スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵はBARにいる



 札幌すすきののバーを連絡場所にしている探偵オレ(大泉洋)と助手高田(松田龍平)は、コンドウキョウコと名乗る女性からの調査依頼を受けるが、ある組織に拉致され脅かされる。そして、再びコンドウキョウコから調査依頼の電話がかかってくるが、その裏には過去の殺人事件が絡んでいて、その核心と真実に知らず知らずのうちに近づくはめになる。

 札幌歓楽街すすきので繰り広げられる探偵と謎の女と組織の駆け引きと攻防。面白いです。。。大泉洋さんの素のキャラを生かした憎めない探偵オレとグータラだけどめちゃめちゃ強い松田龍平さん演じる助手高田。このコンビを見ているだけで常に何かを起こしてくれる、いや何かが起こるワクワク感が、これぞ映画って感じでいいですね。探偵オレの自己紹介とそのギャップある映像は楽しいし、ぬぼーっとしているが、やるときにはガンガンやっちまう助手高田の期待感もいい。そして二人のウマが合ったやりとりや、ボロ車への語りかけなんてもいい。そして最近はメンヘラ的な役にはまり込んでいる高嶋政伸さん。そこらじゅうにピアスを開け見ているだけで気味が悪く、そのうえ危ない性格が全身から漂ってきてイイキャラ出てます。すっかりこっちの人になってしまったな・・。そして謎の未亡人小雪。ここだけは、探偵への依頼主の女性の声がまるまるそのままで、謎の意図が早い段階から想像できてしまうのは、狙ったのかもしれないけどちょっとミステリー要素が薄くなって残念かな。まあ、その分、探偵コンビの活躍??の場が増えているので良しかな。ちなみに、第二作目が今年2013年に公開されて、冬にはDVDが発売される予定なので、またこのコンビに会えます。ワクワク。 

2011年作品。125分。
・出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、高島政伸、田口トモロヲ、竹下景子、石橋連司、波岡一喜、松重豊
・監督:橋本一
・音楽:池頼広
・主題歌:「時計をとめて」カルメン・マキ
・原作:「バーにかかってきた電話」東直己

【予告編】 【探偵はBARにいる2予告編】 【探偵はBARにいる2公式サイト】 【この作品をレンタルする】 【サントラをレンタルする】





<札幌市を舞台にした映画>
北海道警の闇を暴こうとする刑事たちの「笑う警官」('09:大森南朋)、侍が現代にタイムスリップする「満月 MR.MOONLIGHT」('91:原田知世)など。あれ意外と少ない。
 




スポンサーサイト

宇宙戦争



 ある日世界各地に隕石が落下し、その場所からエイ型の宇宙船が現れ、光線で建物を破壊し、人々を攻撃し始める。そして、人類は様々な手段で攻撃するが、なすすべも無く追い込まれてゆく。

 宇宙人の襲来。最近ではよくある設定でCG満載の迫力のある映画が多いですが、1950年代の作品で既にこの完成度は素晴らしい。自由アームを持つエイ型宇宙船は曲線美を持った素晴らしい造形で、三眼(三原色)を持ち人を追い回すアームシーンなど、以降の「アビス」などにアイデアが継承されているでしょう。とにかく破壊光線を出しまくり容赦無く、建物や人を破壊して人間の無力さを知らしめ、人間はなすすべも無く教会に集まり最後の時をただ待つ。この絶望感が、ヒーローなど存在しない現実感がある恐怖を生み出しています。一応、主人公は化学者で、宇宙人を倒すため研究をしてヒントを見つけこれから逆襲する展開になるかと思いきや、何とこの映画では大事な研究サンプルを暴徒に奪われ自分ももみくちゃくちゃにされて、仕方なくヒロインを探しまくるというヒーロー否定映画。当時としては斬新だったと思います。とにもかくにも以降の宇宙人襲来映画の先駆者映画。ちなみに原作はH・G・ウェルズで、地球を襲来する三本脚のトライボットや宇宙人の天敵のアイデアなど1890年代に書かれた作品とは、ただただびっくりです。

