FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予兆 散歩する侵略者



 悦子(夏帆)は、同僚のみゆきから「家に幽霊がいる」から泊めてと頼まれ、翌日彼女の家に行くとそこには彼女の父親しかいなかった。悦子はみゆきを夫辰雄(染谷将太)の勤める病院に連れていくが、みゆきの症状は「家族」の概念が失われているためと診断される。そして、その帰りに病院で夫辰雄から外科医真壁(東出昌大)を紹介されるが、悦子は真壁に違和感と嫌悪感を感じる。やがて夫辰雄は日々精神的に不安定なり、それがいつも真壁と病院内外で行動を共にしていることが原因ではないかと疑い始める。




 「散歩する侵略者」のアナザー・ストーリーで、テレビ5話分を140分にまとめた劇場版です。
「散歩する侵略者」では、早々と種が明かされ、何が起こって進行しているのが分かりますが、「予兆」は、夏帆演じる「悦子」が、ある日、夫「辰雄」の雰囲気の違和感と同僚「みゆき」の「家に幽霊がいる」の助けを求める言葉、そして夫の同僚医師「真壁」に初めて会った時に嫌悪を感じるところから始まります。やがて、辰雄が右手に痛みを感じ時折物が持てなくなっていることと、辰雄とあの真壁がいつも一緒にいて、病院の外にも出かけ行動を共にしていることを知る。そして、みゆきが幽霊と言っていたものが、みゆきの実の父であることを知り、得体の知れない不安が増していく悦子が描かれています。さらに、悦子自身にも見ている物体が揺らぐ現象が現れ、不安が増長されていきます。このなにか分からない、まさしくこれからなにかが起こる「予兆」の不安感が、見ている側に伝わり、心理的に圧迫されてくる黒沢監督ならではの作りとなっています。この不安と圧迫感、そして恐怖に一役買っているのが、医師「真壁」を演じる東出昌大さんですね。目を見開いて瞬きせず、高身長から首を少し前に出して上から人々を覗き込む姿が、まず怖い。そして人の感情をまったく感じない淡々として口調で歩み寄ってきて、人さし指を立て、人の額にその指を当てようとする。作品内でもあった人間でない「異物」そのもので、怖いですよ。「寄生獣」(2014年/2015年)でも「異物」を演じ、感情のない笑み姿が記憶にあり、この手の演技は流石です。そして、真壁と相反するかのような「辰雄」に染谷将太さん。常に何かに脅えているが、突然攻撃的になり、そして後悔したりと、徐々に神経が衰弱していく姿が見ていて辛くなる一方、人間の弱さが表現され、谷底に落ちていくような演技です。

 ものがたりは、みゆきの症状が、彼女から「家族」の概念が失われているらしく、世界中で同じ症例が報告されていることで事態に広がりを見せ、辰雄と真壁が町を出歩き行っている行為が、その異常症状を引き起こしていることが明らかになります。このシーンは「異物」に、人間の醜い感情と行動を曝け出し、知られてしまう嫌なシーンでもあります。そして、この異常事態を収拾するために、自称「厚生省」の役人まがいの屈強の男たちが登場し、彼らを制圧、いや話し合いに持ち込もうとしますが、彼らには「平和的解決」や「共存共栄」などの概念がありませんから・・、もう絶望しかありません。

 そして、主人公、悦子は厚生省の作戦など、どうでもよく、ただ衰弱していく辰雄を救いたい。そのためには辰雄の心を支配している真壁からの解放を第一に考え、ひとり行動をおこします。圧倒的な力の彼らに対抗すべく僅かの希望として、悦子は驚きの能力を発揮します(この能力は最後まで解明されずにモヤモヤが残りますが・・・)。悦子は辰雄を救えるのか、彼らの目的を阻止できるのか、クライマックスへ突入です。
 
アナザーストーリーの方が、本編より面白いです。
そして、さあ、彼らの目的「地球侵略」の始まりです。



2017年。140分。
・監督:黒沢清
・出演:夏帆、染谷将太、東出昌大、中村映里子、岸井ゆきの、大杉蓮
・脚本:高橋洋、黒沢清
・音楽:林祐介
・原作:「散歩する侵略者」前川知大



<ホラーサスペンス黒沢清監督>
 心理的に怖いホラーサスペンス作品を多く世に送り出しています。最近では「クリーピー偽りの隣人」(2016年)で行方不明者が多い地区の怪しい隣人と真相を調査する犯罪心理学者を描いています。個人的には、役所広司さんとタッグを組んだ作品たちが好みです。猟奇殺人犯を追う刑事(役所広司)が容疑者と関り逆に追い詰められてゆく「CURE」(1997年)、籠城事件で犯人と人質を死なせてしまった刑事(役所広司)が休暇地でカリスマと呼ばれる奇妙な木と出会う「カリスマ」(2000年)、医療機器メーカの開発者(役所広司)が狂暴なドッベルゲンガーに支配される「ドッペルゲンガー」(2003年)、連続殺人事件を追う刑事(役所広司)が現場に自分の遺留品が残されていることを知り自分が犯人ではないかと疑う「叫」(2007年)などなど異質で面白い作品が多いです。

スポンサーサイト

散歩する侵略者



 イラストレータの鳴海(長澤まさみ)の行方不明だった夫「真治」(松田龍平)が記憶を失い帰ってくる。夫は記憶喪失の上に初めて人間社会に接するかのような行動を見せ、鳴海にガイドになってほしいと不思議なことを言う。翌日から、鳴海の心配をよそに夫は町に出歩くようになり、鳴海に「地球を侵略しにきた。人間の概念を集めている」と告げる。



 蝉が鳴き、日が傾きかけ日差しが落ちた夏の夕方、金魚すくいのビニール袋を片手に持ち家路につく女子高生。彼女が自宅に戻りしばらくして、助けを求め玄関から老婆が飛び出す。しかし、何ものかに家の中へと引きずりこまれ、ドアは無常にも閉じられる。家の中は荒らされ、血だまりの中に転がる何体もの死体と金魚、そして、その脇に佇む、半身に血を浴びた少女。彼女は血のついた自分の掌をゆっくり回しながら不思議そうな表情で眺め、やがてその手を口に持ってゆく。

 恐ろしいなにかが始まる予兆・・、いや始まりました。

 別の場所では、行方不明だった夫を迎えに病院に行く妻。そこには記憶を失い、まるで別人のように訳のわからないことを口にする夫の姿を目にする。夫は、妻に俺のガイドになってくれないかと、やはり訳のわからない言葉を発する。そして、あの殺人事件現場では、少しやさぐれたジャーナリストが取材を行っていると、不思議な少年が近付いてきて、俺のガイドになって欲しいと告げる。怪訝そうなジャーナリストは、目的はなにかと少年に尋ねると、「目的は地球の侵略」と応え、取材車に乗り込む。

 なかなか、何か得体のしれない不思議、いや恐怖と気味悪さを感じさせるオープニングに、これから始まる黒沢清ワールドに期待が高まります。

 その不思議な人たちは、街を出歩き、めぼしい人間に出会うと、欲しいキーワードの質問をして「もらうよ」と呟き、額にぽつりと指を当てる。相手の人間は涙をポロリと流し、その場に崩れ落ちる。彼らは、人間から概念を奪い取る能力を持ち、たくさんの概念を収集する人々、いや、「侵略者」。彼らの妙な明るさの中に、冷たい何かを感じることが、とにかく怖いです。そんな彼らを演じるのは、記憶喪失の男「真治」に松田龍平さん。「舟を編む」の馬締、「探偵はBARにいる」の高田など、ぬぼーっとした役がよく似合います。ジャーナリストと行動を共にする少年「天野」に高杉真宙さん。端正な顔で大きな瞳で見つめ、少し高圧的な態度に心が見透かされるようで怖い。殺人事件の生き残りの少女「立花あきら」に恒松祐里さん。この娘が一番怖い。成人男性を容赦なく躊躇なくなぎ倒し、無表情で意図も簡単に撃ち殺してゆく。この怖さを秘めた人物像を描くのが黒沢ワールドの一つの特徴でもあります。最近では、「クリーピー」(2016年)の周囲に行方不明者がいる怪しい隣人西野(香川照之)、古いところでは「CURE」(1997年)の猟奇殺人事件に関わる男(萩原聖人)などなど。今作品も、その不気味さと不快感の人物描写は健在です。

