スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッドマックス (Mad Max)



 近い未来、オーストラリアの道をインターセプター(追跡パトカー)を盗んで爆走するナイトライダー。次々と彼の餌食になりクラッシュする警察車両。そこに警官のマックス(メル・ギブソン)が現れナイトライダーを追い詰め事故死させる。しかし、ナイトライダーの復讐を狙うトーカッター率いる暴走族はマックスを狙うために街にやってくる。

 暴走族専門の特殊警察「M.F.P」の追撃用専用車両インタセプターがナイトライダーと名乗る暴走族に奪われひたすら爆走する。ナイトライダーを追走するのは、M.F.Pの警察官らしからぬ、ちょっといかれた連中たちで、掴まえようとするよりは獲物として仕留めようと迫る。そして、荒原を抜けてやがて人がいる地域に入り、その先にはキャンピングカーがエンスト状態、小さな子供がベビーから立ち上がり道路をとことこ歩く、といったやばい状況が待ち受ける中、ナイトライダーは舌なめずりして、その中に突っ込む。そして後を追い避けきれずにクラッシュして全滅する警察官たち。そのやり取りを無線で聞いている一人のブーツを履いた男。手に滑り止めを塗って皮手袋を装着、車のキーを回しエンジンを吹かす。そして向かってくるナイトラーダーに躊躇することなく真正面から突っ込む。この男こそメル・ギブソン演じるマックスで、この冒頭のカーチェイスシーンから一気に映画に引き込まれます。しかし、マックスはハードボイルドのクールな奴ではなく、家族を愛して早朝出勤に奥さんの機嫌を取ろうと怪物のお面を被るような男で、うなる改造エンジンに目が釘付けになる車好き、同僚を殺され受け入れられずに悩む人間らしさを持った、ごくごく普通の男です。このマックスとMFPに復讐を果たそうと付け狙うのは、トーカッター率いる暴走族で、典型的なワルのトーカッターとクールな銀髪のサブリーダーババ、ヤクチュウのジョニーといったワルの中にも個性豊かなキャラを配し、マックス以外のMFPメンバーとの火種も用意して、マックス爆発に至る伏線もはられています。ちなみに暴走族は、メイン人物以外は予算を抑えるために本物らしいです。そして暴走族が一線を越えたことにより、暴走族の復讐に勝るマックスの復讐劇が始まります。運転席の赤いボタンを押すと、ボンネットから飛び出しキュイーンと高速で回転して唸るV8-600馬力エンジンを搭載した黒い改造車。腰にぶら下げた銃身を短くカットした散弾銃。が、彼自体を武器へと化して暴走族を容赦無く、そして身近な人間が味わった恐怖とともに追い詰めてゆくクライマックスへと進みます。この一作目は低予算のため登場する車両数は決して多くはないけれど、改造されたインターセプターのかっこよさと、迫力のあるカーチェイスシーンや死への道に導く追走シーンは当時スゲーと思って観てました。そしてこの映画は近未来という設定で秩序が崩壊して暴走族が我が物顔で悪事を働き、それを阻止するための荒くれ警察が組織された世界で、シリーズ2作目、3作目では更に荒廃した世界を描き出し、70-80年代映画としては世紀末を感じさせる衝撃的な作品でした。

1979年オーストラリア作品。
・主演:メル・ギブソン、ジョアン・サミュエル、スティーヴ・ビズレー、ヒュー・キース・バーン、ジョフ・バリー、ヴィンス・ギル
・監督:ジョージ・ミラー
・音楽:ブライアン・メイ



【この作品をレンタルする】





<マッドマックスシリーズと最新作>
メル・ギンブソン、ジョージ・ミラー監督で更にカーアクションがパワーアップした続編が作られています。核戦争後に暴走族と石油精製所がガソリンを奪い合う中、マックスがガソリン輸送を引き受け輸送トレーラーと暴走族との攻防が凄まじい「マッドマックス2」(‘81)、ある街で支配者(ティナ・タナー)から裏の支配者を倒すように依頼される「マッドマックス/サンダードーム」(‘85)。そして、いよいよ2015年で最新作「マッドマックス/フューリーロード」が公開される予定みたいです。流石にメル・ギブソン主演でないようですが。



スポンサーサイト

のぼうの城



 豊臣秀吉(市村正親)が日本統一目の前にして残された敵は関東の北条家のみ。全軍を上げ北条家に迫る中、その支城の一つ忍城攻めに武勲を挙げさせようと石田三成(上地雄輔)に大将を命じ二万の軍を与える。一方、忍城は豊臣軍に内通するはずであったが、石田軍の軍使に腹を立てた「のぼう様」と呼ばれる成田長親(野村萬斎)は、三千人で立ち向かうことに決心する。