1953年アメリカ作品。
・出演:ジーン・バリー、アン・ロビンソン、レス・トレメイン、ボブ・コーンスウェイト、ルイス・マーティン
・監督:バイロン・ハスキン
・音楽:リース・スティーヴンス
・原作:「宇宙戦争 The War of The Worlds」 H・G・ウェルズ 1898年発表

【予告編】 【この作品をレンタルする】




<H・G・ウェルズ>
「SFの父」と呼ばれたイギリスの作家。映画化は有名作品ばかりで、「宇宙戦争」('53、'05)、「モロー博士の島」原作の「獣人島」('33)「ドクターモローの島」('78)・「D.N.A」('96)、「月世界旅行」('05)、「透明人間」('33)、「神々の糧」原作の「巨大生物の島」('77)、「タイムマシン」('60、'02)など。

     

八月の濡れた砂



 夏の湘南。やりきれずはけ口を捜してバイクを乗り回す西本清(広瀬昌助)は、夜中に若者達から乱暴されて車から捨てられる三原早苗(テレサ野田)を拾って助けるが、ふとして隙に彼女は消えてしまう。やがて、清は早苗と再会して、悪友の高校中退の野上健一郎(村野武範)らと共にひと夏を過ごす。

 70年代若者の目的も見つけられず、やる気もなくその日を暮らす(潰す)青春群像映画なのかな。時代は違っても、若者の頭の中はセックスでいっぱい。だから隙あらば、そっちに傾いてゆく。ただ、この映画でのセックスは、レイプまがいで強引。ラブラブという感じは無く、男の欲望むき出しで、当時はこんな感じ?と勘違いしてしまいます。登場する若者は愛人の子で高校中退で無駄な日を過ごす青年に村野武範さん、この後テレビ青春ドラマの先生のイメージが強いので、海のシャワー室やクルーザ上で強引に女性を襲うギャップがどうも・・。そして悪にはなりきれずバイクを飛ばして気晴らしする青年に広瀬昌助さん。こちらの方は、よくいる普通の青年ですが、彼の欲望のはけ口とその罪悪感との葛藤が本当の青年像のように思えます。当初は、沖昌也さんが予定されていたようなので、沖さんがやっていたら、全然別の青年像になっていたでしょう。そこに自由奔放な少女と保護者的姉、真面目だけれど焚き付けられ暴挙に出てしまう青年、優等生の少女など、多くのキャラを用意して彼らの方向性が見つけられない、ある意味破滅的なひと夏が繰り広げられます。舞台の湘南は懐かしい海の家に、今と変わらず賑わう海と浜辺。そしてロックミュージックが生演奏され、40年前なのに、今でも継承されるいる風景が見られるのが、なかなかオツです。スカイラインハコスカなども登場。そして、この映画は色の使い方が強烈なのも印象的で、青と赤を極端に画面いっぱいに広げ、若者達の曖昧さからの脱却したいという心の中を表現しているのでしょうか。

1971年公開。91分。
・主演:広瀬昌助、村野武範、テレサ野田、藤田みどり、中沢治夫、赤塚真人、隅田和代、奈良あけみ、地井武男
・監督;藤田敏八
・音楽:むつひろし、ペペ
・主題歌:「八月の濡れた砂」 石川セリ

【予告編】 【この作品をレンタルする】 【この主題曲をレンタルする】





<ハコスカ>
早苗の姉の車で清が姉に襲いかかろうとしてシフトギアを折ってしまう。日産スカイライン3代目、ハコスカという愛称があるくらい昔は有名な車です。最近では洋画「ワイルド・スピード MEGA MAX」('12米)、「ほしのふるまち」('11)に登場してます。気が付かなかったけど、旧い映画になら出てるのかな?




踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望



 警察保管庫にあった拳銃で二人の男性が殺害され、その被害者はは6年前の少女誘拐殺人事件に関わりがあった。警察上層部は警察の不祥事を隠すため、犯人をしたて冤罪逮捕するが、バレそうになり青島刑事(織田裕二)と室井警視監(柳葉敏郎)に責任を押し付け辞職させようとする。そんな矢先、湾岸署真下署長(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐される。それは六年前の誘拐事件とあまりにも似ていた。

 踊る大捜査線シリーズの最終作品(本当?)です。テレビシリーズから始まった熱い青島刑事と仲間たち、そして腐敗し権力争いと保身の警察組織、それを打破しようとする室井。みんな年をとっても、このコンセプトは一貫して不変でこの作品でも、もちろん踏襲されています。踊るシリーズは熱血とおちゃらけが、上手く噛みあって、登場人物たちもその要素がいっぱい。だから、最初のから揚げ屋偽装張り込みシーンなどが平気で使われても違和感がない。もちろん、眉間のしわがトレードマークの室井でさえ、この路線は崩さず、今作品でも、指令が「全捜査員に告ぐ、バナナだ」だったり、かっこいいこと言ったあとに「なんてな」なんて言葉が入ってもよし。そんななか、この路線から外れた人物たちが、今作品の別の主役となっていて、彼らが登場するシーンと普段の湾岸署のギャップがスゴイ、まるで別の映画が二本同時上映されているかのような重々しさと軽さの展開の闘い。その二本の映画が交差するときの、思い空気と軽い空気が混ざり合いぶつかるときの気圧差の出し方も絶妙でした。でも、クライマックスのこの交差シーンに、あの手段で一石を投じて解決するとは予想外でしたが..。そして、毎回進展しない青島とすみれの関係はどうなるのかなと、やっぱり思わせる最後でした。

2012年作品。126分。
・出演:織田裕二、深津絵里、柳葉敏郎、ユースケ・サンタマリア、小栗旬、内田有紀、伊藤淳史、水野美紀
・監督:本広克行
・音楽:菅野祐悟
・主題歌:「Love Somebody」 織田裕二

【公式サイト】 【予告編】 【この作品をレンタルする】

特命係

「相棒」シリーズ「特命係」をCG化してみました(質感がない稚拙な出来ですが・・)。
「特命係」とは、TVドラマ、劇場版「相棒」シリーズに登場する杉下右京警部ともう一人の相棒が所属する警視庁内にある窓際係で、捜査権限はないのに勝手に捜査一課の事件に介入して難解事件を解決する部署です。彼らの部屋は捜査課の部屋の一番奥の倉庫の様な部屋。しかし杉下右京のこだわりから、高級紅茶があったり、チェスやレコードプレーヤーがあったりと警察とは思えないインテリチックな部屋になっています。

<上から>
上から

<横から>
横から

<入り口から>
入り口から

<劇場版シリーズ>
・「相棒 -劇場版- 絶対絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」('08)、「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」('09)、「相棒 -劇場版Ⅱ- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜」('10)、「相棒シリーズ X DAY」('13)、「相棒 -劇場版Ⅲ-」('14予定)

東京タワー近郊

TokyoTower

 ひさびさに東京タワー近郊に来たのでシャッターパシッ。こんな感じだったけ。意外とコンパクトに見えて古めかしいし、デコボコしてスリムじゃない。でも、1958年開業以来、東京のシンボルで電波塔の仕事をやり続けたスゴイやつです。
 東京タワー関係の映画といえば、樹木希林さんとオダギリジョーさんの母子愛の「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」('07)、岡田准一さんや松潤の熟女不倫もの「東京タワー」('04)、東京タワー建設時のCGが素晴らしい「ALWAYS 三丁目の夕日」などがあり、なかなかの秀作揃い。そして東京のシンボルですから怪獣たちの格好のターゲットにもなっていて、モスラが繭を作ったり、ギャオスの産卵場所などでもありました。最近では、「ウルヴァリン:SAMURAI」('13米)でも登場してるらしいです。
 これからはスカイツリータワーにその場を取られることが多くなるでしょうが、まだまだ映画の画面でみたいですですね。

