スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国と地獄



 靴製造メーカ重役の権藤(三船敏郎)の元に子供を誘拐したという電話が掛かってくる。犯人は3000万円の身代金の要求をだすが、やがて誘拐されたのは権藤の子供ではなく、運転手の子供であることが判明する。権藤は全財産を賭け会社乗っ取り計画としていたが、子供の命を引き換えに身代金を払うか、会社乗っ取り計画を遂行するか悩むが、身代金を支払うことを決意する。そして犯人の指示を受け身代金の入った鞄を抱え特急に乗り込む。

 人々を下界に見下ろすかのよう構える小高い丘の上の豪邸。窓から町全体や遠くの港までが一望できる広いリビングで繰り広げられる人間模様が、映画の前半を占めます。社長のやり方が気に食わず儲け主義で会社を乗っ取ろうとする3人の重役が、工場担当の重役権藤も引き込もうとやってくるシーンから入る。その後、重役達と権藤の主義の違いからの物別れ。誘拐犯からの電話でどん底に落とされる権藤から、さらわれた子供が自分の子供でないと分かって、身代金を払い地位も財産も失うか、子供を見捨てて用意した金で会社乗っ取りを貫くかの選択を強いられる権藤。その隅で肩を落とし悲壮感の塊の、間違えられて子供をさらわれた運転手。ここに、犯人に気付かれないように細心の注意を払いこそこそと誘拐事件に対応する戸倉警部率いる刑事達や権藤の腹心であった男の裏切り。など、ぎゅっと詰まった人間模様が、このリビングの中で繰り広げられます。リビングだけの映像のため単調になりそうですが、画面は固定されず、ひとつのカットに複数人が映し出され、それぞれの表情や動作にあわせカメラも動く。そして必ず誰かの動きが入り画面が生きていると表現していいのでしょうか、まったく退屈させません。もちろん、野心と貫禄十分な権藤を演じる三船敏郎さんや、冷静な戸倉警部を演じる仲代達矢さんの演技があってからこそ生きるのですが。

 そして後半からは「動」です。犯人からの身代金受け渡し場所は、特急電車こだま。まず車内で大事そうに身代金の入った小さな二つの鞄を抱える権藤と周りに配備された刑事たちが映し出された後(ここままではまだ静です)、犯人からの車内電話で慌しく車内を行き来する権藤と刑事たち。やがて犯人からの指示で、洗面所に入り窓の外を見ると、誘拐された少年と麦わら帽子で顔を隠した人影が小さく現われ、酒匂川の鉄橋を渡り、対岸の土手に立つやはり麦藁帽子で顔を隠した人影。そこを目がけ洗面所の僅かに開いた窓の隙間から鞄を車外に押し出す権藤。これで犯人との取引は成立ですが、ここからは刑事達が犯人を追う「動」へと移り変わります。その移り変わりのシーンはというと、ゴミの浮いたドブのような川沿いを歩く2人の刑事。刑事が画面から切れると、その川の水面に映る刑事達と反対方向へと歩く白シャツの男。やがてカメラは水面から地上へと移り男の跡を追う。これが1シーンですから、計算され尽くされたカメラワークと演出には驚かされます。この白シャツの男はわずか3畳のアパートに入り、多くの新聞を広げ誘拐事件の記事を読む。そして窓の外には丘の上の権藤の豪邸が見える。いよいよ容疑者らしき人物登場です。警察はというと、権藤の豪邸が見える公衆電話の捜査と誘拐に車が使われたことからその誘拐ルートの聞き込みを行い、徐々に範囲を狭めてゆく。この警察の動きの中でも「動」と「静」が混ざり合っています。警察の捜査会議は、狭い会議室に数十人の男たちが、うちわを扇いで密集状態。そのランダムの動きが、ある刑事の報告によりピタッと止まる。その一瞬の静止画の中で動く首振り扇風機。多くの人を使っての「動」と「静」、絶妙。ひとつひとつのシーンに無駄がないですね。さらにさらに、身代金を入れた鞄に仕込んだ、燃やすと色付きの煙が出る仕掛け。この作品はモノクロ映画なのですが、なんと町の煙突から昇る煙がピンクです。モノクロという静寂の中に浮き出すピンクが色視覚の「動」としてインパクトを与えます。ん?このシーンどこかで見たことあるなと思ったら「踊る大走査線 The Movie」で、和久さんが軟禁された焼却所の煙突からも色つきの煙が出ていました。あの作品も誘拐ものですから、オマージュかもしれません。そして、やがて捜査の末ほぼ犯人を断定できたのですが、な、な、なんと、これでは罪が軽いから極刑にさせようと刑事達が罠を仕掛け犯人を泳がせる(これって当時でもあり?)。また、ここまで完璧な誘拐犯罪を行っていた犯人がまんまとこの罠に嵌ってしまうのです。この犯人の泳がされるシーンでも、多国の言葉か書かれた人、人、人の喧騒とした酒場や、多くの麻薬中毒者がゆらりゆらり徘徊する場末の裏通り、など多くの人を使った「動」が使われ、1964年東京オリンピックや新幹線開通前のまだ物騒で怪しい雰囲気の町が描かれています。