 和田竜氏原作のヒット歴史小説の映像化作品で、戦国時代に豊臣秀吉軍の石田三成率いる二万の軍勢が、武士と農民合わせて三千人が守る北条軍の忍城を囲み攻める。数に無勢な城が戦いを決したのは、勇猛果敢な武将達ではなく、たった一人の男。この男は、武はからきしだが、民と親しく交わり慕われて「のぼう様」と呼ばれる成田長親で、そのひょうきんなおどけた仕草や子供のような無邪気な行動を取るかと思えば、実は思慮深く、思い決心したら実行を厭わない人物。この隠れた傑人像を見事に現在に蘇らせたのは狂言師の野村萬斎さんで、のぼう様らしい人の好さが滲み出る姿の一方、凛とし明瞭でいて意を決した口上姿。そしてクライマックスの舟上での田楽の舞。敵味方の武将がその踊りの虜になり一緒に踊ってしまうほどの魅力が映画の外にも伝わって来るほどです。さらに篭城軍には、和田長親と一緒に戦う個性豊かな武将三人を揃え、少人数で大群を撃破するであろう期待を持たせます。この武将たちは、漆黒の魔人正木丹波守=佐藤浩一さん、巨漢の柴崎和泉守=山口智充さん、若輩だが軍略家の酒巻靭負=成宮寛貴さん。ん?個性がある武将設定なんですが、何か武士力が弱いな~。一方、攻め手は秀吉の側近石田三成=上地雄輔さん、三成の盟友の大谷吉継=山田孝之さん、計算に優れた長束正家=平岳大さん。んーむ、甲冑が似合っていて武士らしいのは山田吉継だけな気が・・。後は現代人ぽいな。忍城の男勝りの甲斐姫=榮倉奈々さんも現代人そのものだしな。やはり最近では時代物が似合う俳優さんが少なくなったのかも。まあ、見せ場はやっぱり合戦シーンでしょ。「平成ガメラ」、「ローレライ」などの特撮が得意な樋口監督作品ですからVFXが満載。冒頭の秀吉の水攻めシーンに始まり、忍城各門での戦い、そして忍城水攻めシーン。SF映画が得意な監督ですから、合戦のシーンも正木丹波守や柴崎和泉守の槍さばきが大袈裟になってレッドクリフみたになっていますが、時代活劇映画ですからこれ位やらないとね。最後はあっけなく史実通りになりますが、ピシッと映画を締めてくれるのは、やはり「野村のぼう様」でした。

2011年作品。145分。
・出演:野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩一、山崎智充、成宮寛貴、上地雄輔、山田孝之、市村正親
・監督:犬童一心、樋口真嗣
・音楽:上野耕路
・主題歌:「ズレてる方がいい」 エレファントカシマシ
・原作:「のぼうの城」 和田竜

【オフィシャルサイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】 【主題曲をレンタルする】 【電子書籍で読む】






<石田三成>
 豊臣秀吉の側近で有能な事務官、そして天下分け目の関が原の戦いの西軍の中心人物。と、誰もが知っている歴史上の有名人でありながら、いまいち人気が無いのか、映画での登場回数は少ないです。まして「のぼうの城」のようなメインキャスト作品は、なかなか見当たらないですね。ちなみに、石田三成が登場する作品は、要潤さん演ずる「GOEMON」('09)、日本舞踊の花柳錦之輔さん演ずる「梟の城」(‘99)、歌舞伎役者の坂東八十助さん演ずる「利休」(‘89)などがあります。
  


カプリコン・1 (Capricorn One)



 人類初の有人火星探査ロケット打ち上げに沸くアメリカ。しかし、打ち上げ寸前に宇宙飛行士は別の所に連れて行かれロケットはそのまま打ち上げられる。実は、システムに不備があり探査が不能と判断した上層部が、映画スタジオで探査シーンを撮影して放送する偽装プロジェクトであった。

