マラソンマン(MARATHON MAN)



 いきなりタイトルの『マラソンマン』の印象を強くさせるが訝しくも思えるモノクロのアベベのマラソンシーン。そして、ニューヨークの銀行の貸金庫から取り出される、カラリと音がして中に硬い物質が存在するのが想像できるカラフルな金属製のシガレットケース。このシガレットケースは銀行から持ち出された後、隠すように他人の手に渡され雑踏の中を消えてゆく。そして、そのシガレットケースを取り出した老人は、ベンツに乗り込み、やがてシボレーのユダヤ老人と些細なことから口げんかとなり、唖然とするほどの車をぶつけあう醜いカーチェイスが始まる。そして最後には激しい事故で炎上して、車内の炎の中にあの貸金庫の鍵が・・。その光景を眺める公園でマラソンをする青年ベーブ。彼は大学院生で近所の住人から変人扱いされている男で、「レインマン」や「クレイマークレイマー」などで名演技を見せてくれたダスティ・ホフマンが演じています。その個性的で知的な感じと、変人扱いされているその微妙加減、そして一目惚れした女性の落としかたはさすが。ところはパリへと変わり、あのシガレットケースを手にしているのは「ジョーズ」や「ブルーサンダー」のロイ・シャイダー演じるドク。どこかの組織の人間らしく彼の周りには爆弾事件や殺人事件、そして彼自身も命を狙われる状況が続きます。さらにところはウクライナに変わり、豪邸に住み骸骨の置物が数多く置かれた部屋で頭の中央部を剃り上げるローレンス・オリヴィエ演じる謎の老人。そして、ドクと老人はニューヨークへ。と、ここまで一気に物語の伏線が描かれ、ここから登場人物たちの接点が少しずつ明らかになって、一気に目まぐるしい展開へと流れ込んでいきます。ここに、ベーブが一目惚れした外国人の女性や、ドクの同僚、そして謎の三人の殺し屋が加わることで、あのシガレットケースに関係するある真実の周りを作為という霧を立ちこませてサスペンス性を高めています。そしてこの映画のもっとも怖いところは、ある真実をまだ知らないベーブが、拉致されて拷問を受けるシーンです。拷問人は歯医者。拘束されたベーブの目の前には歯科道具が並べられ、そこにはキィーンと唸るドリルも・・。そこからは目を閉じても音声だけで、まるで自分の歯の神経をいじられているかのような心臓に悪い描写で、ギャーッ!そして、命からがらその場を逃げ出しアベベばりのマラソンスタイル(半裸ですが)で逃げ回るベーブ。これがタイトル「マラソンマン」の所以かな。結局、あの真実は人間の強欲の塊。それも恐ろしいほど多くの人間の命が関わり深い念が渦巻いていそうなモノで、その強欲を欲しない無縁なベーブ以外は、まるでその念に食い殺されたかのような結末を迎えてしまったのも、仕方ないのかもしれません。

1976年アメリカ作品。125分。
・出演:ダスティ・ホフマン、ロイ・シャイダー、ローレンス・オリヴィエ、ウィリアム・ディベイン、マルト・ケラー
・監督:ジョージ・シュレジャー
・音楽:マイケル・スモール
・原作:「マラソンマン」ウィリアム・ゴールドマン

【予告編】

 
スポンサーサイト

ダークスカイズ (Dark Skies)