 ラストは犯人と権藤との1対1のシーンで、どこでの対面かは書きませんが、裕福な権藤と貧しい犯人の天国と地獄が、破産した権藤と身代金をせしめた犯人の地獄と天国に変わり、やがて天国と地獄へ揺れ戻ってゆく様が、落ち着いた権藤と冷静さを失ってゆく犯人を対照的に映し出しています。そして本当のラストはガシャーンと幕引きされました。さすが黒澤監督作品、面白かった。

【予告編】

1963年作品。143分。
・主演:三船敏郎、仲代達矢、香川京子、三橋達也、佐田豊、木村功、加藤武、山崎努
・監督;黒澤明
・音楽:佐藤勝
・原作:「キングの身代金」エド・マクベイン




<誘拐の日本映画>
誘拐を題材として日本映画は...結構ありますね。タイトルに「誘拐」の文字が入っている作品では、ずばり「誘拐」(1997年:渡哲也主演):大企業の重役が誘拐されベテラン刑事とロス市警帰りのプロファイラー刑事が大金の身代金を持ってマラソンのように走り回される作品。「誘拐報道」(1982年:萩原健一主演):宝塚有学童誘拐事件を描いた作品。「誘拐ラブソディー」(2010年:高橋克典主演):全てを失った男が子供を誘拐するが、ヤクザの組長の子供であったために警察とヤクザの両方に追われる作品。「大誘拐 RAINBOW KIDS」(1991年:北林谷栄主演):山林王の老女が三人の若者に誘拐されるが、老女が主導権を握るコメディータッチ作品。他には、「踊る大走査線 The Movie」(1998年:織田裕二主演):警視庁副総監が誘拐され所轄湾岸署の面々が捜査に加われないながらも活躍する作品。「アマルフィ女神の報酬」(2009年:織田裕二主演):イタリアで少女が誘拐され事件交渉に外交官黒田が関わる作品。他にも「ボクの女に手を出すな」(1986年:小泉今日子主演)や「ションベン・ライダー」(1983年:永瀬正敏主演)などがあります。