 一方、彼らの人間社会のガイドなる人々は、「真治」のガイドの妻「鳴海」に長澤まさみさん。夫の不貞を知っていて、夫婦仲は破綻しているため、夫の記憶喪失にも懐疑的で常に怒りとあきれモード。「天野」のガイドのジャーナリスト「桜井」に長谷川博巳さん。やさぐれて、いやいや始めたバラバラ殺人事件の取材で怪しい少年と出会ったことから、とんでもないネタを掴んだかもと懐疑的ながら野心の抱く男。このガイドたちがいて、人間社会の秩序となっているからこそ、その道理から外れる侵略者の怖さが引き立つ絶妙な設定です。

 さらに、彼らを追う謎の組織が登場し、彼らの確保と抹殺を企てることから、ただの概念収集旅だけでは終わらず、その攻防に緊張感が増します。組織はちなみに自称「厚生省」なのでお役所=公務員さんたちですかね。その割にはサブマシンガンなど隠し持っていますけれど。
 この、侵略者-ガイド VS 謎の組織、の駆け引きに加え、概念を奪い取られる人々が混ざり込む。概念を奪い取られて異常をきたす人間がいる一方、固執していた概念を奪われたことにより、自由になった人々(ひきこもりからの解放、学歴コンプからの解放、義務からの解放など)も描かれ、メッセージ性も帯びているとは・・よく練られたストーリーです。そして侵略者とガイドの一方的な侵略と諦め従う人々の関係から、行動を共にし、人間の概念を奪いながら様々な人物を出会うことで、侵略者にわずかばかりの変化が現れ、ガイドにも侵略者へのわずかばかりの理解が進むことが、ものがたりのテーマにもなっているのかなと感じさせます。

 そして、いよいよ侵略の始まりです。



2017年公開。129分
・監督:黒沢清
・出演:長澤まさみ、松田龍平、長谷川博巳、高杉真宙、恒松祐里、小泉今日子、満島真之介、前田敦子、笹野高史、東出昌大
・音楽:林祐介



<侵略者たち>
 いままでも様々侵略者が知らないうちに日常社会に入り込んできました。日本映画では、人間の頭部を乗っ取り人間排除を企てる「寄生獣」(2014年)。海外映画では、人間を洗脳して支配しようとする「ゼイリブ」(1988年)、そして知り合いが次々と別人のようになってゆく「SF/ボディースナッチャー」(1978年)、この作品は「ボディースナッチャー/恐怖の街」(1956年)、「インベージョン」(2007年)と3作品作られています。他にも、宇宙観測所で金属音を探知したことから何者かに狙われる「アバイバル」(1996年)などなど、いつのまにか周りが知らない何かに入れ変わっていますよ。





里見八犬伝

 

 室町時代、里見家の城が、かつて滅ぼしたはずの玉梓(夏木マリ)と蟇田素藤(目黒祐樹)が率いる軍勢に攻め落とされ、一族郎党が皆殺しにあう。ただひとり落ち延びた静姫(薬師丸ひろ子)は、近くの村に逃げ込むが、村の若者親兵衛に(真田広之)に捕まりそうになる。そこへ二人の山伏が現れ、姫を新兵衛の手から助ける。彼らは里見家ゆかりの人物で、姫を守り玉梓親子を倒す使命を帯びた八犬士であった。



 江戸時代の読本作者滝沢馬琴が執筆した「南総里見八犬伝」をアレンジした作品で、角川アイドル薬師丸ひろ子さんとJAC軍団(千葉真一さん、真田広之さん、志保美悦子さん)出演の80年代大型時代劇エンターテイメント映画です(当時の邦画興行収入1位)。

 かつて悪行の限りを尽くした玉梓と蟇田素藤親子が、里見家に滅ぼされた怨念のもと復活し、里見家根絶やしを目論見、城攻めをして里見家の人々の首を悉くはねます。そして、唯一落ち延びた最後の血筋静姫を最後の獲物として狙います。この玉梓軍団は親子だけではなく、人間や死体を改造して特殊な能力を持たせ思うままに操る「幻人」、蛇の化身の「妖之介」、妖術使いの老婆「舟虫」と、二人の赤備えの鎧武者を筆頭とする黒鎧の軍団。さらに玉梓が崇拝する御霊様が祭られた岩で作られた地下の城。ここには処女の血で満たされた浴槽があり、玉梓が傷付き崩れてゆくのを防ぐ効力があります。まさに闇の軍団ここにあり。そして怨霊玉梓を演じるのは夏木マリさん、今はもちろん風格がありますが、当時30代の夏木さんの貫禄と魔女のような風貌は流石ですね。ナイスキャスティング。

 対するは、静姫を奉じる「仁義礼智忠信考悌」の玉を持った里見家八犬士。100年前に里見義実が隣国に攻められ落城間近に迫ったときに、義実が飼い犬の「八房」へ与えた「敵将の首を取ってきたら姫をつかわす」の戯言に、見事八房が応え、姫とともに山の中に暮らすも、家臣たちが姫を取り戻そうとした際に誤って姫を撃ち抜いてしまいます。そのとき、姫の体内から八つの玉が四方八方彼方に飛翔します。そして100年ののち、その玉を持った八犬士が使命を感じ取り、静姫のもとに集まり、姫を守り里見の城を取り戻そうとする物語となっています。馬琴の八犬伝では、一人一人のエピソードが丁寧に描かれ、敵対したり、すれ違ったりしていた八犬士が仲間となってゆく様子も小説の醍醐味となっています。しかし映画は2時間強。全員のエピソードはムリなので無理やり、そしてあっさりと集合させましたね。ちなみに八犬士は、犬塚信乃(「孝」の玉)、犬山道節(「忠」の玉)、犬村大角(「礼」の玉)、犬坂毛野(「智」の玉)、犬養現八(「信」の玉)、犬田小文吾(「悌」の玉)、犬川荘助(「義」の玉)、犬江新兵衛(「仁」の玉)の面々。彼らは玉梓親子と対峙し、今度は親子の城に攻め込みます。八人+姫で・・少ないだろ、馬琴原作では大軍だったはず・・。それでも、一人一人に見せ場を与え(敵将にも)、アトラクションのような城の中を突き進み玉梓親子へと迫ります。
 正義のキャスティングは、静姫を当時飛ぶ鳥を落とす人気の薬師丸ひろ子さん。丸顔黒肌で姫には見えず、百姓の恰好のほうが似合っていますが、そこが可愛いです。JACの面々はいつも通りの演技とアクション。犬塚信乃役は京本政樹さん。中世的な美青年で、この映画から人気が出たはずです。
 今あらためて見ると、80年代の大味感がたっぷりの映画ですが、それでも当時を懐かしく思い出す作品のひとつです。



・1983年公開、136分
・出演:薬師丸ひろ子、真田広之、千葉真一、夏木マリ、目黒祐樹、志保美悦子、京本政樹、萩原流行
・監督:深作欣二
・音楽:NOBODY
・主題歌:「里見八犬伝」「八犬士のテーマ(White Light)」 ジョン・オバニオン
・原作:「新・里見八犬伝」 鎌田敏夫



<滝沢馬琴>
 八犬伝の映画はというと、本作品以外は1950年代に作られた作品しかないみたいです。やっぱり印象深いのは、1970年代にNHKで放送された人形劇「新八犬伝」ですかね。人形作家辻村ジュザブロ-の芸術としか言えない人形たちに坂本九の軽快な語り部の時代冒険劇は最高の作品です。残念ながら全464話のうち4話しか現存していないみたいです。そして原作者「滝沢馬琴」も映画に顔を出します。最近では「駆込み女と駆出し男」(2015年)で主人公のじょご(戸田恵理香)の知り合いとして登場(山崎努さん)。その他、「北斎漫画」(1981年)で北斎の友人として(西田敏行さん)、そして「写楽」(1995年)でも登場しています。

    



 


信州上田城

 長野県上田市にある上田城に行ってきました。一昨年の大河ドラマ「真田丸」でも有名になった真田氏の本拠地で、二度にわたり徳川軍を防いだ有名な城です。決して大きな城ではありませんが、かつて千曲川支流があった川岸の崖上にあり、広く深い掘りと本丸を囲む土塁、門前の両脇に構える櫓が、大軍を阻んだ様子が目に浮かびます。

正門

 そして、門をくぐると真田氏家紋の六文銭の赤大兜が出迎えてくれ、さらにその先には真田神社があります。

赤兜

鳥居

 神社で御参りして、ふと御守りや絵馬が並べられた御札所を見ると、紫地に赤備えの鎧騎馬武者の一冊の本のようなものに目が惹かれました。表紙には御朱印帳と書かれ、印章と神社名、参拝日が墨書きされた御朱印をもらうための帳面だそうです(そこそこ長く生きていますが、知りませんでした)。そのカッコよさに惹かれ購入。いろいろな神社をまわる楽しみが一つ増えました。

御朱印帳

御朱印

 上田城に関係する映画はというと、細田守監督のアニメ映画「サマーウォーズ」の陣内家の門が上田城の門をモチーフにしているそうです。確かに似ている。


明日に向かって撃て(Butch Cassidy and the Sundance Kid)



 西部開拓時代末期、銀行強盗のブッチ(ポール・ニューマン)とサンダンス(ロバート・レッドフォード)は、現金輸送している列車を何度も襲い大金を手に入れるが、業を煮やした鉄道会社は凄腕ピンカートン探偵社に2人の抹殺を依頼する。執拗なまでに追われる二人はサンダンスの恋人エッタ(キャサリン・ロス)を連れて、ボリビアに逃げ込む。


 1890年代アメリカ実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとザ・サンダンス・キッドの物語です。この二人は、強盗団「ブッチ・キャシディとワイルドパンチ」を結成して、銀行強盗や列車強盗を繰り返していた記録と写真が残っている、なかなかの有名人です。映画では、悪党に見えないスマートでプレイボーイな強盗団のリーダ「ブッチ」をポール・ニューマン、ブッチの相棒で寡黙な早打ちガンマン「サンダンス」をロバート・レッドフォード、サンダンスの恋人で教師の「エッタ」をキャサリン・ロスが演じています。彼らは決して極悪非道ではなく、銀行強盗も列車強盗も楽しく襲って、あるところからお金を奪って楽しく使う。そのため、襲われる機関士も命が安全だとわかっているため、「ブッチ・キャシディだ。一度見たいと思っていたよ」と半分、楽しんでいる様子。でも、鉄道会社もいつも襲われているわけにはいかないので、社長の命令で輸送金を守る社員ウッド・コックが、輸送車の入り口を強固にしたり、頑丈な金庫を用意したりと抵抗しますが、ブッチたちは、ダイナマイトで車両もろとも金庫を爆破。もちろん、お金が空をひらひらと舞ってしまいますが、にやにやと空を見上げるブッチたち。仕事の合間には、軽快な「雨にぬれても」の歌をバッグに、ブッチがサンダンスの恋人エッタを自転車のハンドル部分に乗せて、野原や牧場を走り抜け、さらにブッチが曲芸まがいの片足乗りや腹乗りなどをエッタに見せたり、牛に追われるコメディタッチな、ほのぼのシーンもあり、人生を謳歌している悪党たちがここにいます。ここまでが、第一幕の愉快な強盗団ですかね。見ていて楽しくなるシーンが多いです。



