズを熱唱するシーンなどは、日本映画では決して見られないお宝かもしれません。そしてサトーを追い詰める農場のシーンでは、おじさん刑事から一転して、小銃を構えミリタリー風の服装で、まるで野性の証明の特殊部隊味沢そのもの、やっぱり健さん、こっちの方が様になる。この二人に加え、ヤクザのボスの若山富三郎さんや、警察のお偉いさん神山繁さん、サトーの手下の内田裕也さんにガッツ石松さんなど、その他の怪しい日本人?の中で引き締め役となってヘンな日本にならずにいるのもいいです。そしてただの刑事―犯人の追跡劇ではなく、サトーの逆襲が多いのもこの映画を盛り上げる要素となっています。大阪のシャッターが下りた商店街で、バイクに跨りドスを地面に当てつけ火花を散らしながらチャーリー刑事に向かって襲い掛かるシーンや、溶けた鉄の灼熱の熱さが伝わるオレンジの光と闇をうまく使った製鉄所での攻防シーン、そして農場でのニック刑事とサトーの一騎打ちシーンなど、どれも名シーンです。そして、そこには松田優作さんの姿が・・。もっと見たかったですね、世界の映画で。

【予告編】

1989年アメリカ作品。125分。
・出演:マイケル・ダグラス、松田優作、高倉健、アンディ・ガルシア、ケイト・キャプショー、若山富三郎。
・監督:リドリー・スコット。
・音楽:ハンス・ジマー
・主題歌:「I'll be Holding On」グレッグ・オールマン


プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。