里見八犬伝

 

 室町時代、里見家の城が、かつて滅ぼしたはずの玉梓(夏木マリ)と蟇田素藤(目黒祐樹)が率いる軍勢に攻め落とされ、一族郎党が皆殺しにあう。ただひとり落ち延びた静姫(薬師丸ひろ子)は、近くの村に逃げ込むが、村の若者親兵衛に(真田広之)に捕まりそうになる。そこへ二人の山伏が現れ、姫を新兵衛の手から助ける。彼らは里見家ゆかりの人物で、姫を守り玉梓親子を倒す使命を帯びた八犬士であった。



 江戸時代の読本作者滝沢馬琴が執筆した「南総里見八犬伝」をアレンジした作品で、角川アイドル薬師丸ひろ子さんとJAC軍団(千葉真一さん、真田広之さん、志保美悦子さん)出演の80年代大型時代劇エンターテイメント映画です(当時の邦画興行収入1位)。

 かつて悪行の限りを尽くした玉梓と蟇田素藤親子が、里見家に滅ぼされた怨念のもと復活し、里見家根絶やしを目論見、城攻めをして里見家の人々の首を悉くはねます。そして、唯一落ち延びた最後の血筋静姫を最後の獲物として狙います。この玉梓軍団は親子だけではなく、人間や死体を改造して特殊な能力を持たせ思うままに操る「幻人」、蛇の化身の「妖之介」、妖術使いの老婆「舟虫」と、二人の赤備えの鎧武者を筆頭とする黒鎧の軍団。さらに玉梓が崇拝する御霊様が祭られた岩で作られた地下の城。ここには処女の血で満たされた浴槽があり、玉梓が傷付き崩れてゆくのを防ぐ効力があります。まさに闇の軍団ここにあり。そして怨霊玉梓を演じるのは夏木マリさん、今はもちろん風格がありますが、当時30代の夏木さんの貫禄と魔女のような風貌は流石ですね。ナイスキャスティング。

 対するは、静姫を奉じる「仁義礼智忠信考悌」の玉を持った里見家八犬士。100年前に里見義実が隣国に攻められ落城間近に迫ったときに、義実が飼い犬の「八房」へ与えた「敵将の首を取ってきたら姫をつかわす」の戯言に、見事八房が応え、姫とともに山の中に暮らすも、家臣たちが姫を取り戻そうとした際に誤って姫を撃ち抜いてしまいます。そのとき、姫の体内から八つの玉が四方八方彼方に飛翔します。そして100年ののち、その玉を持った八犬士が使命を感じ取り、静姫のもとに集まり、姫を守り里見の城を取り戻そうとする物語となっています。馬琴の八犬伝では、一人一人のエピソードが丁寧に描かれ、敵対したり、すれ違ったりしていた八犬士が仲間となってゆく様子も小説の醍醐味となっています。しかし映画は2時間強。全員のエピソードはムリなので無理やり、そしてあっさりと集合させましたね。ちなみに八犬士は、犬塚信乃(「孝」の玉)、犬山道節(「忠」の玉)、犬村大角(「礼」の玉)、犬坂毛野(「智」の玉)、犬養現八(「信」の玉)、犬田小文吾(「悌」の玉)、犬川荘助(「義」の玉)、犬江新兵衛(「仁」の玉)の面々。彼らは玉梓親子と対峙し、今度は親子の城に攻め込みます。八人+姫で・・少ないだろ、馬琴原作では大軍だったはず・・。それでも、一人一人に見せ場を与え(敵将にも)、アトラクションのような城の中を突き進み玉梓親子へと迫ります。
 正義のキャスティングは、静姫を当時飛ぶ鳥を落とす人気の薬師丸ひろ子さん。丸顔黒肌で姫には見えず、百姓の恰好のほうが似合っていますが、そこが可愛いです。JACの面々はいつも通りの演技とアクション。犬塚信乃役は京本政樹さん。中世的な美青年で、この映画から人気が出たはずです。
 今あらためて見ると、80年代の大味感がたっぷりの映画ですが、それでも当時を懐かしく思い出す作品のひとつです。



・1983年公開、136分
・出演:薬師丸ひろ子、真田広之、千葉真一、夏木マリ、目黒祐樹、志保美悦子、京本政樹、萩原流行
・監督:深作欣二
・音楽:NOBODY
・主題歌:「里見八犬伝」「八犬士のテーマ(White Light)」 ジョン・オバニオン
・原作:「新・里見八犬伝」 鎌田敏夫