スポンサーサイト

ガス人間第一号



 人里から離れた暗闇の曲がりくねった道を、僅かなヘッドライトで疾走する車とあとを追うパトカー。やがて車はカーブを曲がりきれず横転しながら崖下に転落するが、運転していた銀行強盗殺人犯の姿は消えていた。そして付近を捜索していた警察官たちは、テンポよく鳴る小鼓の音と般若の面をつけて華麗に踊る日本舞踏家藤千代の屋敷にたどり着くが、犯人の痕跡を見つけることはできなかった。そして再び同じ手口で銀行強盗が連続し、奪われた現金が藤千代の家から発見されたことで藤千代は警察に連行される。しかし銀行強盗犯と名乗る人物が警察に出頭して銀行強盗を実演すると言い出す。そしてその人物が多くの警察官や銀行員の目の前で見せた強盗の手口とは誰もが想像し得ないもので、あっさりその場から姿を消してしまった。
映画はタイトルの「ガス人間」の名の通り体をガス化できる人間の話ですが、半世紀の前以上の映画でありながら、ガス化の描写が秀逸。男が胸に手をやり、ぼわっと顔が青白く光ったと思ったら、徐々にスーツがしぼみ、足元から煙が噴き出して漂う。やがてスーツは床に崩れ落ちて、その中身は消えてしまう。今ならCGで簡単に映像化できるこのシーンを作り上げるアイデアとその技術力に、改めて円谷英二特技監督の凄さを感じます。ガス化のシーンの中には、ガス人間が留置所の入り口の鉄格子の前に立ち止まり、半ガス化してスーツ姿の厚みを変えて格子の隙間をすり抜けるシーンもあり、まるで「ターミネータ2」に登場する液体ターミネータT1000型の格子通り抜けシーンを彷彿させるものもあり演出も先んじています。このような特撮シーンと無骨な「ガス人間第一号」というタイトルのため、特撮ゲテモノ映画と思われてしまいますが、銀行強盗犯と警察のサスペンスという一面と、ある実験によってガス人間にされてしまった男の悲壮と、その救いにもなる男女愛と哀しい運命というテーマも含まれて、普通の映画としても十分体をなしています。日本舞踊のカットを多用しているのも、このような思惑があってのことなのでしょうか。そしてガス人間の恋人であり、日本舞踊の華麗な舞を見せてくれる女性に八千草薫さん。今なお綺麗な八千草さんの若かりし頃は、・・おーっと声が出るほど、本当に綺麗で可愛くて、気丈でいながら気品がある。この容姿と雰囲気なら映画の中の刑事が見惚れてしまうのは致しかたないですね。
 また昔の映画の楽しみ方として、当時の日本の風情が垣間見れること。車の情景ひとつをとってもボンネットトラックや三輪トラックが登場したり、乗用車は屋根部分が白く、ボディーは水色やワイン色のツートンでスタイルもおしゃれな感じ。その車が走る道路の信号は、白黒の斜線のライト式で、信号が変わる度にビリリと音がなり信号があるのにもかかわらず交通整理の警官がいる、なんていうシーンを総天然色の色彩鮮やかな懐古ちっく映像で見るのもなかなかいいです。
 映画はラストまで予断なく続き、理不尽な人生を悲観しながらも藤千代に救いと癒しを求めてたガス人間とそれを受け入れてある決断をする藤千代の愛の結末も映画を安物にしていませんでした。

【予告編】

1960年作品。91分。
・出演:三橋達也、八千草薫、佐多契子、土屋嘉男、左卜全、田島義文
・監督:本多猪四郎
・特技監督:円谷英二
・音楽:宮内 國郎

 ガス人間第一号/サントラCDアルバ...

 ガス人間第一号/サントラCDアルバ...
価格:2,548円(税込、送料別)





<東宝変身人間シリーズ>
ガス人間以外に「美女と液体人間」('59)、「電送人間」('60)、などか同じ東宝で作られています。どの作品も円谷英二特技監督の神業で、人間とは別の存在を創造しています。これらの映画以外にも「マタンゴ」('63)や「透明人間」('54)も彼ら変身人間に近い作品で、どこからしら哀しい雰囲気があります。

   

吸血鬼ゴケミドロ





 爆弾が仕掛けられ羽田に戻る飛行機が発光体に巻き込まれ見知らぬ場所に不時着する。その飛行機には暗殺犯(高英男)が乗っていて素性がばれたため客室乗務員かずみ(佐藤友美)を連れて機外に出るが、発光体に引き寄せられアメーバー状の宇宙生物に寄生され、血を求め生存者たちに襲い掛かる。

 不時着した飛行機と生存者9名、そこに宇宙生物に寄生され吸血鬼となった人間が襲い掛かるホラーサスペンスものです。不時着したとはいえ見知らぬ場所で飛行機からなかなか出られない密室状態で繰り広げられる吸血鬼の恐怖とそれ以上に生存者たちの醜いエゴが渦巻く様が絶妙に描かれています。額が割れそこから宇宙生物が入り込み操られる吸血鬼役の高英雄さんの無表情で迫ってくる存在感と迫力は鬼気迫るものがあり、西洋吸血鬼やゾンビとはまた違った精神的な恐怖を生む出しています。また、生存者ひとりひとりに不安と恐怖を増長させるような要素を持たせ、人間不信を煽り決して一致団結が生まれない設定も人のエゴという恐怖を生み出しています。それは、人間性のある副操縦士と客室乗務員がまるで異端分子に感じてしまうほど徹底されています。そして、時折入る実際の戦争カットと宇宙生物襲来に結びつけるところなどはベトナム戦争真っ最中の反戦メッセージでもあるのでしょう。ラストは、いままで脱出できなかった不時着現場からあっさり道路と車を見つけ希望の光を見つけたかのように近づくのですが、ハッピーエンドでは終わらせない単純なホラーサスペンス以上のメッセージが込められている作品でした。