 ごく普通の閑静な街のマイホームに住むアメリカの一般的な家庭。子供は思春期とまだ幼い男の子が二人。父はリストラされ職探し中で、妻とは少しぎくしゃくしているが、それでも仲の良い家族。そんな彼らの家の中に、何かが現れ始める。それは冷蔵庫の食材を食い荒らしたり・・動物?、家具などを高く積み上げたり・・外部の人間?、家の写真を全て盗んだり・・内部の人間?、と何かはまったく分からないまま、それほど脅威となる大きな被害が加えられないが、全てが気づかない間に突然起こる謎。やがて、その気味悪い現象は、いたずらレベルを超えて超常現象までにも及びその家に恐怖をもたらす。そして、その恐怖は家だけではなく、家族ひとりひとりにも、本人の記憶や行動にまで侵入し始めて、周りからは変人や犯罪者のように見られ、じわじわと心身をすり減らしてゆく。それでもまったく何なのかは不明。そして、ある記事を見つけ、その現象に詳しい男に相談し始めてから、急展開へ。男はことごとくその家族に起こったことを言い当て、体のある部分の変化をも指摘する。そして男の部屋の一室の壁一面には・・・。更に、家族を襲う現象の真実と本当の狙いを家族に伝える。んーむ、まったくこっち方面の展開とは予想してませんでした。てっきり冒頭からの流れで「パラノーマル・アクティビティ」路線かと思っていたので・・。途中から、路線が変わったので身構え方もすっかりXファイルに変わりましたが、それでも襲い迫り来る恐怖は、狙いが明らかになった分、そのターゲットを守らなければいけないという家族の熾烈な戦い?抵抗が始まります。そして、この手の映画の定番であるオチと後味を残す嫌なエンディングはしっかりと忘れてはいませんでした。

2013年アメリカ作品。96分。
・出演:ケリー・ラッセル、ジョジュ・ハミルトン、ダコダ・ゴヨ、J・K・シモンズ、ケイダン・ロケット
・監督:スコット・スチュワート
・音楽:ジョセフ・ビシャラ

【予告編】 【この作品をレンタルする】

 


<恐怖映画の製作者>
「パラノーマル・アクティビティ」以来、いままでとは違った見せ方の恐怖映画が作られていますが、その製作者はジェイソン・ブラムとオーレン・ベリ。その作品は、本作と同じくある家族を襲う恐怖を描く「インシディアス」('11)、恐ろしい映像を見た男を襲う「フッテージ」('13)、魔女裁判で殺された女性たちの呪いを描く「ロード・オブ・セイラム」('13)などなど、どれも怖そうです。
   


白夜行

白夜行 

 廃墟ビルで質屋を営む一人の男が刺殺される。捜査はその妻と従業員松浦、そして殺害される前に訪問していた一人の女性西本文代に絞られるが、全員のアリバイが証明される。そして、その女性と愛人関係であったと思われる男性寺崎に容疑がかかるが事故死をしてしまう。更に、その女性もガス中毒で事故死してしまい真相は謎のまま事件はお蔵入りする。その事件・事故には、大人以外に、父が殺害されてもそれほど動揺を見せない小学生の息子亮司、そして事故死した女性のしっかりとした感じの小学生の娘雪穂が登場して、事件を追う刑事笹垣に強く印象づける。時は経ち、遠縁の華道・茶道を教える女性の養女となった少女雪穂。幼い頃からのしっかりとした雰囲気に更に作法行儀を身に付け磨きをかけた容姿端麗の何事にも落ち着いた才女となっていた。しかし彼女の内面に潜む過去の不幸を伝染されたかのように、彼女に関わった人物は皆不幸へとなっていった。そしてある日、かつて容疑が掛けられた従業員松浦の他殺遺体が発見される。と謎を多く秘めた長い事件の始まりでその展開に期待が持てますが、ここからは時代が少しずつ経っていって、新しく登場する人物たちの不幸と、決して映像では現れないが、何かしら関与があるのではないかと疑いたくなるかのように感じさせる雪穂と亮司の影。ですが、どうも時代の経ちと登場人物がぶつ切りで、突然話しが飛んで一連の繋がりを掴みづらい内容となっています。そのためか、長年この事件を追う笹垣刑事が、事件の継承者でナビゲータ役になっているようでした。この笹垣刑事は、船越栄一郎さんで、2時間ドラマでのあのイメージが強いため、映画とTVドラマの境界があっさり崩れてしまい何故か残念(強いイメージキャラがあると不利だね)。そして、雪穂には堀北真希さん。才色兼備でいて非の打ち所の無い女性を見事に演じていますが、時たま内面に持つ掴みどころのない怪しい何かがすっと漂うその演技は、雪穂に感じる底知れぬ怖さうまく出していました。そしてもう一人の生き残り亮司は、高良健悟さん。雪穂とどうように繋がっているのか分からず、裏の社会に生きる人物像は出ていましたが、もっとそのエピソードを増やし、その印象を強くさせて欲しかったです。この映画の原作は、東圭吾氏の文庫本で800頁を越す大作で、数多くの人物が登場し丁寧に描かれていますが、反対に雪穂と亮司は、ぼかしたかのように描かれています。映画に登場する人物とエピソードはその一部で、どの道場人物にも奇怪な事件やエピソードが起こりますが、そこには決してはっきりと現れてこない雪穂と亮司の気配。数多くの登場人物が、絶妙でそして僅かに繋がり、その謎を知りたくグイグイと引き込まれてしまいました。やはりこの長い作品を144分にまとめたため、ひとりひとりの人物像が希薄になり、その二人の謎の野望が霞んでしまったのは否めません。やっぱり映画では表わしきるには大作過ぎたかな・・ドラマのほうがいいのかも。あっ、亮司=山田孝之さん、雪穂=綾瀬はるかさん、笹垣=武田鉄也さんでドラマ化されていますね。キャスティングもいいかも・・。