 アメリカの人類初の有人火星探査ロケット打ち上げを見守る人々。これから始まるであろう未知の世界への興味と期待で高ぶる様子が見られSF映画へ見ている側を誘う準備は万端。が、突然打ち上げ寸前にロケットの外に連れ出される宇宙飛行士たち。そしてロケットはそのまま打ち上げられ、彼らは別の所に連れて行かれます。その場所は映画スタジオで、中には火星に着陸した探査船と、空間に置かれた司令船。そうSF映画ではなく、偽装SF映画撮影作品なのです。宇宙飛行士たちは家族の命をつかまれて脅迫され、このヤラセ火星探査プロジェクトの茶番に無理やり従わされています。この茶番劇だけでもちろん映画は終わりません。このヤラセプロジェクトは、一部の上層部しか知らない事実のため、スタッフの一人が何かおかしいことに気づいて、知り合いのジャーナリストにその話しをしたことから、ウラを探るジャーナリストとウラを隠す組織とのサスペンス映画に切り替わります。さらに地球に帰還するカプセルが突発事故で消失。地球に帰還したら、こっそり宇宙飛行士たちが乗り込む手筈であっため、急遽軟禁される宇宙飛行士たち。彼らはもちろん、それを察し飛行機を強奪して逃げ出しますが、燃料切れで荒原に不時着。うーむ、簡単には終わらせないね。ここから、逃げる宇宙飛行士たちと、彼らを捕まえようとする組織の2機のヘリとのアクション映画に切り替わります。とはいっても、徒歩で逃げる彼らは、ヘリの敵ではありません・・・でも思わぬ伏兵が登場。このテリー・サバラスが操縦する伏兵が魅せてくれます。といった色々な要素が詰まったSF(?)サスペンスアクション映画でお得感ありです。キャストは、ジャーナリストに最近では「オーシャンズ11」シリーズのオーシャンのサポート役のエリオット・グールド、宇宙飛行士に「ウェストワールド」や「悪魔の棲む家」のジェームズ・ブローリン、アメフト出身で疑惑の事件があったO・J・シンプソン、そしてもっとも味を出しているのは農薬散布業のテリー・サバラスかな。

1977年アメリカ作品。129分。
・出演:エリオット・グールド、ジェームズ・ブローリン、O・J・シンプソン、サム・ウォーターストーン、ロバート・ウォーデン、ハル・ホルブルック、カレン・ブラック、テリー・サバラス
・監督:ピーター・ハイアムズ
・音楽:ジェリー・ゴールド・スミス

【予告編】 【この作品をレンタルする】





<火星映画>
カプリコン1では火星のシーンは映画の中のスタジオ撮影でしたが、実際に火星を舞台にした映画は、アーノルド・シュワルツネガー主演の火星が資源採掘場になっている「トータル・リコール」(’90)、火星に着陸した宇宙飛行士達が遺跡らしきものを発見して不思議な現象に巻き込まれる「ミッション・トゥ・マーズ」(‘00)(宇宙船:マーズ・リカバリー号)、火星に移住するために環境改造をしてその調査に赴く「レッドプラネット」(‘00)(宇宙船:マーズ1)などがあります。どの映画も火星の赤い大地が登場します。
  


キツツキと雨



 山あいの村にゾンビ映画のロケ隊がやってくる。そして林業の中年男(役所広司)と気弱な新米監督(小栗旬)との交流がお互いを成長させてゆく。

 山に囲まれた村で林業を生業とし妻を亡くして空虚の中、惰性で生活する中年男。念願の映画監督になったものの、自分に自信が持てず悩む青年。この二人が映画のロケを通じて知り合い深く関わってことで、それぞれの口には言い表せない心のもやもやが薄らいでゆくコメディを交えたヒューマンドラマです。役所広司さん演じる中年男は、妻を亡くした以外にも悩みを抱え「だた生きている」が当てはまるような寂しく静かな様相。もちろん林業(昔で言うキコリ)ですから、静けさのなかにも、その仕事ぶりは男らしく力強いきびきびとした姿を見せてくれます。木の伐採シーンはドキュメンタリータッチなのでよくそれが伝わってきます。そこに突然現れる映画ロケ関係者。その人物の言葉に対する、「はっ?」、「はっ?」、「はっ?」と繰り返す問答のその表情や間は、役所さんのコメディスイッチがカチッと入った映画のワクワク感を予感させます。一方、新米監督はいつもパーカーの前ポケットに手を突っ込み、うつむき加減で小さい声。隙あれば現場から逃げてしまいたいと考えている小心者の青年。いつも颯爽としている小栗旬さんとはギャップがあり、こちらもこの後が見てみたい予感。このいかにも接点が無く正反対の二人ですから、風呂場でばったり顔を合わせても片方が少しずつ逃げてゆく関係。で、あったのが、監督が現場から逃亡する時に、中年男に「この映画つまらないでしょ」とポツリとその脚本の流れを話し出すと、不思議と反応して「その後は?」とまんざらでもなくしつこく聞かせろと促す。このちょっとしたやりとりが、お互いのモヤモヤに微風が流れたかのように少し薄らぐきっかけとなり、新米監督は大物役者にも対等に演技要求を、中年男は映画にどんどんのめり込みロケの手伝いを進んで行うまでに、そして若者の心情を少しずつ理解しだして、抱えていたもう一つの悩みの解決にも繋がる変化を見せるシーンはグッとくるものがあります。このよくできたヒューマンドラマの間に、映画のロケシーン、これがゾンビ映画で、ところどころに笑いを交えたシーンをインサートすることで、映画に脈動を与え生きた映画にする要素となっています。そして、ラストの楽しかった夏休みを思い出すかのように仕事の合間に森で遠くを見つめる中年男。そしてその夏休みが継続して精一杯楽しもうとする青年の対照的な姿の中にも、お互いが「今を生きる」を見つけた姿がとても印象的な作品でした。

2012年作品。129分。
・出演:役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古館寛治、山崎努、伊武雅刀、平田満、嶋田久作、高橋努
・監督:沖田修一
・音楽:佐藤崇
・主題歌:「フィルム」星野源

【予告編】 【作中ゾンビ映画予告編】 【公式サイト】 【この作品をすぐ観る】 【この作品をレンタルする】 【サウンドトラックをレンタルする】





<三人の監督>
この映画には三人の監督がいます。もちろん一人はこの作品の沖田監督で、他の映画は南極観測隊員たちの生活をコメディタッチで描いた「南極料理人」(‘09:堺雅人)。あとの二人はこの映画の主人公の役所広司さんと小栗旬さんで、役所監督は親子愛を描いた「ガマの油」(‘08:役所広司)、小栗監督はコメディサスペンス(?)「シュアリー・サムデイ」(‘10:小出恵介)と、三人の映画を見比べてみるもの面白いです。

  



激突(Duel)



 セールスマンのデイヴィッド・マン(デニス・ウィーバー)は、商談で車で遠出をしている最中に、前を走るトレーラーを追い抜く。しかしトレーラはその後、しつこくデイヴィットの車を追いかけ命を狙う

 郊外のアメリカらしい住宅のガレージが開き車視点で映像が動き出す。ラジオのニュースをバックにビルが建つ街中を通り抜けて、ハイウェイを抜け、やがてラジオの音声がローカルなDJに変わるころ、民家も店もない荒原へと風景は変わってゆく。そして、ようやく一人のセースルマン風の男が、赤いセダンを時間を気にしながら運転する姿に切り替わる。ここまで何気ないシーンなのに、颯爽と走る車視点のため自分も田舎にやって来たんだなという錯覚に陥るほど自然な映像になっています。そして、前方にゆっくり走るトレーラー。そのトレーラーを追い抜いたために、ここから追われる恐怖が始まります。茶色く汚れ錆びついているけれども、その色合いがトレーラーが持つ重量感をさらに高め、自家用車に比べ物にならない馬力で、体に振動が伝わる低音の轟音を響かせ迫り来る恐怖は計り知れません。その速さをトラックのタイヤ視点、フロントからの視点、運転席とその排気煙の映像、猛スピードで流れる風景、そして乗用車のバックミラーと様々なカメラワークで追われる恐怖を伝えます。トレーラー運転手の映像は、ほんの僅かにジーンズにブーツの足元そして手しか見せず、人が運転しているというより、トレーラーが一匹の獰猛な動物として映し出され、そのフォーンがまるで咆哮のようにも聞こえます。また、ただ猛スピードで追いかけて来るだけではなく、踏み切りで走る貨物に押し当てようとしたり、やり過ごしたと思ったら、トンネルの暗闇の向こう側出口にスーッと現れ停止、そしてライトが点灯して徐々に速度を上げ向かってくる姿は、まるで知性を持った野獣のようでもあります。この単調になりやすい自家用車とトレーラーの追走劇にアクセントを入れて、飽きを感じさせないジェットコースタームビーになっているところは、さすがメジャーになる前でもスティーブン・スピルバーク作品だと感心しました。

1971年アメリカ作品。90分。
・出演:デニス・ウィーバー
・監督:スティーブン・スピルバーグ
・音楽:ビリー・ゴールデンバーグ
・原作:「激突」 リチャード・マシスン

【予告編】




<リチャード・マシスン>
アメリカのSFやホラー作家で映画化作品は、疫病で人類が滅びて一人残された男が吸血鬼と戦う「地球最後の男」(‘54)、「地球最後の男オメガマン」(‘71:主演チャールトン・ヘストン)、「アイ・アム・レジェンド」(‘07:主演ウィル・スミス)、体が縮んでゆく男の恐怖を描いた「縮みゆく人間」(‘57)、格闘ロボットと親子の愛情・友情を描いた「リアル・スティール」(’11)、悪霊が住む家と調査隊の闘いを描いた「ヘルハウス」(‘71)などがあります。原作もまるで映画のような流れに細かい描写でとても面白いです。
   

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。