スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏窓



 カメラマンのジェフリーズ(ジェームズ・スチュアート)は撮影中に骨折して自宅のアパートで車いす生活を余儀なくされる。一日中、暇な彼の楽しみは、窓の外に広がる向かいのアパートの人間観察であった。そんな日常風景のひとつに仲の悪い夫婦の姿があったが、ある日妻の姿が忽然と消え、大きな荷物を外に運び出し、包丁の手入れをする夫だけが窓の住人となる。ジェフリーズは、夫が妻を殺害して遺体を隠したと疑い始め、友人の刑事に相談するが相手にされない。しかし、夫の怪しい行動に日に日に疑いを強くするジェフリーズに、彼女のリザ(グレイス・ケリー)や看護師ステラが同調して、真相を突き止めようとする。

 窓を全開にして生活するアパートの住人たち。そして額に汗が噴き出して眠る男と華氏95度(摂氏35℃)の温度計が映し出される。やがて、男の顔から足へとカメラは移動して、そこにはジェフリーズの壊れた足と落書きされたギブス、粉々に壊れたカメラ、クラッシュするカーレースの写真、とカメラは移動して、最後は美女のネガ写真と雑誌の表紙。うーん、これだけで猛暑と、カメラマンらしき男がカーレース場で事故って骨折した様子がすぐにわかります。そして、有名な美女の彼女がいて、雑誌の撮影で知り合ったことも。さすが、ヒッチコック監督、オープニングだけで前置きの説明を終了させてしまうとは。

 車いすの男ジェフリーズが、暇潰しのために窓から見るアパートは、売れない作曲家、沢山の男たちから言い寄られる美女のダンサー、暑くてベランダにマットレスを置いて眠る夫婦、夫に罵声を浴びせる妻とこそこそ電話をしている夫、人生絶望のようなオールドミス、結婚したばかりの夫婦、水着で日向ぼっこしている年配の女性、と色々な人生をたっぷりと詰め込んだ住人達のアパート。そのひとつひとつの部屋の窓が、ジェフリーズを飽きさせず、楽しませるオムニバス劇場となっています。もちろんジェフリーズにも、実業家の美女の彼女と、世界を歩きまわるフリーカメラマンの、住む世界のギャップに悩む人生がここにもひとつあります。

 ある日、夫婦仲の悪い妻の姿が忽然と消え、何度もアパートの部屋から運び出される大きなトランクと何本もの包丁を手入れする夫に違和感を感じるジェフリーズ。まさか妻を殺害して運び出しているのでは、なんて考えも暇だから頭に浮かんでしまう。さらにアパートの中庭の花壇を馴らしている夫の姿を見て、妄想が疑惑に、そして確信へと変わってゆくジェフリーズ。すぐさま友人の刑事に相談するが、ただ呆れられるだけで、まともな捜査もしてくれない。そりゃ殺害現場を見た訳ではなく、推理ですかからね。でも普通ならありえないよな、と思うことでも、彼女のリザや介護をしてくれる看護師ステラが同調して、あれよあれよという間に、動けないジェフリーズを横目に彼女たちが暴走(ほとんど楽しんでいるでしょう彼女たちは)。男が出かけた隙に、花壇を掘り起こしたり、証拠を探そうとして部屋に侵入したり。そして案の定、男の姿がアパートの外に見えて戻ってくる。分かってはいるけれど、ドキドキ、ヒヤヒヤの展開です。このスリリングな素人探偵たちの活躍(?)の間にも、アパートの住人たちの人生劇場が続けられてゆく様は、上手いな。そして、ついつい、その劇場をジェフリーズと一緒に見られずには居られなくなります(すっかり観客)。こっちは、ジェフリーズと一緒に、日に当たらず、向こうからは見られないように隠れて見ているので安心。そんな安全な場所にいると思っていたら、ギロリとこちらに向けられる視線。ギブスをしているジェフリーズは動けない。さあ、サスペンスの第二幕です。

【予告編】

1955年公開アメリカ作品
・監督:アルフレッド・ヒッチコック
・出演:ジェームズ・スチュアート、グレース・ケリー、レイモンド・バー、セルマ・リッター、ウェンデル・コーリー
・音楽:フラッツ・ワックスマン

スポンサーサイト

宇宙戦争



 ある日世界各地に隕石が落下し、その場所からエイ型の宇宙船が現れ、光線で建物を破壊し、人々を攻撃し始める。そして、人類は様々な手段で攻撃するが、なすすべも無く追い込まれてゆく。

 宇宙人の襲来。最近ではよくある設定でCG満載の迫力のある映画が多いですが、1950年代の作品で既にこの完成度は素晴らしい。自由アームを持つエイ型宇宙船は曲線美を持った素晴らしい造形で、三眼(三原色)を持ち人を追い回すアームシーンなど、以降の「アビス」などにアイデアが継承されているでしょう。とにかく破壊光線を出しまくり容赦無く、建物や人を破壊して人間の無力さを知らしめ、人間はなすすべも無く教会に集まり最後の時をただ待つ。この絶望感が、ヒーローなど存在しない現実感がある恐怖を生み出しています。一応、主人公は化学者で、宇宙人を倒すため研究をしてヒントを見つけこれから逆襲する展開になるかと思いきや、何とこの映画では大事な研究サンプルを暴徒に奪われ自分ももみくちゃくちゃにされて、仕方なくヒロインを探しまくるというヒーロー否定映画。当時としては斬新だったと思います。とにもかくにも以降の宇宙人襲来映画の先駆者映画。ちなみに原作はH・G・ウェルズで、地球を襲来する三本脚のトライボットや宇宙人の天敵のアイデアなど1890年代に書かれた作品とは、ただただびっくりです。

1953年アメリカ作品。
・出演:ジーン・バリー、アン・ロビンソン、レス・トレメイン、ボブ・コーンスウェイト、ルイス・マーティン
・監督:バイロン・ハスキン
・音楽:リース・スティーヴンス
・原作:「宇宙戦争 The War of The Worlds」 H・G・ウェルズ 1898年発表

【予告編】 【この作品をレンタルする】




<H・G・ウェルズ>
「SFの父」と呼ばれたイギリスの作家。映画化は有名作品ばかりで、「宇宙戦争」('53、'05)、「モロー博士の島」原作の「獣人島」('33)「ドクターモローの島」('78)・「D.N.A」('96)、「月世界旅行」('05)、「透明人間」('33)、「神々の糧」原作の「巨大生物の島」('77)、「タイムマシン」('60、'02)など。

     

プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。