スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドレナリンドライブ



 同僚のいたずらでヤクザの車に追突してまった鈴木(安藤正信)は、事務所に連れて行かれ多額な賠償金を要求されるが、突然ガス爆発が起こり、事務所内はめちゃくちゃになりヤクザ達は死亡してしまう。たまたま爆発現場を通りがかった看護師静子(石田ひかり)は、怪我をしている鈴木を連れ出して救急車に乗り込む。しかし、そこには大怪我をしたヤクザ黒岩(松重豊)が大金の詰まったカバンを抱えて搬送されていた。やがて黒岩が暴れたことで救急車は川に飛び込んでしまい、どさくさに紛れて鈴木と静子はカバンを持って逃げだす。

 エンジンを掛ける音から、車の運転席からフロントガラス越しに前方を見る映像と軽快な音楽から始まる快適なドライブシーン。いやいや、カメラが車内に切り替わると先輩からなじられる後輩社員シーンとなり、やがて先輩がイタズラで手のひらで後輩の目を塞ぐと、目の前には赤い高級車で、ごっつん。高級車の窓から手をひらひらさせて脇へ停めろと誘導され、車から出てきたのは明らかにあちら系の人で、案の定、後輩君はそのまま怖い人に連れられて行きつく場所は事務所です。一方、病院のナースステーションで同僚に小馬鹿にされ、いいように使われる真面目で冴えない看護師佐藤静子。この後輩君と看護師静子が出会うのは、ガス爆発で死屍累々でめちゃくちゃ状態の事務所であった場所。二人が乗り合わせた救急車にカバンを抱えた大怪我のヤクザが搬送され、なぜか二人を外に蹴り出し、なぜか救急車を事故らせるヤクザ。そう、ヤクザが抱えていたカバンの中身は多額の札束で、二人は事故って川に沈みつつある救急車からカバンを取り出し何気ない顔で病院に運ばれ大金をゲット。この今までいいことが一度も無かったような冴えない二人の男女が、突然の大金を手にしたことから、嫌気がさしていた人生を捨てて逃走劇が始まります。後輩君の鈴木には安藤正信さん。看護師静子には石田ひかりさん。美男美女ですが、それを隠すほどの冴えないオーラがいい。先輩から挑発され、なじられても何も反論てきずに下を向いてしまう鈴木。髪がぼわーっと広がり大きなメガネをして、同僚の軽いノリにのれずに真面目を絵にかいたような看護師静子。でも内面は、今の状態から抜け出したい表情を時折見せる二人ですから、大金を手にしたことでその気持ちに火がついてしまいます。そして救急車と共に川に沈んだはずのヤクザが病院に運ばれ、ヤクザの弟分のチンピラたちが病院に見舞いに来て、大金を奪ったことがばれたことから、一気に暴走して逃亡。あとを追うチンピラと大怪我のヤクザ。このチンピラたちのガラの悪さ(なかなか悪)と、ちょびっと混じった間抜けさが、シリアスとコミカルを行き来させます。BGMは、「彼の車に乗って、真夏の夜を走り続けた。彼の車に乗って、さいはての町 私は着いた」と歌う平山みきさんの「真夏の出来事」で、この逃走劇が楽しいもののように思えてくるから不思議です。追いかけるワゴンの中でこの歌をノリノリで歌うチンピラたちを見てもやっぱり楽しそうかな。そして強面松重豊さんが演じるヤクザ黒岩も、婦長を買収して軽自動車で追跡開始。一方、逃げ切ったと安心したボロボロな二人は札束を片手にスイートルームに宿泊して、ドレスアップして高級レストランへ。髪をショートにして赤いドレスを着た看護師静子は・・可愛くなってしまいました。可愛い石田ひかりさんが登場です。冴えない看護師静子が弾け飛んでベットにダイブして飛び跳ねる姿や、恥じらいながらも少し積極的にキスする姿も可愛いですがね。そんなノンビリした二人ですが、まだまだ追手は諦めません。大金を狙うヤクザ黒岩と黒岩を裏切るチンピラたち以外に、金の匂いを嗅ぎつけた紳士面した怪しい男、とじわじわと二人へと迫っていきます。「ウォータボーイズ」「スイングガールズ」の矢口史晴監督作品だけあって、登場人物たちが個性的で、うまく絡み合うことで期待感を増します。そして、ワゴン車と軽自動車ながらカーチェースもありますし、二人に迫りくるサスペンスもありとなかなか見れました。ラストは鈴木と静子の二人と、ヤクザ黒岩と買収された婦長の二人と、徒労に終わったチンピラたちの結末が描かれ、BGMはやっぱり、「彼の車に乗って、真夏の夜を走り続けた。彼の車に乗って、さいはての町 私は着いた。・・・」。