 

<御成門>
東京タワー入り口から芝公園へ向かう坂を下ったあたりに突然ある門で、徳川将軍家が増上寺に参詣する時に使った門らしいです。
御成門

<東京プリンスホテルとザ・プリンス パークタワー東京>
古めかしいですが、1964年に徳川霊廟跡に立てられたホテルです。遠くに見えるのはザ・プリンス パークタワー東京。
TokyoPrinceHotel

学校の都市伝説 トイレの花子さん





 「トイレの花子さん」が出ると噂されている小学校に、卒業生の沢口美香(相澤仁美)が新任教師として赴任してくる。そして仁美は立ち入り禁止のトイレに足を向けてしまいその扉を開いてしまう。
 前任の教師の代わりに急遽赴任してきた新田浩一(山口翔悟)は、いじめがあることに気づき、事実を確認するためにトイレに入るが、ある扉から異音がするのを感じる。

 題名からしてBいやC級ホラー映画だとわかっていたけど、つい観てしまいました。映画は、「トイレの花子さん」=昔いじめれて自殺した少女の霊で、この霊が唯一仲良くしてくれた同級生を巻き込み、他の同級生が集まるイベント(タイムカプセルの掘り出し)に焦点を合わせ復讐しようとするストーリーです。いじめられっ子の復讐ホラー映画は「キャリー」('76米)、「デビルスピーク」('81米)、「案山子男」('03米)などあり、大抵は自分で復讐するのがスジ(?)のはずですが、この花子さんは自分で手を下さないで、同級生の新任教師を巻き込み復讐しようとする悪質霊(霊に悪質ってあるのか?)。最後の復讐手段は、これですか・・。もっと霊パワーとか使って復讐すればいいのに・・。予算の関係?というショボイ復讐劇。そして、どうも少女霊の露出が多く(さりげなくではなく堂々と登場)、観客を驚かせようとか、怖がらせようとかのセンスは感じられず。映画の区切りごとに入る、人物名のテロップは、まさに「呪怨」のパクリ(質は雲泥の差がありますが)。まあ、ストーリーとして、卒業生が新任教師として赴任してきて卒業時と変わらない校舎と見知った先生、更に別の先生が赴任してきて新校舎と長年この学校にいる校長と、時空の差を表現するためと考えれば、わかりやすい区切りなのかもしれません。キャストは、新任教師にグラビア出身の相澤仁美さん。確かにグラビア出身らしく、はちきれそうな・・。もう一人の新任教師は、特撮出身で近年ではTV「ハンチョウ」に出ていた山口翔悟さん。この手の映画なので演技は臭いほうがいいのです(ほめてるつもりです)。で、意外と子役達の演技が良かったりするのもご愛嬌。とまあ予想通りの出来でした。やっぱり1995年の「トイレの花子さん」の出来が一番良かったかも、おっと最近「新劇場版」なるものも作られたみたいだ。

2007年作品。
・出演:相澤仁美、山口翔悟、金城成美、坂野真理、桑名理瑛、大森博史、水木薫
・監督:吉田浩太

【この作品を見る(有料)】

リング



 ライターの浅川玲子(松嶋菜々子)は中高生の間で噂になっている呪いのビデオを取材していた。そんなある日、姪(竹内結子)が不可解な死に方をして、不審に思い調べると、姪と一緒に旅行に行った他の三人も同日同時刻に死亡していた。そして、玲子はその旅行先を訪れ謎のビデオを発見して見てしまう。そのビデオは見てから一週間後に死を招くビデオであった。