1968年作品。84分。
・出演:吉田輝雄、佐藤友美、北村英三、高橋昌也、高英男、加藤和夫、金子信雄、楠侑子、山本紀彦
・監督:佐藤肇
・音楽:菊池俊輔

【この作品をレンタルする】

座頭市千両首



 間違って斬ってしまった男の墓参りに上州板倉村に来た市(勝新太郎)。村では農民達が必死で工面した千両の上納金を代官所に納める途中に三人の浪人とヤクザの一味に襲われ千両を奪われてしまう。そして、たまたまそこに居合わせた市とヤクザの国定忠治(島田正吾)が犯人に疑われ、市は事情を聞きに赤城山に篭る忠治のもとに向かう。しかし、二足のわらじを履くヤクザの紋次と三人の浪人そして代官が捕獲の手先を向ける。

 座頭市シリーズ第6作目。すっかりテレビドラマ風作品になっちゃいました。悪代官と二足の草鞋を履くヤクザの悪業に泣かされる農民たち。そこに国定忠治一家の捕物が加わるという良くありそうな内容で、映像シーンが切り替わるところはカメラぐるぐる回し、ところどころにチャチなドドーンというBGM。どうもトーリーも演出も在りし日の量産時代劇ドラマ風で・・、でも時代的(1964年)には先駆けなのかも。今回の映画の見せ場は、浪人のリーダー格の十四郎に、勝新太郎さの実兄若山富三郎さん(当時は城健三郎)が演じ、鞭の使い手でドSキャラたっぷりの役なのですが、殺陣が凄い。勝新さん以外の下手な殺陣とはレベルの違う腕前で兄弟揃って流石。そして、最後の二人の戦いでは、鞭を振り回し市を絡め取り、馬で引きずり回すという迫力のあるシーンで、いままでの座頭市シリーズでは見られない新鮮な戦いでした。あとは冗長な蛇足的な出来栄えの作品かな(国定忠治のシーンなんか長すぎ)。ヒロイン?役の馬子のお千代もいまいちの存在感と役柄で、なぜかおブスさんと市との絡み?はイヤイヤあり、えっ、金取るのと言う絶妙な市の驚きの顔と台詞だけが印象深く残っています(苦笑)。

1964年作品。84分。
・出演:勝新太郎、城健三郎、坪内ミキ子、島田正吾、長谷川待子、植村謙二郎、天王寺虎之助
・監督:池広一夫
・音楽:斎藤一郎

【詳細】【レンタルする】

座頭市兇状旅



 上州下仁田に着いた市(勝新太郎)は、見知らぬ男から狙われ自分に賞金首がかかっていることを知る。そして、下仁田ではヤクザの二代目佐吉の襲名披露のために各地のヤクザが集まっていたが、その一人矢切りの東九郎が、市の賞金首のかけ主でさらに下仁田の縄張りも狙っていた。更に市の首を狙う浪人と懐かしの女性を巻き込んだ戦いが始まる。

 シリーズ4作目ということでエンターテイメント映画としてこなれてきた感じがします。市のお茶目な相撲シーンや憎めない仕草の数々と、相反するように大人数の博徒たちに囲まれての早業の居合い斬り、そして凄腕浪人との一騎打ちなど見ごたえ十分です。浪人との対決では、市が危機に陥りますが、以外な手で相手を倒します。そういえば、あずみも使ってたな・・。市の強さはこのままでいくと一人で関八州の博徒を殲滅してしまうのではないかと逆に心配してしまうほど強い。けれども悪人を倒していても凶状持ち(おたずね者)なんですよね、いつの世でも悪と権力者はやっぱり一蓮托生ってことですね。そして今作品では、一作目で市に惚れ、二作目で大工に嫁いだはずの女性が意外な形で登場しますが、残念ながら幸せな人生は掴めず、市との微妙な関係をこの後も見たかったです。映像は、市の歩や戦いは遠距離から撮っていてその広がりを見せてくれるのですが、ときたま入る市=勝新太郎さんのアップがとにかく画になる。アップだけでこれだけ様になる役者さんも少ないです(素晴らしい)。

1963年作品。86分。
・出演:勝新太郎、高田美和、万里昌代、成田純一郎、北城寿太郎、村瀬幸子、小林勝彦、松井茂美、安部徹、名和宏
・監督:田中徳三
・音楽:伊福部昭
・原作:「座頭市物語」(随筆集「ふところ手帖」収録) 子母沢寛

【詳細】 【レンタルする】



プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1028位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
38位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。