スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翔べイカロスの翼



 カメラマンを目指し全国を放浪する栗山(さだまさし)は、ふと目に入ったサーカスのポスターに惹かれ、何となくサーカスの門を叩く。最初はサーカスの裏表の写真を撮る目的であったが、一緒に団員たちと生活を共にするうちに、その一員になりピエロになることを決意する。

今は無くなった日本三大サーカスのひとつ「キグレサーカス」の、若くして命を失くした実在のピエロくりちゃんの物語です。映画は、サーカスの派手な表舞台を映し出すだけではなく、集団で地方周りをする実際の生活姿(食事姿、夜のサーカスの姿、個人の生活など)が映し出され、役者さんが演じているとはいえドキュメンタリー要素も含まれ、この映像だけでも面白い。
 そして主人公のカメラマンを目指すもどこか冷めていた青年が、サーカスに触れピエロの存在を知り、苦悩と努力の中で自らがサーカスの構成を練ってピエロとして成長する姿が描かれています。この青年に若かりし頃の歌手のさだまさしさん。映画デビュー作ですから、素人ぽさがあり、映画の中の主人公が新しいサーカスの世界に入るウブな感じとオーバーラップします。そして芸人になるための一輪車や綱渡りの練習シーンの体を張った演技、道化師ピエロになるためのパントマイム練習シーンは、さだまさしさんのリアル練習シーンなんだなと感じ、やがて習得した芸のお披露目やピエロの道化芸は、見事としか言えないですね(どれだけ練習したの)。またピエロという明るい存在ながら、どこか哀しさがちらっと現れるのも、さださんの歌と一緒の表現力の高さかもしれません。そして青年のピエロとしての人生を一緒に築いてくれるのは、栗山を信頼していろいろと任せてくれるサーカス団長のハナ肇さん(クレジーキャッツのリーダーそのもの)、サーカスの世界から外に飛び出したいサーカス団員百合の原田美枝子さん(とにかく可愛い)、その兄の尾藤イサオさん、その祖父の宮口精二さん(ここで七人の侍の久蔵が見れるとは)、栗山を応援してピエロになるきっかけをつくる飲み屋のママに倍賞美津子さん、とがっちり固められて映画としての安心感があります。また音楽をさださんが担当しているため、北の国からの雰囲気が出ているのもどこか面白い(ちなみに北の国からは1981年からテレビ放映)。そして、さださんが歌いこの映画のために作られた「道化師のソネット」が、この栗山の気持ちを伝える、もうひとつの物語となっていて、しみじみと聞き入ってしまいました。

1980年作品。112分。
・出演:さだまさし、原田美枝子、ハナ肇、尾藤イサオ、宮口精二、橋本功、倍賞美津子、三木のり平、ヨネヤマ・ママコ
・監督:森川時久
・音楽:さだまさし
・主題歌:「道化師のソネット」さだまさし 【おまけに松浦亜弥版】
・原作:『翔べイカロスの翼 - 青春のロマンをピエロに賭けた若者の愛と死』草鹿宏




<さだまさし原作映画>
さだまさしさんと言えば、命を題材に人間味あふれる小説を多く書かれ、その小説が原作となった映画も数多く作られています。
辛い過去のもつ遺品整理人の「アントキノイノチ」(‘11)、余命少ない気丈な母と娘の「眉山」(’07)、次第に視力を失ってゆく病に罹った青年の「解夏」、自伝的小説の「精霊流し」(’03)
 
  
  


スポンサーサイト

台風クラブ



 長野のある田舎町。夜中の中学校のプールで「BARBEE BOYS」の「暗闇でDANCE」のビートに合わせて踊る女子生徒たち。その様子をプールの中から目から上だけ出して窺う男子生徒。中学生たちの青春映画の幕開け、かな。でも、少しずつ近づく台風に影響されたかの様に、淡い恋心や甘酸っぱい青春などは木の葉のごとく吹き飛ばされ、普通の中学生たちの強風と豪雨の狂った青春映像に、ただただ驚かされます。
 鏡越しに見せる非現実世界的な校内でのレズシーン。化学の時間に好きな女子の背中に劇薬を垂らし怪我を負わせる男子。さらに保健室で怪我させられた女子の上半身裸の背中に、養護教諭に顔を押し付けられるその男子。遅刻して母の布団の抜け殻に潜り込み自慰をする女子理江(工藤夕貴)。など次々とエッ!と思わせるシーンのオンパレードで、当時(1985年)本当に一般上映したの?と疑いたくなる内容です。そして、台風が最も近づいたときに、学校内に閉じ込められた彼らの行動は、台風の威力に同期してさらにエスカレートしていきます。演劇部部室でキスをしながらお互いの服を脱がせる女子たち。二人きりの教室で女子を襲う男子。さらに職員室に逃げ込んだ女子を追いかけ、無表情でドアを蹴り続け壊わしてゆく。まるで「シャイニング」(ジャックの表情は豊か過ぎるほどですが・・)。東京に行き、見知らぬ男性のアパートに上がりこむ理江。そしてさらにテンションが上がった彼らは、台風の中、校庭に出て下着姿になり踊り狂う。あまりストーリ性は無いですが、この中学生達の一時の狂気を、「セーラ服と機関銃」、「翔んだカップル」、「ションベンライダー」と若者映画を撮っていた相米慎二監督が描き出しています。そしてもちろん台風ですから過ぎ去ってゆく。その後の晴天の中、理江が表現した金閣寺のように池に浮かぶ校舎が映し出され、その後の彼らの顛末はどうなったのでしょうか。行く末はどうなるのでしょうか。・・台風のごとく一過性かな。んーむ、想像と違い衝撃的な映画だったな。

1985年作品。96分。
・出演:三上祐一、工藤夕貴、大西結花、三浦友和、尾美としのり
・監督:相米慎二
・音楽:三枝成彰
・挿入曲:「暗闇のDANCE」、「翔んでみせろ」 BARBEE BOYS





<相米慎二監督>
「セーラー服と機関銃」(’81:薬師丸ひろ子主演)、「翔んだカップル」(’80:薬師丸ひろ子主演)、「ションベンライダー」(’83:河合美智子・永瀬正敏主演)、と若者映画監督のイメージが強いのですね。他にも牧瀬里穂さんや斉藤由貴さん主演映画を撮られているようですが未見です。そして、残念ながら2001年に若くして亡くなられていて遺作は「風花」(‘01:小泉今日子主演)。あらためて相米慎二監督が描く人物たちを見たくなりました。

  


その男、凶暴につき



 夜の公園。ホームレスの男を面白半分に襲う少年たち。彼らは男が路上で動かなくなるまで小突き、やがてゲームオーバーになって熱が冷めたかのように何事もなく家に帰る。そして、その少年の家に上がりこみ、部屋に入るなり少年を殴りつけるヤクザ風な男。翌日、傾斜のついた橋のたもとから、少しずつ見えてくる蟹股で歩いてくる男。男はそのまま橋を渡り警察署に入っていく。彼がタイトルの「凶暴な男」の我妻刑事で、容疑者への暴行は当たり前、ガサ入れでは裸足で逃げる容疑者をニヤニヤしながら車で追いかけ轢いてしまうことも躊躇なし。この刑事をビートたけしさんが演じ、この映画以降にも北野監督作品で登場してくる凶暴な狂気な男の誕生がここにあります。そしてこの映画ではもうひとりの「凶暴な男」が登場して、二人の凶暴な男の熾烈な戦いがメインストーリーとなっています。もうひとりの男は、麻薬密売組織の目つきの鋭い冷徹な殺し屋清弘(白竜さん)。他の組織のチンピラを油断させてからメッタ刺しにしたり、屋上でぶら下がる状態まで追い込み支えた指にナイフを走らせる。言うことを聞かない仲間は躊躇なく撃ち殺す。この凶暴な二人が、麻薬密売捜査で出会うべきして出合ってしまうのですから凄いことになってしまうのです。我妻が清弘を捕まえた後の取調べがほぼ拷問。警察署内のロッカールームで非合法に清弘を監禁してなぶる我妻刑事。何気にロッカーを開けるとナイフがあり、それを見つめる清弘。ナイフを奪い我妻刑事に反撃するかと観客に思わせて、カットが我妻刑事の背中に回ると、その後ろ手の中には拳銃。その後は釈放された清弘の我妻への反撃が周りを巻き込みながら続き、我妻も闇の世界から拳銃を入手して立ち向かう。本当にこの二人どこへ行っちゃうのと言うくらいぶっ飛び、この暴力と闇が表舞台となる映像は、第一作監督作品から始まり築き上げられた世界観なのだとあらためて感じます。更にキャストの中には、我妻刑事とコンビを組む新米刑事に芦川誠さん、清弘の仲間に寺島進さんら、北野監督作品に欠かせない俳優さんたちが第一作目から存在感が示しています。そして最後は混沌として世界が終了し新たな世界の始まりの中、我妻刑事が渡ってきた橋を、オーバーラップするかのように歩いてくる男。彼もやはり暴力と闇の世界の住人となるのは間違いないでしょう。