 「呪怨」と双璧のJホラーの代表作だけあって、いつ見てもその完成度の高さに感嘆します。そのビデオを見ると一週間後に死を招くという都市伝説まがいの呪いのビデオ。普通この題材だと、無闇に人が死んだり、安易な展開と結末に陥るのですが、このリングの場合は、最初にビデオを見たがゆえに訪れる死の怖さを女子高生(若かりし頃の竹内結子さん)で衝撃的に印象付けて、次にそのビデオを見てしまった主人公たちが、一週間のリミットが刻々と迫る中で、焦りと絶望と僅かな希望をもって、呪いの真実に近づいてゆくサスペンス要素が十分に発揮されています。そして、その呪いの元となる山村静子、貞子親子の非科学的なエピソードを、どんよりとした大島の風景や竜二の見る思念で表現することで見ているものをぐいぐい映画の中に引き込んでゆきます。それは、まるで自分がそのビデオを見てしまったかのように・・。そして有名な竜二の呪死のシーン。それまでの幽霊という概念を覆す「貞子」登場は、この作品以降のホラー映画の演出を一変させ、観客と、映画の中の世界との境界を無くしたともいえます(画面から出てくるかも)。また、この作品は、松嶋菜々子さん、真田広之さん、中谷美紀さんらキャストがしっかりしていて、近年の演技ベタ役者起用のホラー映画では見られない重みさえ感じます。なんとなくざらついた映像感もいいのかもしれません。と、折角いい作品の「貞子」が年を重ねるごとに怪物化そして下手をしたらお笑いのキャラになってしまったことに残念至極。あー、良質のホラー作品が見たい。

1998年作品。95分。

・出演:松嶋菜々子、真田広之、中谷美紀、竹内結子、佐藤仁美、沼田曜一、雅子、大高力也、伴大介、柳ユーレイ
・監督:中田秀夫
・音楽:川井憲次
・主題歌:「feels like "HEAVEN」 HIIH
・原作:「リング」 鈴木光司

【動画をすぐ見る】 【この作品をレンタルする】
 リング


こっくりさん 劇場版





 山中で三十年前以上に行方不明になった少年の遺体がコックリさんの紙と一緒に発見される。そして、その日から少年の同級生たちが次々と命を落とし、絵梨(鈴木まりや)の母もその一人となってしまった。同じく母を失った牧瀬(山形啓将) が絵梨のところに訪ねてきて、一緒に三十年前起こった少年とその同級生たちの出来事を調査しに山間の小学校へ向かう。
 
 誰もが一度は経験したり聞いたことがある「こっくりさん」にまつわる恐怖映画です。偶然発見された三十年前に行方不明になった少年の遺体が過去の怨念を呼び覚まし、少年の同級生やその家族に呪いと死の恐怖を与えます。その少年の呪いの方法がこっくりさんで、こっくりさんてそうゆうものだっけ思いながら見ていると、何と人々を襲うモヤモヤした黒い霧に尖った獣のような指。と怪物チックな怨霊登場。これがコックリッさん?まあ、動物霊と言われているから、あながち間違いじゃないと思うけど、恐怖感がない安っぽいCGで描かれて、時間をかけずに作られたのだろうなという感じの映画自体のチープ感にさらに拍車をかけています。とにかく、出てくる人々に知った顔がなく(それはいいとして)、演技が映画にするレベルじゃなくて素人っぽさ全開なのに大げさな演技。見ている方が恥ずかしくなります。まあ、この映画のいいところを一つくらい見つけなくては・・こっくりさんを題材にして呪いも除霊もこっくりさんを呼び出さなくてはならないため、呼び出すまでの間に迫る恐怖に焦るくらいかな?ところで、こっくりさんって何でも言うこと聞いてくれるの?

2011年作品。85分。
・出演:鈴木まりや、片岡明日香、山形啓将、飯田まさと、梅本静香、後藤那奈
・監督:永江次朗

【オフィシャルサイト】


プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。