【予告編】

1999年。112分。
・出演:安藤正信、石田ひかり、松重豊、角替和枝、マギー、徳井優
・監督:矢口史靖
・音楽:山本精一&羅針盤
・主題歌:羅針盤「アドレナリンドライブ」
・エンディングテーマ:平井みき「真夏の出来事’99

スポンサーサイト

7月7日、晴れ



 車メーカのサラリーマン健太は、仲間達と来ているキャンプで釣りをしていると、突然、声を掛けられる。声のほうを振り向くと、そこには、この場所にはそぐわない、きらきら輝くミニドレスをまとった背の高い少女が立っていた。彼女は健太のほうに近寄ってきて、「知らない?」と尋ねる。「どこかで会った?」と返す言葉に少し驚きを見せたが、すぐさま健太の手をとりマジックで数字を書き始め、「東京で会おう。それ電話番号だから」といって立ち去っていった。怪訝な顔をする健太であったが、山から都会への帰り道、ふとビルを見上げると、そこには山で出会った少女の巨大広告が目に入ってきた。彼女は売れっ子アーティストHINATAであった。

 有名人と一般人との恋愛もの。なかなかその境遇と環境の違いから成就は難しい恋愛。
映画の中でも、デートは運転手付きの高級車での移動で、貸切の映画館に、貸切の高級レストラン。周りは給仕ばかりで、その一手や行動が注目されているようで、ぎこちなく動作してしまう一般人健太。だから最後はからかわれバカにされているような気分になりイライラ爆発。でもなんとなくお互い気になっているので、次のデートは健太のリード。それは、ごく普通の街中でのデート。人は人ごみで隠すのですよね・・そうなるのよね、ばれるよね。結局、街の中は大騒ぎでパニック状態。それならばと、人の少ない山の中でのキャンプへ。ここからは仲間達と一緒にワイワイ、テントを作ったり、釣りをしたり、飯を作ったりで、見ている方も楽しくなる騒ぎ方。まるで「私をスキーに連れって」のゲレンデやたまり場の雰囲気そっくり。そういえば、健太がHINATAに書いてもらった電話番号にTELするときも、仲間で賭けをしてその様子をうかがっていたましたね。
そして映画のポイントは、HIANTAの誕生日7月7日に天の川が見たいという彼女の幼い頃からの夢。この夢を実現させるために、来年の誕生日に一緒に天の川を見る約束をする2人。でもこれから期待されているHINATAですから、大人の事情が否応なくやってきた、二人の障壁が見る見るうちに高くなっていきます。1990年代ですから、まだ携帯電話が出回り始めたときで、二人の連絡はもっぱら家電と公衆電話。それぞれの思いが直ぐに伝わらなくてもどかしいこと、もどかしいこと。まあ、昔はこんな感じだよな。多くの恋(声)がすれ違って消えていったでしょうね。

 HINATAを演じるのは、観月ありささん、当時20歳でアーティストというより、アイドルぽい感じで幼さを感じます。この後の「ナースのお仕事」のような溌剌としているほうが似合っているかな。サラリーマン健太は、萩原正人さん。萩原さんはというと、この前後作品の「マークスの山」、「CURE」、「カオス」で演じる影があり、どこかしらに狂気を隠している役のイメージが強いので、ちょっと無理をしているような、はっちゃけた演技より、やはり悩む悩む暗い感じの演技がいいです。眉がヘの字になる感じの。そして2人を取り巻く仲間には、兄貴うじきつよしさん、元気のかたまり田中律子さんが、もっと元気な榊原利彦さんなどで、ほどよく出しゃばらず2人を暖かく見守り応援する感じが頼もしい。
 そして2人の出会いからの幸せな気持ちとその後のすれ違ってゆく姿を、DREAM COM TRUEのBGMが楽しく、そして切なく流れてゆきます。あまりにも多い楽曲にBGMというよりは、ついつい聞き入ってしまうのでPVな感じですけどね。
 ラスト近くは、すれ違いが徹底的になり、ほぼ別れベクトルになったところからの、ポイントの天の川絡みの展開。あえて書きませんが、ベタですけど、こうゆう多くの人が協力して何かが出来ちゃう展開は好きなんですよね。本広克行監督らしいというか、盛り上げ方は上手というか。
ちなみにこの作品は「踊る大走査線」が作られる前の本広克行監督のデビュー作です。