2011年作品。149分。
・主演:堀北真希、高良健悟、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司、緑友利恵、中村久美、斉藤歩
・監督:深川栄洋
・音楽:平井真美子
・主題歌:「夜想曲」 珠妃
・原作:「白夜行」 東野圭吾

【公式サイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】

舟を編む



 「舟を編む」。この聞きなれない言葉、そして綺麗な響きのタイトル。内容は、言葉の大海に浮かぶ一艘の舟=辞書「大渡海」(作中から拝借)をつくる編集者たちのものがたりです。この壮大で莫大な労力が必要な辞書作りを携わるのは少人数で、ひたすら地道に100万語以上もの言葉を集め、選別して語釈をつける。だから作成期間が10年以上にも及び、出版社では儲けの少ない厄介払いな部署と思われ、仕事場も倉庫の様な旧社屋。この辞書作りのベテラン編集者が定年退職になることから、新しい人材、それも辞書作りに適した人物を探すところから映画は始まります。この探し方が、言葉に敏感な感性の持ち主探しで、「右を説明してみて」の禅問答のような質問。普通の人物なら、かなり躊躇するこの質問に答えられるのは、相当頭が柔らかいか・・変わり者。そして白羽の矢が立ったのは(営業からの戦力外?)、大学院で言語学を学んでいた馬締(まじめ)。この男、苗字の通り超真面目で、浮世離れしていて、コミュニケーション能力0。松田龍平さんが、この変わり者、いや純粋な男を演じ、そのふわふわ感がとてもいいです。現代社会では稀なほどの純粋であるがために、恋患いは気絶するほど重症ですし、ラブレターは筆で書いた巻物風、人への慰めの言葉は、単語の使用例を挙げる不器用さ、とにかくこのキャラが板について違和感が無く自然。「まほろ駅前多田便利軒」の行天や「探偵はBARにいる」の高田の様にシャキッとしない松田龍平さん独特の味がよく出ています。そして、この馬締が恋をするのが、下宿先の大家の孫娘「香具矢」(かぐや)。その出合いは下宿先ですけれども、その名前の通り煌々と照る満月からベランダに舞い降りたかのように神秘的に登場。ちなみに出合いのキューピットは、馬締の愛猫「とらさん」。香具矢は板前修業する女性ですが、乙女心を直接的にぶつける男っぽさもあり、宮崎あおいさんらしい女性のまろやかさの中にも力強い意志を感じる演技で、不思議な馬締と見事にパズルのようにはまり込んでいます。さらに馬締を囲む、先輩オダギリジョーさん、国語学者加藤剛さん、先輩の彼女池脇千鶴さんなど個性豊かな面々が馬締を支え、辞書=固いのイメージを、苦しいけど言葉を指先で触れて感じる楽しい辞書作りへと導いてくれます。映画の中に登場する辞書作りの基盤である「用例採集カード」(始めて知った言葉を書き込む)で登場する言葉は、「哀韻」、「相酌」、「曖気」、「愛縁機縁」etc・・と難しいですが、中には、「愛猫」、「愛情」・・これは恋する馬締くんのカード。なんて細かい所にも関連する人々の気持ちが表現されていて、一緒に辞書作りの醍醐味と楽しさを感じさせてくれる作品でした。

2013年作品。133分。
・主演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、池脇千鶴
・監督:石井裕也
・音楽:渡邊崇
・原作:「舟を編む」 三浦しをん