【予告編】

1989年作品。103分。
・出演:ビートたけし、白竜、芦川誠、川上麻衣子、佐野史郎、平泉征、寺島進、遠藤憲一
・監督:北野たけし
・音楽:久米大作

伊賀忍法帖



 戦国時代、大名三好家の重臣松永弾正(中尾彬)は主君の妻右京太夫(渡辺典子)に横恋慕して自分のものにしようと、幻術師果心居士(成田三樹男)と5人の妖術坊の力を借りる。妖術坊たちは、右京太夫の双子の妹のくノ一篝火(渡辺典子)をさらい、彼女の涙で媚薬を作ろうとするが、篝火は自害してしまう。しかし、妖術坊は、篝火の首と松永弾正の愛妾漁火(美保純)の首をすげ替え媚薬を作ることに成功するが、篝火の心を僅かに持った漁火は、篝火の恋人であった伊賀忍者笛吹丈太郎(真田広之)のところに媚薬の入った茶釜を盗み手渡す。そして、茶釜を狙う妖術坊と復讐に燃える丈太郎の戦いが始まる。

 奇抜な忍法が繰り出される山田風太郎氏忍法帖シリーズ原作作品で、JAC時代の真田広之さん、角川三人娘の渡辺典子さん主演のアイドル角川時代劇です(渡辺典子さんデビュー作品)。物語は戦国時代に悪党と呼ばれた(将軍殺し、主君殺し、大仏焼き討ち)松永弾正が、主君の妻に横恋慕して、幻術師果心居士の力を借り自分のものにしようと企む色欲もの。その弾正の手助けをするのが忍法帖シリーズ定番の忍法使いたちで、この作品では5人の妖術僧が登場し、奇抜な忍法を映画の中で披露します。鎌をブーメランのように飛ばし操る術、処女の涙から作る100%相手を好きにさせる媚薬調合術、首をすげ替える術、固着する液体を吹き付ける術、不死身医療術、指から針を飛ばす術、などなど(忍法とは言いがたいものもありますが・・)。この妖術坊に寅さんの寺男佐藤蛾次郎さん、レスラーのストロング金剛さん、5万回斬られた男福本清三さんなど、役と同じ曲者を揃え味を出しています。そして立ち向かうのは当時アクションアイドルの真田広之さん演じる伊賀忍者丈太郎。だけども妖術坊たちの方が強い!丈太郎は、最初にあっさり殺されかけ、その後もまんまと色仕掛けで囚われたり、いいとこ無し。でもアイドル映画ですから、途中から見違えように、やっつけまくりますけどね。また、この映画、家族や女の子同士が観るであろう作品なのに濡れ場が多い。それも処女の涙から媚薬なんて。流石に渡辺典子さんには、させられないから、忍法で首をすげ替えた美保純さんが代役として濡れ場へ。その後も濡れ場は多いし裸体も多いし、もしかしたらアイドル映画ではなかったのかも・・。また、この頃の時代劇ですから、出演者が綺麗過ぎ。まるで仕立てたばかりの綺麗な着物で、大名ならまだしも、忍者の丈太郎やくノーの篝火までもいい服を着て、何度も別の着物にお色直し。やっぱりアイドル時代劇か・・。でも時代劇好きには堪らない服部半蔵や(活躍しないけど)、松永弾正(ここで死ぬの?)、果心居士(驚きの成田三樹男)、柳生十兵衛の祖父の柳生新左衛門など、マニアック歴史人物を登場させているのはなかなか。それも柳生十兵衛=千葉真一さんが新左衛門とは、いいキャスティングですが、どうみても途中から影の軍団服部半蔵になっているのにはビックリです。そして、もちろんアイドル映画ですから、悪をやっつけ、最後には丈太郎と篝火の姉とが、いい仲になってめでたしめでたしになるのですが、二人を結びつけることになった理不尽に亡くなった篝火が浮かばれない。と思うのは私だけでしょうか。

1982年作品。100分。
・出演:真田広之、渡辺典子、千葉真一、中尾彬、成田三樹男、美保純
・監督:斎藤光正
・音楽:森田富士郎
・主題歌:「愚かしくも愛おしく」 宇崎竜童

【この作品をレンタルする】





<忍法帖の世界>
奇抜な忍法が繰り広げられる山田風太郎氏忍法帖シリーズは、何作か映画化されています。まずは、柳生十兵衛と天草四郎率いる魔界衆の戦いを描いた「魔界転生」('81,'03)、甲賀忍者と伊賀忍者の戦いにロマンスを加えた甲賀忍法帖原作の「SHINOBI」('05)、お色気たくさんの「くノ一忍法帖シリーズ三部作」('64-'65)、その他「江戸忍法帖 七つの影」('63)、「月影忍法帖 二十一の瞳」('64)があるみたいです。

  

BU・SU



 田舎から上京して芸者見習いをしながら学校に通う森下麦子(富田靖子)は、垢抜けず根暗の性格ブスであった。そんなおり麦子はかって母が演じた「八百屋お七」と出合い、学園祭で演じるはめになる。しかし、その過酷な練習は彼女を変えるきっかけとなってゆく。

 可愛らしい富田靖子さん主演で「BU・SU」のタイトル。はて?そのミスマッチは?主人公麦子=富田靖子さんの、髪がもっさりしていて垢抜けず野暮ったい、その上拗ねたように人を避け寄せ付けない性格ブス。笑顔が可愛らしい富田さんから笑顔が奪われあの無表情な麦子が生まれるとは予想だにしませんでした。始終その麦子が学校そして芸者の場に登場し、そこだけ違う空気が漂い、妙な雰囲気にさせる富田さんの演技は「アイコ16歳」、「さびしんぼう」とはまるで違う女性像でびっくりです。その麦子が「八百屋お七」(恋のために放火し死罪となった少女の話)に出合い、学園祭で演じるはめになることで、友人たちが出来、ヤル気が出てきて自分で閉じていた殻を少しずつ砕いてゆく成長過程を応援したくなります。芸者の修行で芸子の人力車の後を走るシーンが、いつのまにか人力車を追い抜くシーンへの変化はとても印象的でした。と、単純な少女の成長映画のように思えますが、本番の「八百屋お七」を演じるシーンでは、決して上手ではなく、どちらかというと稚拙な踊りと感じて半分がっかり、これで終わりなのかと思いきや、まさかのアクシデント。そして、最後の実際の紅蓮の炎にかぶる乱れた着物とかつらを脱いで広がった髪の毛のお七姿の麦子の妖艶さが、今までの麦子とは別の存在で、これが本当のお七の姿なのだと感じました(これが見せたかったのですね市川準監督!)。

1987年作品。95分。
・出演:富田靖子、大楠道代、伊藤かずえ、高嶋政宏、丘みつ子、イッセー尾形、藤代美奈代、
・監督:市川準
・音楽:板倉文
・主題歌:「あじさいのうた」原由子

【この作品をレンタルする】




<八百屋お七>
江戸時代前期に恋人に会いたい一心で放火して捕らえられ火あぶりの刑に処せられた少女の話で、長年歌舞伎や浄瑠璃で演じられてきました。映画は「八百屋お七 ふり袖月夜」('54:美空ひばり)、「八百屋お七 江戸祭り一番娘」('60;中島そのみ)、最近ではNHKドラマ「あさきゆめみし ~八百屋お七異聞」('13)で、前田敦子さんがお七を演じています。


プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。