 ある日、いつものごとく列車強盗を行っていると、貨物車を一台だけ牽いた機関車が近くに、すーっと停車する。突然、高らかに汽笛が鳴ると、貨物車の扉が開け放たれ、中から馬に跨った6人の男が飛び出してくる。危険を察知したブッチたちは慌てて逃げ出すが、逃げ遅れた仲間がためらいもなく射殺され、自分たちがターゲットだと悟る。逃げることが得意なブッチとサンダンスは、二手に分かれたり、足跡が残らないように岩の上や川の浅瀬を通ったりする。そして、二人が逃げ果せたかと思って遠くを見ると、自分たちの姿を見せ示すように男たちがいる。そんな追跡が、昼夜問わず続き、遥か遠くに見えていた姿が、徐々に近づいてくる。あれほど人生を楽しんでいた二人から恐怖が伝わってくる追跡シーンです。そして、近づく追手の中に白いカンカン帽子の男=有名なマンハンターがいることがわかり、更に恐怖する二人。やがて、後ろは渓谷の崖上に追い詰められる二人。そして、二人は・・・。と、ここが第二幕の恐怖の追跡劇ですかね。一枚も二枚も上手の奴らか追われる怖さが伝わってきます。

 そして第三幕はアメリカ脱出で、楽しさの中にもどこか哀愁が漂ってきます。
 二人は、その後、エッタを連れて鉱山に恵まれた裕福な南米ボリビアに入国し、ボリビアの駅に着くと、そこは寂れた貧しい国で言葉も通じない。二人はスペイン語をエッタから学びながら、ボリビアでも銀行強盗を始めます。もちろんボリビアの警察隊が追ってきますが、百戦錬磨の彼らに手に掛かれば、警察隊も子供のようにあしらってしまいます。しかし、強盗の度に警察隊の人数は増えていき、二人の顔が描かれた指名手配書が街じゅうに貼りだされます。さすがにエッタは、足を洗ってまともな仕事に就くことを進言しますが、二人は聞き入れず、やがてエッタはアメリカへと戻ってしまいます。そして、強盗の世界に残った二人は、普段から警察隊に追われる身になり、街の開けた場所で食事をしていると、いきなり銃撃されます。慌てて建物の陰に隠れる二人ですが、周囲を囲む警察隊に軍隊までも合流して二人の周囲が何重にも固められます。そして、有名なあのシーンへ。



 この映画、アカデミー賞4部門受賞作とあって、とにかく面白い。この後、ジョージ・ロイ・ヒル監督、ポール・ニューマン&ロバート・レッドフォード主演で詐欺師たちを描いた「スティング」(The Sting)が作られていますが、この作品もやはり面白い(アカデミー省7部門受賞)。久々に見たくなりました。



【予告編】 【主題歌:雨にぬれても】

1970年公開米国映画。110分。
・出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス
・監督:ジョージ・ロイ・ヒル
・音楽:バード・バカラック
・主題歌:「雨にぬれても」B・J・トーマス



<ジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン&ロバート・レッドフォード>
 ジョージ・ロイ・ヒル監督と二人のイケメン俳優作品は、「明日に向かって撃て」、「スティング」以外にも、ロバート・レッドフォード主演の「華麗なるヒコーキ野郎」(1975年)、ポール・ニューマン主演のアイスホッケー映画「スラップショット」(1977年)があります。ジョージ・ロイ・ヒル監督は、ダイアン・レイン主演の、ベネチアの嘆きの橋の下でキスをすると永遠の愛を手に入れられるという、パリの少年とアメリカ少女のロマンチックな映画「リトル・ロマンス」(1979年)なんて、前作までの男くささとはは無縁な作品も作っていますね。
【スティング:予告編】 【華麗なるヒコーキ野郎:予告編】
プロフィール

jurrin

Author:jurrin
映画大好き人間でやんす。日本映画好きでやんす。新旧問わず好きでやんす。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
30位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。