【公式サイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】 【サウンドトラックをレンタルする】





<三浦しをん>
三浦しをんさん原作の映画は、人生を自ら切り開こうともがく人物達が登場して、知らず知らずのうちに映画の中に入り込めるので好きな作品しかありません。足を痛めたランナーが箱根駅伝に挑戦する「風が強く吹いている」(‘09:小出恵介)、心に傷を負った二人の男が便利屋を営む「まほろ駅前多田便利軒」(‘11:瑛太)、そして今年2014年に矢口史靖監督、染谷将太さん、長澤まさみさん主演の「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」が公開されます。楽しみ!楽しみ!

 


プラチナデータ



 日本全国民のDNAが登録・管理され犯罪者を100%特定できるシステムが開発され、そのDNA情報が「プラチナデータ」と呼ばれる世界。しかし100%のはずが、犯罪者の遺留品をシステムにかけると「Not Found」(該当者なし)が13件も現れ戸惑う関係者たち。さらに、このシステム開発に協力していた特殊な能力を持つ兄妹が「モーグル」という言葉を残し何者かに殺害される。そして遺体から採取された遺留品から特定された容疑者は・・システム開発の中心人物若き天才神楽博士。その特定された容疑者に驚愕し身に覚えの無い神楽は真相を掴むために逃亡する。さらに現場の監視カメラにも事件前後に神楽の姿が映し出されていたため神楽を容疑者と特定して、DNAシステムを知る警視庁の浅間警部補が追跡を開始する。推理作家東野圭吾氏原作とあってミステリーとしての設定とそのストーリーはよく出来ていて、なぜ「Not Found」があるのか?神楽は何故現場にいたのか?兄妹の特殊能力とは?「モーグル」とは?神楽が逃亡する本当の理由は?など、隠された真実。そして新たな展開が期待して止まない作品でした。設定は少しトム・クルーズの「マイノリティレポート」に似ていますが・・展開はもちろん別もの。神楽博士役は演技上手で定評のあるニ宮和也さんで、「青の炎」や「GANTZ」、「硫黄島からの手紙」などで見せる、役柄が自然に表現できる演技に注目しましたが、?何か無理やり役を作っている感じがして、いつもとちょっと違うかなと思っていたら、作中の謎の一つの要因を知ってからは、その演技の微妙なニュアンスに意味があり自然と受け入れられてしまいました。一方、神楽を追う浅間刑事は豊川悦司さん。シブい役はやっぱり似合います。そして神楽の助手であり裏の顔を持つ謎の女性白鳥は杏さん。二宮さんを上回る(失礼)高身長とスタイルでシステム関係者としての知的な女性とバイクで駆ける行動的な女性の二面を兼ね備えた表と裏の絶妙な演技はいいです。最近の「真夏の方程式」やドラマ「ごちそうさん」などで注目度アップで演技が見たい女優さんの一人です。作中では、もっと最後まで絡んで欲しかったけど・・。他にも最近復帰してきた鈴木保奈美さんや、モデルで「ノルウェイの森」や「ヘルタースケルター」に出演した水原希子さんなどが、それぞれの個性を見せてくれてミステリーに華を・・いや謎を添えてくれています。物語は、DNAシステムをも上回る監視システムの登場で、神楽の僅かな痕跡をも炙り出して迫る警察組織との逃亡劇と不自然さを感じ取り独自に調査を進める浅間刑事の真実への追究劇、そして明らかになってゆく人間関係と神楽とモーグルの秘密、と最後までその緊張感が続くサスペンス映画でした。

2013年作品。133分。
・主演:二宮和也、豊川悦司、杏、鈴木保奈美、生瀬勝久
・監督:大友啓史
・音楽:澤野弘之
・主題歌:「Breathless」 嵐
・原作:「プラチナデータ」東野圭吾

