スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラ



 太平洋上で仕事の合間の楽しいひとときを過ごす船員達をのせた貨物船。海上の異変に気付き一斉のその方向を見つめる船員達に、一瞬の眩い光が襲う。すぐさまSOSが発せられ、近くを通る貨物船や漁船が救助に向かうが、全ての船からの連絡が途絶える。そして、ただ一人大戸島に打ち上げられた生き残りの漁師は、頑なに口を閉ざし、その島の長老は昔から伝承されている生物「ゴジラ」かもしれないと口にする。
出だしから何か起こったのか予測不可能な展開。近年のアメリカゴジラでも同じような展開で、初代ゴジラから継承されているオープニングです。

 それから暫くして、大戸島を襲う大嵐。高波と暴風雨で家の中にいても激しいい音と揺れに眠れぬ島民たちに、嵐とは異なる重低音の音と振動がさらなる恐怖を与え、突然訳もわからず崩れ落ちてゆく家々。やがて調査団が訪れ無残に破壊尽くされた家屋の惨状を目の辺りし、近くに放射能反応がある大穴を見つける。そこには、絶滅したはずの三葉虫が残されていた。そして突然警鐘が鳴らされ、何事かと山へ昇る人々に、山の合間から顔を覗かせる巨大生物「ゴジラ」。
なかなかテンポの良い流れで、ゴジラの一部だけ見せて、まだ全容を見せない演出がいい。それでも頭部だけでもその大きさがわかる山との比較や、山の上から海岸線を見下ろすと、砂浜に残された足跡と何かを引きずったかのような跡が、さらにその大きさを感じさせるショットとなっています。

 この後は、じわじわとゴジラの全容と迫り来る恐怖。そして排除としようとする人間との戦いが始まります。
まずは遠洋でのフリゲート艦からの爆雷攻撃。闇雲に攻撃ですからその成果も分からずじまい。やがて東京湾でダンスや歌で楽しむ人々を乗せた遊覧船近くに突然現われるゴジラ。ゴジラは何もせず海に戻りますが、確実に近づいています。そして突然東京上陸。縦横無人に東京を徘徊するゴジラ。その強大な体と足で全てのものが踏み潰され、振り回される尾で弾き飛ばされる。通った跡はただただ爆撃を受けたかのような瓦礫の山、山。電車はゴジラの足にぶつかり、くわえられ振り回される。鉄橋や鉄柱もいとも簡単に捻じ曲げられ、恐怖で逃げ惑う人々で多い尽くされる道路。でも人間様も黙っていません。5万ボルトの高圧電線攻撃・・効かずに高圧電線が口から放たれる白熱光でぐしゃり。ならば自衛隊登場。野戦砲、機関銃、攻撃機のミサイル攻撃、戦車隊攻撃・・まったく効きません、強すぎです。とうとう、為す術がなくなり途方に暮れる人々。多くの人が負傷して救護所に入りきらずに外で治療を受ける子供達の映像が流れ、女学生達の「平和への祈り」の歌が流れる。もはや、破壊神「ゴジラ」に太刀打ちできず、絶望的な雰囲気で、後は神に祈るだけか・・。そして一発逆転兵器「オキシジェン・デストロイヤー」の登場、てなわけですが、初代「ゴジラ」は怪獣映画というだけでなく、ゴジラに攻撃をかける人間に怒りを感じる古代生物学者山根博士(志村喬)や戦争で右目を失いひっそりとある研究に没頭して悩む芹沢博士(平田明彦)、船舶会社緒形所長(宝田明)と山根博士の娘美恵子(河内桃子)と芹沢博士との微妙な三角関係などヒューマンドラマとしてもよくできています。そして山根博士の最後の言葉「最後の一匹だとは思えない。水爆実験を続けて行われとしたら、あのゴジラの同類が、また世界のどこかで現われるかもしれない・・」という核を憂う言葉の現実と、これ以降、数多く作られた「ゴジラ」と、まさかハリウッドでも2回もリメイクされる世界の「ゴジラ」になったのは、人々を魅了した初代「ゴジラ」の創出と作品の質の高さでしょうね。

【予告編】

1954年作品。97分。
・出演:宝田明、河内桃子、平田明彦、志村喬、堺左千夫
・監督:本多猪四郎
・特技監督:円谷英二
・音楽:伊福部昭

スポンサーサイト

透明人間



 銀座で見えない何かを轢いてしまった車。やがで、車の下に一人の男の遺体と遺書が発見される。それは、軍部の実験によって透明人間された男の末路であった。その頃、透明人間を騙る強盗団が出没するが、残されたもう一人の透明人間南條(河津清三郎)が、その濡れ衣を晴らすために新聞記者とともにその正体を暴こうとする。

 1950年代の透明人間。戦後間近なので透明人間は軍部の実験によるもので、透明人間はその被害者として扱われて、体を無くし生きるために苦悩する。一人は耐え切れず自殺を図りますが、主人公の透明人間は道化師姿のキャバレーの看板持ちとして細々と生きています。透明人間といえば、その名の通り体が透き通って向こうが見えるイメージですから、1950年代の見せ方は、暗闇をバックに道化師の顔の化粧を徐々に落としてゆくと暗闇に同化。ま、まてよ、よく観ると化粧を落としているようで、手ぬぐいに付いた黒い塗料を顔に塗っている。当時としてはアイデアかもしれませんが・・(冴えないマジックのよう)。でも、その後、空中で自然にめくれる預金通帳や、一歩一歩残る足跡、無人で走るバイクなど、透明人間があたかもそこに存在するかのように見せる、張っている特撮も出てきます。物語は、透明人間としてひっそり生活する男。そこに世間を騒がす透明人間強盗団(決して透明になってこっそり侵入でなく、正統派の強盗ですが)、濡れ衣を晴らすために知り合った新聞記者と強盗団を壊滅させる物語ですが、悲しい運命の男の活躍は、決してスカッとはできず、孤独な盲目の少女との絡みも哀しい。そして、失った体を取り戻す唯一方法は、やっぱり・・でした。映像は1950年代のスカスカの銀座や今となってはクラシックカーそしてラビットバイクなどが出てリアルALWAYSとして観るのもいいかもしれません。

1954年作品。70分。
・出演:河津清三郎、三條美紀、高田稔、土屋嘉男、植村謙二郎、近藤圭子
・監督:小田基義
・音楽:紙恭輔
・撮影/特技指導:円谷英二




<日本の透明人間たち>
旧い映画が多く、本家に近い包帯巻き透明人間が登場する「透明人間現わる」('49)、透明人間の刑事がハエ男と戦う「透明人間と蝿男」('57)、ピンク映画のにっかつ作品「透明人間 犯せ!」('78)、最近ではVシネマで「Oh!透明人間」などがあります。
  

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。