1995年作品。109分。
・出演:観月ありさ、萩原正人、うじきつよし、田中律子、榊原利彦、升毅、伊武雅刀、西村雅彦
・監督:本広克行
・音楽:中村正人
・主題歌:「7月7日、晴れ」





<本広克行監督作品>
 本広克行監督作品は、カット割りが早くテンポがよく、登場人物一人一人に存在感があり、彼らが織り成す会話の小気味良いテンポ。そして、ラストへと向かう盛り上がりのもってきかたが楽しい作品が多いです。
「踊る大走査線」シリーズ(1998~2012)、「サトラレ TRIBUTE to a GENIUS」(2000)、「スペース・トラベラーズ」(2000)、「UDON」(2006)、「サマータイムマシーン・ブルース」(2005)、「曲がれ!スプーン」(2009)、「幕が上がる」(2015)などなど。

 

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?



 夏休みの登校日。小学生の典道は、「よっ!」と悪友達と合流して、ふざけじゃれあいながら校門へと吸い込まれてゆく。
そして、教室の席に座って、最初に目を向ける先は、なずな。
放課後、悪友と二人きりでプールで泳ぎ、上がった先に目に入るのは、片足をプールに投げ出して仰向けになっている、なずな。
典道は悪友に誘われるまま50m競争に、そして審判は、なずな。
「かまえて、ヨーイ、スタート」の掛け声に飛び込む二人。
典道が圧倒的なリードをつけるが、ターンで足を強打して勝ったのは悪友。その悪友に、2人で花火大会に行こうと誘う、なずな。
教室に戻ると、他の悪友達が、打ち上げ花火は横から見ると丸いか?平べったいか?を言い争っている。そして、夏休みの宿題を賭け、それを確かめるために花火会場を横から見ることが出来る灯台へと皆で行くことにする。
夕方、花火大会が始まる前に、校庭に集まる悪友たち。典道は足が痛むので病院へと立ち寄るが、そこには悪友と待ち合わせをしている、大きなトランクを抱えた浴衣姿の、なずな。
しかし悪友は、なずなをすっぽかし、悪友達との灯台行きを選ぶ。典道は、なずなに悪友が来ないことを告げる。
なずなは、しかたなく病院へ出て行く。しばらくして典道が外へ出ると、そこに佇む、なずな。
2人は一緒に歩き出し、なすなは「君を誘っていたらどうした?やっぱり逃げた?勝ったほうを誘おうと思ったの。君が勝つと思ってた。だから勝つほうに賭けたの」と話し出す。
そこへ突然、なずなの母が物凄い勢いで走ってきて、逃げて嫌がるなずなを無理やり引きずって行ってしまう。なずなの両親は離婚して、なずなは母とこの地を出て行くことになっていた。
唖然とする典道は、もし自分が、あのとき勝っていたら、勝っていたら、自分に憤りながら思い巡らせる。

ついついストーリーをなぞってしまいました・・。ここから、典道が勝っていたらの 「if」 が描かれます。
それは、典道となずな2人だけの秘密の物語。・・・書くのはここまでですかね。

 典道を演じるのは山崎祐太さん。自分でもこの気持ちが何なのかがわからない、ただつい、なずなを見てしまう、目で追ってしまう。なずなの気まぐれな行動に戸惑い嫌そうな顔をしても、一緒にいたいという気持ちがよく伝わってきます。まだ少年ですが、心のどこかにポツと膨らむ少年ではないもの。
 そんな典道を翻弄させるなずなに奥菜恵さん。小学生ながら、どこか妖艶で小悪魔的。ところどころに、男心をくすぐる仕草や言動にドキッとさせられます。プールで目をつぶり仰向けになり、首筋に這うアリを典道に取ってと命令する。競争に勝った典道(ifの世界)がプールから顔を出すとホースで水を掛け、「2人で花火大会行こうよ」、何でと答える典道に「何でって」と笑みを浮かべてまた水を掛ける。駅の待合室で、トイレに行くから付き合ってよと連れて行き、トレイの囲いに帯や脱いだ浴衣を掛けてゆく。そして口紅を引いた姿を見せる。
 反面、浴衣姿にトランクを引きずり歩く、ぶつけようのない両親への苛立ちと自暴自棄への一歩手前の脆さも表現されています。

 そして2人だけの夜のプールシーン、REMEDIOSの「forever friend」をバックに、洋服のまま典道を見ながら静かに水中に沈んでゆく、なずなの妖艶さが際立ちますが、プールの真ん中で浮かび上がり、顔にバシャバシャ自分で水を掛けてからは、無邪気な少年少女に戻る。なずなが「今度会うのは2学期だね。楽しみだね」の言葉を残して泳いで離れてゆくシーンが印象的でした。

 さらに、タイトルの「打ち上げ花火、下から見るか?」の通り、ラストの打ち上げ花火の真下からの、赤く大きく何度も飛び散る花火を、口を半開きで眺める典道の顔がなんともいえない。 ・・・岩井俊二監督作品は残る・・。

【予告編】

1995年公開作品。
・出演:山崎祐太、奥菜恵、半田孝幸、ランディ・ヘブンス、小橋賢児、桜木研二、麻木久仁子
・監督・原作・脚本:岩井俊二
・音楽:REMEDIOS
・挿入曲:「forever friend」 REMEDIOS

波の数だけ抱きしめて



 湘南茅ヶ崎のミニFMステーションに集まる4人の男女たちの夢は、湘南の海沿い何処でもこのFM局を聞けるようにすること。そこに広告代理店の男が入り込み、その実現への道と恋の駆け引きが始まる。

モノクロ画像の結婚式から始まるシーン。祝福の中にも意味ありげな視線を交わす新婦と参列者の男性。式の後、男性と友人が、湘南の海へと向かうトンネルの前に感慨深そうに立ち、やがてトンネルをくぐると、一転してカラー画像の派手で賑やかな過去の湘南シーンへと切り替わり、ものがたりは始まります。
 ものがたりは、高校時代からの長い付き合いで相思相愛なのに告白できない男女。彼女が海外に飛び立つ前に告白して行かせるのを止めさせたいけど、その勇気がでないダメ男。そこに突然現れたナンパ男との三角関係、いやもっと多い関係かな。この恋模様に、ミニFM局を湘南の海沿い全部(国道134号沿い)に、流そうとする彼らの夢と湘南の背景に流れるFMの音が、ワクワク感と心地よさと与えてくれます。でも躍動感はそれほどなく、なにかスローな感じの流れが、いいのかも。
登場人物は、ミニFM局DJの地元女子大生真理子に中山美穂さん。潮焼けした茶髪に小麦色の肌、水色のアイシャドーに大きめなイヤリングをして、サーファーぽいけど清楚な雰囲気。辻堂でバイトする祐子には、松下由樹さん。いまと変わらないショートヘアに小麦色の肌、健康な肢体を惜しげもなくさらけ出す元気娘。一方男性陣は、どうも海が似合わない・・。見た目と違い意外と小心モノの小杉に織田裕二さん。電波中継器を設計する無線オタクの芹沢に阪田マサノブさん(湘南に作業ベストか)。真理子に入れ込む一流広告代理店社員の吉岡に別所哲也さん(いかにもナンパ男風)。この彼らが織りなすひと夏をPVのように、ユーミンの歌声とおしゃれな洋楽たちが包み込みます。

 そして何といっても、中山美穂さんのDJ姿がいいのです。まずイヤリングを外し、レコードを取り出しクリーニングスプレーをかけてクリナーでさっとレコードを一周。そしてヘッドフォンを片耳にあて、針を落として曲の頭だしをキュッキュッとする。そしてジングルが入ったカセットに鉛筆を挿し込み回して、たるみを取る。うーん、この滑らかな動きがいい。レコード・カセットテープの時代というだけで懐かしさ倍増。さらにウェットスーツ姿でサーフィンのインストラクターまでしてしまう。教えるのは、湘南でのサーフィンの極意(内容は映画で)。この不思議な癒し感覚がいいのです。

 そして、ラストの過ぎ去った青春時代の廃墟と化したミニFMステーション。過去を語りあって海岸を歩く仲間達を背景に、ユーミンの「真冬のサーファー」をBGMにエンドロールが流れ、曲が終わると、ミニFMのジングル。さらに、波の音とカモメの声をバックにエンドロールが流れ、最後はやっぱりミニFMのジングルで終わるラストも、最後までこの映画がFMの一部のようで好きです。

1991年作品。91分。
・出演:中山美穂、織田裕二、松下由樹、別所哲也、阪田マサノブ、勝村政信
・監督:馬場康夫
・音楽:松任谷由美 「心ほどいで」、「Valentine’s DJ」、「SWEET DREAMS」、「真冬のサーファー」
・挿入曲
 「You’re Only Lonely」 J.D.Souther ・・真理子に告白しようか悩む小杉と雨に打たれる祐子
 「Rosanna」 TOTO・・FM曲が湘南全部に流れ、車に乗りそれを聴く真理子が旅立つシーン
 「Key Largo」 Bartie Higgins・・砂浜でスタックする吉岡に手助けを申し出る真理子
 「Each Time You Pray」 Ned Doheny・・DJする真理子の所に強引に乗り込む吉岡
 「Her Town Too」 James Tayler & J.D.Souther
 「In The Night」 Cheryl Lynn・・渋滞情報と迂回路を放送する真理子
 「Black Sand」 KALAPANA・・海岸図をペンキで描く祐子と中継器を作る小杉と芹沢
 「Don’t Talk」Larry Lee・・中継器を設置する芹沢と由子、バイトする小杉と真理子
 「I’d Chace A Raibow」 KALAPANA・・夕日の中をDJする真理子

 




<バブルと流行のホイチョイ映画>
ホイチョイ・プロダクションが送る映画は、その時代の流行と恋を題材にヒットした作品ばかりで面白い。「私をスキーに連れてって」(’87)、「彼女が水着にきがえたら」(‘89)、「メッセンジャー」(’99)、「バブルへGO!!タイムマシーンはドラム式」(‘07)。
 
 


遊びの時間は終わらない



 無銭飲食犯を連行する真面目な警察官平田。しかし自宅に戻ると、犯罪史や事件実録ものビデオや新聞記事のスクラップが溢れ、指先に指紋を隠す指サック、懐に大きなものを隠せるゆったりとしたロングコートを身にまとい、スーツケースの中から自動小銃アーマライトM-16を取り出し銃口をこちらに向ける。そして、相棒を車で待たせて閉店間近の信用組合に変装して入り、窓口で預金通帳を使って現金の要求。さらに偶然その現場に立ち寄った刑事に気付き、銃口を向けて「バーン」・・・と口で言う。おっ、警察官による犯罪バイオレンスの始まり?ん?シーンは地方警察の署長室に変わり、強盗の連絡が入るも、ゆるく談笑する警察幹部たち。どうやら、これは地域一体で取り組んだ強盗訓練らしい。らしいとは、犯人役の警察官平田は、あっさり捕まらず、職員や客を人質に取り何故か立て篭もってしまう。しかし、人質は後ろ手に縛られるのではなく、首から「人質」札をかけられるだけ、撃たれた刑事は「死体」の札。警察官平田は上司から「筋書きがなく、臨機応変に対処しろ」と命じられ、超真面目で融通が利かないで命令に忠実に任務を全うする性格のため、すっかり犯人になりきってしまうが、訓練という位置づけもしっかり守るという真面目男ならではの展開となっています。この警察官平田に本木雅弘さん。その端整な顔つきが、ワイルドと超がつくほど真面目を兼ね備えた男にうまくマッチしていていいです。人質に取られた客(実は警官)から諭されても、「ボク犯人ですから」と飄々と流したり、口うるさい女性職員を待たせて腕立て伏せをしてから、「アレはこれ位体力使うでしょう」と、その後「人質」札を「レイプ」の札に掛けかえたりと、どこまで訓練前提の本気感がいいです。ですが、周りがどうもバタバタしていて安っぽくなっていたかも。権力を笠に作戦を立案するがことごとく失敗する警察官幹部(石橋蓮司さん、原田大二郎さん)や、早く終わらないかと思いながらも付き合う人質たち、トイレを我慢し続ける「死体」刑事、そしてこの事件?の警察と犯人の行動を客観的に判断して何度も「意義あり」とやり直しを迫るローカルテレビ局キャスター(萩原流行さん)、安全だと分かっているから犯人を応援する観衆や、ノリノリの平田の両親など、設定はなかなかいいので、もっとシリアルとコメディがうまく融合できていれば面白い作品になっていたかも・・。でも、この進退窮まる緊張感に耐え切れず実弾を撃ってしまう狙撃者のシーンからの、遊びからの本気雰囲気の流れは好きですけどね。

【予告編】

1991年作品。111分。
・出演:本木雅弘、石橋蓮司、西川忠志、伊藤真美、萩原流行、斎藤晴彦、原田大二郎、今井雅之
・監督:萩庭貞明
・音楽:高木完
・原作:「遊びの時間は終わらない」都井邦彦


プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。