【公式サイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】





<映画原作の宝庫東野圭吾氏>
ミステリー作家東野圭吾氏の作品は本当に映画化作品が多く、決して類似した作品がないのが凄いです。そして原作は映画とはまた違う作風でどの作品も引き込まれてしまう魅力ある作品ばかりで、必ず原作と映画を両方見て二度楽しんでいます。ちなみに「プラチナデータ」のラストは原作のほうがいいかな。映画化作品は、亡くなった母の魂が娘に宿り戸惑う父の「秘密」(‘99:広末涼子)、「g@me」('03:藤木直人)、勉強合宿で起こった殺人事件の隠蔽と真実を描く「レイクサイド・マダーケース」(‘05:役所広司)、「変身」(‘05:玉木宏)、殺人事件を起こした兄とその事実が人生につきまとう弟の「手紙」(‘06:山田孝之)、ガリレオシリーズ「容疑者Xの献身」(’08)、「真夏の方程式」(‘13:福山雅治)、「さまよう刃」(‘09:寺尾聰)、殺人事件の被害者と容疑者の子供の周りに起こる事件と闇を描く「白夜行」(‘11:堀北真希)、不倫と古い殺人事件が絡む「夜明けの町で」(‘11:深田恭子)、新参者シリーズ「麒麟の翼」('12:阿部寛)など名作揃いです。

   


(ハル)



 パソコン通信の映画フォーラムの中で、恋人を事故で亡くしたハンドル名「ほし」(深津絵里)と、アメフトの夢を断念した「ハル」(内野聖陽)が知り合い、お互いの傷つき悩む気持ちを打ちあけることで癒され、やがて二人は会ってみたい気持ちになってゆく。

 パソコン通信(懐かしい響き)の映画フォーラムに集い語る人々。その中にハンドル名「ハル」と「ほし」が、映画の話題に始まり、自分の境遇や出来事、気持ちを少しずつ語り、お互いが共感して癒され、親友・幼馴染、恋人未満のような関係になってゆく映画です。この映画、不思議なことにパソコンの文字画面が多く、日本映画なのに読むという行為が必要。その文字画面の間に「ハル」と「ほし」それぞれの悩み多き生活が挿入され、観ていても辛さが感じる映像が流れる。そして文字画面があることで、見た目以上に二人の本当の奥深い気持ちが伝わってきて、途中から文字を読む煩わしさを忘れ、森田監督のその絶妙な世界にまんまと入り込んでしまいました。学生時代からの恋人を事故で失い自分を取り戻せないでいる「ほし」に、深津絵里さん。「踊る大捜査線」の恩田すみれになる前の作品で、心に傷を負って人生と生活が一致しない姿がかぶる役柄です。アメフト一筋から怪我で引退して自分の居場所を探す「ハル」に、内野聖陽さん。ドラマ「臨場」の検視官、ドラマ「仁」の坂本竜馬など男くさい役柄が多いですが、この作品では男くさい体育会系からドロップアウトして目標を失い、これからの自分の生きかたを模索する人物像が描かれています。この二人の傷と癒しが織り成すやりとりから、二人の本当の出合いがあるのだろうと思っていましたが、二人の始めての出会いは新幹線のデッキとその沿線の田んぼ、お互い肉眼では見えにくい中、ビデオカメラを望遠にして手を振る二人。その姿は、手振れが激しい望遠映像。そんな映像でも二人の気持ちは高ぶり、まるで初恋の人に会うような感触がとてもよく、心地よい気持ちにさせてくれます。ここから一気に進展するのかなと思ったら、森田監督簡単には進めません。意外な共通な知人の登場で、盛り上がった気持ちがトーンダウン。ここから始まる二人の長い苦悩が辛い。そしてラストは・・・。
この映画は、90年代前半のインターネットが広がり始め、まだダイヤルアップのピーヒョロローが鳴っていた時代の懐かしさと、二人の純粋な気持ちが伝わり残る好きな一作品です。

 2014年最初のレビューがネットで繋がる気持ちと想い。いつも訪問してくださっている皆様とも、共通の映画の話題、そしてそれ以上に繋がれたらいいなと思っています。今年もよろしくお願いいたします。

1996年作品。118分。
・主演:深津絵里、内野聖陽、戸田菜穂、宮沢和史、竹下宏太郎、山崎直子、鶴久政治、潮哲也、平泉成
・監督:森田芳光
・音楽:野力奏一、佐橋俊彦
・主題歌:「TOKYO LOVE」 THE BOOM 【YouTube】

【予告編】

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
25位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR