スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君よ憤怒の河を渉れ



 ある日突然、東京地検検事杜丘(高倉健)は、身に憶えない強盗・強姦の罪で逮捕されるが、黙秘を続け知人の刑事矢村(原田芳雄)と共に家宅捜査に同行する。しかし、部屋から盗品が発見され、杜丘は刑事の隙を見て抜け出し、真犯人と真実を知るための逃亡生活が、始まる。
 
 シブシブ俳優の逃亡者役の高倉健さんと追跡者の原田芳雄さん。この二人の逃走・追跡劇がつまらないわけがない。そして逃亡に至る過程は、突然街でこいつにやられたーと指さされてあっさり御用(ありか)。しかし、隙をみて逃げ出し、東京~石川~北海道~長野~東京と真相を捜査しながら逃げ回り、さらにこれに新薬の製薬会社の陰謀、そして逃亡先の牧場主の娘とのラブロマンスもあり、閉鎖病棟での悪の実験と1970年エンターテイメントサスペンス作品堂々完成という感じです。そして逃亡手段は操縦したことのないセスナでの逃亡(ありえない)、銀座の街を馬で逃亡(これまたありえない)、そして熊に襲われる(救われるもあるよ)といった緊迫シーンが数多く登場するのですが、ここで使用されるBGMが、なぜか軽いテンポのコメディタッチな曲で一気に気分は消沈。何故にこの曲と流れるために興ざめしてしまいました。また、この手の映画などで特殊技術は酷い。セスナを追尾する航空自衛隊機が斜めに飛んで、後ろの煙が後方から上方に流れているー、水平に飛ばしたら必ず煙は上方に立ち上るため無理やり斜め飛びにしたのだななんて、どうでもいいことに眼がいってしまいました。あとは、惜しげもなく中野良子さん、脱ぎっぷりがいいと思ったのは一瞬、そのカットわりじゃ、裸体は代役さんだとばればれでしょ。なんて気になる点もありますが、1970年調を楽しみたいかたにはお勧めの映画です。

1976年作品。151分。
・出演;高倉健、原田芳雄、中野良子、池辺良、大滝秀、西村晃、岡田英次、伊佐山ひろ子、田中邦衛、倍賞美津子、大和田伸也、下川辰平
・監督:佐藤純弥
・音楽:青山八郎

【予告編】 【詳細】 【レンタルする】

スポンサーサイト

エスパイ



 世界平和を守るエスパイたち(藤岡弘、由美かおる、草刈正雄は、バルトニア首相を暗殺して世界を混乱させようとする逆エスパイから首相を守るために、本国から日本に護衛を任せられる。

 盛り上がらない。正義と悪の超能力者同士の戦いで、まるで「Xメン」のような設定なのですが、戦いはアクションや銃撃がメインで、超能力は防御に使って戦いには発揮できていないよ。正義のエスパイは藤岡弘さん、どうみても本郷タケシでいつ変身するのかと気になってしまいました。その恋人でメンバーの由美かおるさん、途中でトップレスになって痴態を演じますが、そのシーンが何度もリピートされサービスし過ぎ。そして新米のメンバー草刈正雄さん、無理やりメンバーにさせられ殺人の葛藤に悩む男。やっぱりハンサムだわ。彼らのボスは加山雄三さん、合ってる合ってる。映画はとにかく、超能力以外の戦いが多く、銃撃で殺傷したり、重機を使っての攻撃と、能力全開の戦いは見られませんでした。出てくる超能力は、念動、透視、予知、そして窮地に陥ったときに発動される伝説の能力がテレポーテイションと定番の能力が出てくるのですが、一番最強能力が催眠(?)!飛行機を墜落させようとしたり集団催眠で撹乱させたりと最強(これも超能力なの?)。戦術も悪の組織はエスパイたちを分散させる作戦で、あっさりと分散させられ個々に狙われるエスパイたち、なのに何故か勝ってしまいました。運かな、あっ、愛か。

1974年作品。94分。
・出演:藤岡弘、由美かおり、草刈正雄、加山雄三
・監督:福田純
・音楽:平尾昌晃、京建輔
・主題歌:「愛こそすべて」 尾崎紀世彦
・原作:「エスパイ」 小松左京

【詳細】 【レンタルする】

ロボジー





 白モノ家電メーカのダメ社員3人は、社長命令でロボット開発プロジェクトを進めていたが、ロボット展を間近に向かえロボットが全損してしまう。慌てた三人は急遽、ロボット中に人を入れることにして、中には頑固な鈴木老人(五十嵐信次郎)がはいった「ニュー潮風」を完成(?)させる。ロボット展でテレビに映しすぐに撤退する予定であったが、鈴木老人の目立ちたがり精神で踊りを披露し、事故で女子大生(吉高由里子)を助けたことで一躍世間に有名になってしまう。その日から、事実を隠した珍道中が始まる。

 「ウォーターボーイズ」、「スイングガールズ」、「ハッピーフライト」の矢口監督作品とあってなにが巻き起こるかワクワク期待してしまいます。今度は、ロボットもの、それも中は人間、それも老人、やはりおもしろ設定です。ロボット工学の知識、いやそれ以前に基礎技術の知識もない三人のダメ社員と目立ちたがりやでプライドがある気難しい老人、異常なまでのロボおたくの女子大生、いまいちやる気がないケーブルテレビの女性スタッフと登場人物の準備も万端。せっかく作り上げた(?)ロボットが事故で全損、苦肉の策で中に老人を入ってもらうが、持ち前のプライドがしゃしゃり出て目立って人気者になってしまう。そして珍道中をするはめに。この老人、トニーカーティスさんだよ、気難しい爺さんにすっかりなってるよ。本当は歌手とは思えないけど、エンディング曲でファンキーなボーカルを聞かせてくれまっせ。ダメ社員は、おどおど感たっぷりだけど意外と大胆な濱田さんを始め、すぐキレ系のチャイさんと個性は豊か。ロボットおたくの女子大生は、ハイテンション時の異常な陽気さ、ローテションの時の怖キャラの吉高ワールド。いままでの映画のような文化祭やコンクールなどの見せ場がないため、すこしこじんまりした内容になってしまいましたが、十分に楽しめた映画です。

2013年。111分。
・出演:五十嵐信次郎、濱田岳、吉高由里子、河合正悟、川島潤也、和久井映見、田畑智子
・監督:矢口史靖
・音楽:ミッキー吉野
・主題歌:「MR.ROBOTO」 五十嵐信次郎とシルバー人材センター

<門司港駅>
三人が鈴木老人を車でピックアップする駅。重要文化財。

大きな地図で見る

【詳細】 【レンタルする】 【サントラをレンタルする】


プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1028位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
38位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。