<滝沢馬琴>
 八犬伝の映画はというと、本作品以外は1950年代に作られた作品しかないみたいです。やっぱり印象深いのは、1970年代にNHKで放送された人形劇「新八犬伝」ですかね。人形作家辻村ジュザブロ-の芸術としか言えない人形たちに坂本九の軽快な語り部の時代冒険劇は最高の作品です。残念ながら全464話のうち4話しか現存していないみたいです。そして原作者「滝沢馬琴」も映画に顔を出します。最近では「駆込み女と駆出し男」(2015年)で主人公のじょご(戸田恵理香)の知り合いとして登場(山崎努さん)。その他、「北斎漫画」(1981年)で北斎の友人として(西田敏行さん)、そして「写楽」(1995年)でも登場しています。

    



 


スポンサーサイト

快盗ルビー



 さえない会社員林徹(真田広之)の上のフロアーに若い女性加藤留美(小泉今日子)が引っ越してくる。彼女は自ら、自分は泥棒と明かして、徹を仲間に引き入れるが、彼女はまだ犯罪を犯したことがない初心者であった。そんな彼女に徹は振り回されながらも、犯罪にならない犯罪に手を染める。


 小泉今日子さんと真田広之さんの新米犯罪者コンビを描くコメディ&サズペンス(?)映画です。
母と二人暮らしで、臆病で会社でもボーッしているさえない会社員、林徹。元イラストレータで引っ越しを機に泥棒になろうと決心する加藤留美。たまたま同じマンションの上下階の住人同士になり、なかば押し切られる感じで留美の相棒にされられる徹。相棒と言っても留美が計画する犯罪のほぼ実行犯にさせられてしまいますが、小悪魔的に可愛い留美にまんざらでもないため、出来ない、駄目だと断りながらも結局はビクビクしながら実行してしまいます。ただ、初心者留美の立てた計画に、臆病な徹の実行ですから、その成功率はというと・・。というわけで、いろいろな犯罪に手を出します。食料品店を営む店主のカバンを狙う置き引き、銀行強盗、高級マンションの金持ちを狙う空き巣、宝石店を狙う詐欺。けれども収支決算は、もちろん赤字。唯一成功したかと思われたのが、留美が彼氏に出した手紙を奪う「郵便物窃盗」、しかし徹の怪しい行動が通報され、徹は警察署に連行されてしまいます。いままで一番しょぼい犯罪なのに。
 と言うわけで、犯罪もの映画でありながら、軽い、軽いコメディタッチの作品です。途中で二人が歌うミュージカルシーンもあり、可愛い小泉さん(本物のアイドルKYON2だ)と三枚目役だけど二枚目な真田さんをほのぼのと見る映画ですね。ラストは、今は亡き大瀧詠一さん作曲で小泉今日子さんが歌う「怪盗ルビー」のズビズビズーで懐かしさいっぱいの気持ちになりました。

【主題歌:快盗ルビー】 【挿入曲:たとえばフォーエバー】

1988年公開。96分。
・出演:小泉今日子、真田広之、水野久美、陣内孝則、天本英世、高見恭子
・監督:和田誠
・音楽:八木正生
・主題歌:「快盗ルビー」 小泉今日子
・原作:「快盗ルビー・マーチスン」 ヘンリー・スレッサー



<アイドルKYON2映画>
最近ではすっかり女優さんですが、30年前はスーパーアイドルKYON2。もちろんアイドル映画も出てました。
「生徒諸君!」('84)、「ボクの女に手を出すな」('86)。生徒諸君はDVD化されていないみたいです。

翔べイカロスの翼



 カメラマンを目指し全国を放浪する栗山(さだまさし)は、ふと目に入ったサーカスのポスターに惹かれ、何となくサーカスの門を叩く。最初はサーカスの裏表の写真を撮る目的であったが、一緒に団員たちと生活を共にするうちに、その一員になりピエロになることを決意する。

今は無くなった日本三大サーカスのひとつ「キグレサーカス」の、若くして命を失くした実在のピエロくりちゃんの物語です。映画は、サーカスの派手な表舞台を映し出すだけではなく、集団で地方周りをする実際の生活姿(食事姿、夜のサーカスの姿、個人の生活など)が映し出され、役者さんが演じているとはいえドキュメンタリー要素も含まれ、この映像だけでも面白い。
 そして主人公のカメラマンを目指すもどこか冷めていた青年が、サーカスに触れピエロの存在を知り、苦悩と努力の中で自らがサーカスの構成を練ってピエロとして成長する姿が描かれています。この青年に若かりし頃の歌手のさだまさしさん。映画デビュー作ですから、素人ぽさがあり、映画の中の主人公が新しいサーカスの世界に入るウブな感じとオーバーラップします。そして芸人になるための一輪車や綱渡りの練習シーンの体を張った演技、道化師ピエロになるためのパントマイム練習シーンは、さだまさしさんのリアル練習シーンなんだなと感じ、やがて習得した芸のお披露目やピエロの道化芸は、見事としか言えないですね(どれだけ練習したの)。またピエロという明るい存在ながら、どこか哀しさがちらっと現れるのも、さださんの歌と一緒の表現力の高さかもしれません。そして青年のピエロとしての人生を一緒に築いてくれるのは、栗山を信頼していろいろと任せてくれるサーカス団長のハナ肇さん(クレジーキャッツのリーダーそのもの)、サーカスの世界から外に飛び出したいサーカス団員百合の原田美枝子さん(とにかく可愛い)、その兄の尾藤イサオさん、その祖父の宮口精二さん(ここで七人の侍の久蔵が見れるとは)、栗山を応援してピエロになるきっかけをつくる飲み屋のママに倍賞美津子さん、とがっちり固められて映画としての安心感があります。また音楽をさださんが担当しているため、北の国からの雰囲気が出ているのもどこか面白い(ちなみに北の国からは1981年からテレビ放映)。そして、さださんが歌いこの映画のために作られた「道化師のソネット」が、この栗山の気持ちを伝える、もうひとつの物語となっていて、しみじみと聞き入ってしまいました。

1980年作品。112分。
・出演:さだまさし、原田美枝子、ハナ肇、尾藤イサオ、宮口精二、橋本功、倍賞美津子、三木のり平、ヨネヤマ・ママコ
・監督:森川時久
・音楽:さだまさし
・主題歌:「道化師のソネット」さだまさし 【おまけに松浦亜弥版】
・原作:『翔べイカロスの翼 - 青春のロマンをピエロに賭けた若者の愛と死』草鹿宏




<さだまさし原作映画>
さだまさしさんと言えば、命を題材に人間味あふれる小説を多く書かれ、その小説が原作となった映画も数多く作られています。
辛い過去のもつ遺品整理人の「アントキノイノチ」(‘11)、余命少ない気丈な母と娘の「眉山」(’07)、次第に視力を失ってゆく病に罹った青年の「解夏」、自伝的小説の「精霊流し」(’03)
 
  
  


台風クラブ



 長野のある田舎町。夜中の中学校のプールで「BARBEE BOYS」の「暗闇でDANCE」のビートに合わせて踊る女子生徒たち。その様子をプールの中から目から上だけ出して窺う男子生徒。中学生たちの青春映画の幕開け、かな。でも、少しずつ近づく台風に影響されたかの様に、淡い恋心や甘酸っぱい青春などは木の葉のごとく吹き飛ばされ、普通の中学生たちの強風と豪雨の狂った青春映像に、ただただ驚かされます。
 鏡越しに見せる非現実世界的な校内でのレズシーン。化学の時間に好きな女子の背中に劇薬を垂らし怪我を負わせる男子。さらに保健室で怪我させられた女子の上半身裸の背中に、養護教諭に顔を押し付けられるその男子。遅刻して母の布団の抜け殻に潜り込み自慰をする女子理江(工藤夕貴)。など次々とエッ!と思わせるシーンのオンパレードで、当時(1985年)本当に一般上映したの?と疑いたくなる内容です。そして、台風が最も近づいたときに、学校内に閉じ込められた彼らの行動は、台風の威力に同期してさらにエスカレートしていきます。演劇部部室でキスをしながらお互いの服を脱がせる女子たち。二人きりの教室で女子を襲う男子。さらに職員室に逃げ込んだ女子を追いかけ、無表情でドアを蹴り続け壊わしてゆく。まるで「シャイニング」(ジャックの表情は豊か過ぎるほどですが・・)。東京に行き、見知らぬ男性のアパートに上がりこむ理江。そしてさらにテンションが上がった彼らは、台風の中、校庭に出て下着姿になり踊り狂う。あまりストーリ性は無いですが、この中学生達の一時の狂気を、「セーラ服と機関銃」、「翔んだカップル」、「ションベンライダー」と若者映画を撮っていた相米慎二監督が描き出しています。そしてもちろん台風ですから過ぎ去ってゆく。その後の晴天の中、理江が表現した金閣寺のように池に浮かぶ校舎が映し出され、その後の彼らの顛末はどうなったのでしょうか。行く末はどうなるのでしょうか。・・台風のごとく一過性かな。んーむ、想像と違い衝撃的な映画だったな。

1985年作品。96分。
・出演:三上祐一、工藤夕貴、大西結花、三浦友和、尾美としのり
・監督:相米慎二
・音楽:三枝成彰
・挿入曲:「暗闇のDANCE」、「翔んでみせろ」 BARBEE BOYS





<相米慎二監督>
「セーラー服と機関銃」(’81:薬師丸ひろ子主演)、「翔んだカップル」(’80:薬師丸ひろ子主演)、「ションベンライダー」(’83:河合美智子・永瀬正敏主演)、と若者映画監督のイメージが強いのですね。他にも牧瀬里穂さんや斉藤由貴さん主演映画を撮られているようですが未見です。そして、残念ながら2001年に若くして亡くなられていて遺作は「風花」(‘01:小泉今日子主演)。あらためて相米慎二監督が描く人物たちを見たくなりました。

  


その男、凶暴につき



 夜の公園。ホームレスの男を面白半分に襲う少年たち。彼らは男が路上で動かなくなるまで小突き、やがてゲームオーバーになって熱が冷めたかのように何事もなく家に帰る。そして、その少年の家に上がりこみ、部屋に入るなり少年を殴りつけるヤクザ風な男。翌日、傾斜のついた橋のたもとから、少しずつ見えてくる蟹股で歩いてくる男。男はそのまま橋を渡り警察署に入っていく。彼がタイトルの「凶暴な男」の我妻刑事で、容疑者への暴行は当たり前、ガサ入れでは裸足で逃げる容疑者をニヤニヤしながら車で追いかけ轢いてしまうことも躊躇なし。この刑事をビートたけしさんが演じ、この映画以降にも北野監督作品で登場してくる凶暴な狂気な男の誕生がここにあります。そしてこの映画ではもうひとりの「凶暴な男」が登場して、二人の凶暴な男の熾烈な戦いがメインストーリーとなっています。もうひとりの男は、麻薬密売組織の目つきの鋭い冷徹な殺し屋清弘(白竜さん)。他の組織のチンピラを油断させてからメッタ刺しにしたり、屋上でぶら下がる状態まで追い込み支えた指にナイフを走らせる。言うことを聞かない仲間は躊躇なく撃ち殺す。この凶暴な二人が、麻薬密売捜査で出会うべきして出合ってしまうのですから凄いことになってしまうのです。我妻が清弘を捕まえた後の取調べがほぼ拷問。警察署内のロッカールームで非合法に清弘を監禁してなぶる我妻刑事。何気にロッカーを開けるとナイフがあり、それを見つめる清弘。ナイフを奪い我妻刑事に反撃するかと観客に思わせて、カットが我妻刑事の背中に回ると、その後ろ手の中には拳銃。その後は釈放された清弘の我妻への反撃が周りを巻き込みながら続き、我妻も闇の世界から拳銃を入手して立ち向かう。本当にこの二人どこへ行っちゃうのと言うくらいぶっ飛び、この暴力と闇が表舞台となる映像は、第一作監督作品から始まり築き上げられた世界観なのだとあらためて感じます。更にキャストの中には、我妻刑事とコンビを組む新米刑事に芦川誠さん、清弘の仲間に寺島進さんら、北野監督作品に欠かせない俳優さんたちが第一作目から存在感が示しています。そして最後は混沌として世界が終了し新たな世界の始まりの中、我妻刑事が渡ってきた橋を、オーバーラップするかのように歩いてくる男。彼もやはり暴力と闇の世界の住人となるのは間違いないでしょう。

【予告編】

1989年作品。103分。
・出演:ビートたけし、白竜、芦川誠、川上麻衣子、佐野史郎、平泉征、寺島進、遠藤憲一
・監督:北野たけし
・音楽:久米大作

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1043位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
37位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR